築城箱庭ストラテジー、『Stronghold 2』のデモが2年越しで公開に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

築城箱庭ストラテジー、『Stronghold 2』のデモが2年越しで公開に

ニュース 最新ニュース



2005年春の発売から実に2年近くが経っていますが、築城戦略ゲーム[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Stronghold&kcatid=]Stronghold[/url]の続編が、突如新たなボーナスマップとともにデモ版が一般に公開されました。

ファンタジーが舞台のRTSとなった改良作[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11391&kword=stronghold]Stronghold Legends[/url]が去年の秋に発売されていてこちらのデモはとっくに公開されているのですが、何故か今になってナンバリングタイトルのStronghold 2のデモが[url=http://www.bluesnews.com/cgi-bin/board.pl?action=viewthread&threadid=74241]各所で[/url]公開されています。



こちらの方は一般的なRTSというよりは欧州系PCゲームに多い典型的な箱庭運営シミュレーションの血を引いており、ちまちまとしたやけにリアルなユニット達が小ぜわしく動き回るのを眺めながら、理想の城を形作っていくのが妙に楽しいゲームです。

実にリアルな中世の城をめぐる見事なミクロコスモスとクローズアップされた攻城戦に絞った魅力的なテーマ、そして攻略優先で作ってもきちんとそれっぽいお城になる完成度の高いシステムで、初代は日本でもカルト的な話題になりました。この時代に多かった独特の高密度なドット絵もこのゲームの大きな魅力の一つだったのですが、続編はなかなか無難にフル3D化されております。

[i]Stronghold[/i] 過去の記事一覧

©2004 Firefly Studios Ltd. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

    なんだこれは…『オーバーウォッチ』西遊記イベントのスキンが出現

  2. 『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

    『ファイナルファンタジーXV』米国での発売初月セールスがシリーズ最高記録

  3. 『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

    『ウィッチャー』『HITMAN』元開発者ら、新スタジオ「Strange New Things」を設立

  4. マイクラ風の『ARK』新作『PixArk』が海外発表―ポケモンGO風の新作ARゲームも

  5. 牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語実装間近か―ニンテンドースイッチ版にも言及

  6. 『Portal』『L4D』デザイナーKim Swift氏がEAに移籍―Motiveで活動へ

  7. 噂: 「ニンテンドースイッチ」のVCがゲームキューブタイトルに対応

  8. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

  9. 18禁アダルトゲームもSteamに登場か?海外ユーザー質問にValve社CEOが返答

  10. PS4版『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』体験版が期間限定配信!製品版セールも

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top