築城箱庭ストラテジー、『Stronghold 2』のデモが2年越しで公開に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

築城箱庭ストラテジー、『Stronghold 2』のデモが2年越しで公開に

ニュース 最新ニュース



2005年春の発売から実に2年近くが経っていますが、築城戦略ゲーム[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Stronghold&kcatid=]Stronghold[/url]の続編が、突如新たなボーナスマップとともにデモ版が一般に公開されました。

ファンタジーが舞台のRTSとなった改良作[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11391&kword=stronghold]Stronghold Legends[/url]が去年の秋に発売されていてこちらのデモはとっくに公開されているのですが、何故か今になってナンバリングタイトルのStronghold 2のデモが[url=http://www.bluesnews.com/cgi-bin/board.pl?action=viewthread&threadid=74241]各所で[/url]公開されています。



こちらの方は一般的なRTSというよりは欧州系PCゲームに多い典型的な箱庭運営シミュレーションの血を引いており、ちまちまとしたやけにリアルなユニット達が小ぜわしく動き回るのを眺めながら、理想の城を形作っていくのが妙に楽しいゲームです。

実にリアルな中世の城をめぐる見事なミクロコスモスとクローズアップされた攻城戦に絞った魅力的なテーマ、そして攻略優先で作ってもきちんとそれっぽいお城になる完成度の高いシステムで、初代は日本でもカルト的な話題になりました。この時代に多かった独特の高密度なドット絵もこのゲームの大きな魅力の一つだったのですが、続編はなかなか無難にフル3D化されております。

[i]Stronghold[/i] 過去の記事一覧

©2004 Firefly Studios Ltd. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ファイプロ』復活か!? スパイク・チュンソフトが「謎のサイト」をオープン―GDCでの発表を示唆

    『ファイプロ』復活か!? スパイク・チュンソフトが「謎のサイト」をオープン―GDCでの発表を示唆

  2. 『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

    『オーバーウォッチ』新ヒーローに更なる言及―海外情報【UPDATE】

  3. 今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

    今さら聞けない『Minecraft』のはじめかた ― 登録から購入、起動までの導入編

  4. 『Horizon Zero Dawn』PS4とPS4 Proの比較映像―より立体的に描写されている!

  5. 『オーバーウォッチ』24人目のヒーローは11歳の天才少女?公式ブログにて新情報【UPDATE】

  6. PC無料版『ARK:Survival Evolved Online』が日本含むアジア地域で配信決定

  7. 任天堂、『マリオカート』を真似たカートレンタル会社を提訴

  8. オープンワールド狩猟ゲーム『theHunter: Call of the Wild』発表!

  9. 豪州にてSteam販売価格に消費税導入、日本でも3月から開始か

  10. 『レインボーシックス シージ』不具合修正のパッチ2.1.1が配信決定【UPDATE】

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top