築城箱庭ストラテジー、『Stronghold 2』のデモが2年越しで公開に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

築城箱庭ストラテジー、『Stronghold 2』のデモが2年越しで公開に

ニュース 最新ニュース



2005年春の発売から実に2年近くが経っていますが、築城戦略ゲーム[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Stronghold&kcatid=]Stronghold[/url]の続編が、突如新たなボーナスマップとともにデモ版が一般に公開されました。

ファンタジーが舞台のRTSとなった改良作[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11391&kword=stronghold]Stronghold Legends[/url]が去年の秋に発売されていてこちらのデモはとっくに公開されているのですが、何故か今になってナンバリングタイトルのStronghold 2のデモが[url=http://www.bluesnews.com/cgi-bin/board.pl?action=viewthread&threadid=74241]各所で[/url]公開されています。



こちらの方は一般的なRTSというよりは欧州系PCゲームに多い典型的な箱庭運営シミュレーションの血を引いており、ちまちまとしたやけにリアルなユニット達が小ぜわしく動き回るのを眺めながら、理想の城を形作っていくのが妙に楽しいゲームです。

実にリアルな中世の城をめぐる見事なミクロコスモスとクローズアップされた攻城戦に絞った魅力的なテーマ、そして攻略優先で作ってもきちんとそれっぽいお城になる完成度の高いシステムで、初代は日本でもカルト的な話題になりました。この時代に多かった独特の高密度なドット絵もこのゲームの大きな魅力の一つだったのですが、続編はなかなか無難にフル3D化されております。

[i]Stronghold[/i] 過去の記事一覧

©2004 Firefly Studios Ltd. All rights reserved.
《Miu》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

    『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

  2. モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

    モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

  3. 『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

    『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

  4. 中二ラクガキ『ドローン・トゥ・デス』4月国内配信!PS Plusフリープレイでも提供

  5. EA DICE新作『Star Wars Battlefront II』詳細は4月のイベントにて公開

  6. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  7. 『Destiny 2』日本語吹替え映像!前作大型アップデート「勝利の時代」も

  8. MMO『The Secret World』がF2PアクションRPGとして再始動

  9. 海外サイトが選ぶ『名作アクションRPGシリーズ』TOP10

  10. Co-op狩猟ゲーム『Hunting Simulator』海外発表―PS4/XB1/PCで一狩り!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top