『旋光の輪舞Rev.X』操作や技などを詳しくムービーで解説(字幕) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『旋光の輪舞Rev.X』操作や技などを詳しくムービーで解説(字幕)

ニュース 最新ニュース

2006年7月に発売された旋光の輪舞Rev.X。このゲームで操作する8人のキャラクターの技や効果、タイプ別の効力、B.O.S.Sモード時の操作などが非常に細かくムービーで紹介されています。字幕解説です。


ムービーは、Part1Part2に分かれており、ファイル形式はDivX。画質も鮮明で、音楽もXbox360版からの新曲をメインに使われています。ファイナルB.O.S.S時の威力や弾道の変化、通常時の移動速度や弾・レーザーの耐性といったマニアックな比較までされています。本当に素人さんが編集制作したムービーとは思えません・・。

筆者もこのゲームは現在でもプレイしていますが、なかなか飽きない内容です。一時期あったLive対戦のバグなどもアップデートで解消されており、今でも対戦は至る所で行われていますので、ゲーセン版から撤去されてしまった、あるいはシューティングでも違ったものを楽しみたい、という方にはお奨めのタイトルです。

固定ファンを付け、ロングランを続けているこのゲーム。このムービーを見て、戦略と戦術に一層の磨きをかけてみてはどうでしょうか?
グレフ公式サイト
[i]旋光の輪舞Rev.X[/i]過去の記事一覧

(C)2002-2006 G.rev Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
《Taka》

ニュース アクセスランキング

  1. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  2. 中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ

    中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ

  3. ぐでんぐでんな乱闘ゲーム『Gang Beasts』がSteam早期アクセスにて配信開始

    ぐでんぐでんな乱闘ゲーム『Gang Beasts』がSteam早期アクセスにて配信開始

  4. DMM、低価格4Kディスプレイを発表―50インチが約6万円

  5. タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

  6. ノーティードッグPSデビュー20周年!PS Storeでの記念セールが国内発表

  7. Google Japan年間ベストゲームは『ポケモンGO』!ベストアプリは『AbemaTV』―『シャドウバース』なども

  8. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  9. 壮大スペースシム『Elite: Dangerous』PS4版が海外発表!PS4 Pro対応も

  10. 噂:『Left 4 Dead 3』は2017年発売か―海外メディア報じる

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top