Xbox Liveアーケードの規定容量が50MBから250MBに拡張 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox Liveアーケードの規定容量が50MBから250MBに拡張

ニュース 最新ニュース

XboxLiveArcadeタイトルですが、今までは50MBまでという規定がありました。これはメモリーユニットが最大64MBまでだったことが理由のひとつですが、[b]256MBメモリーユニットが発売されるにあたって、250MBまで拡張[/b]されることになりました。


現在のアーケードタイトルを見ると、50MBという小さい容量で、開発側はこれに併せるようにレトロゲームを中心としたものがほとんどでした。しかし、このような容量ではアーケードと呼ぶに相応しい内容のゲームは、今後も出てこないのではないか、と思う方がほとんどだったかも知れません。

マイクロソフトは、現行発売されている64MBメモリーユニットに収まる容量でゲームを制作するよう規定していたようです。今回のこの大幅な拡張は、[b]256MBメモリーユニットの発売に併せての変更[/b]とのこと。また、マイクロソフト側の許可が下りれば、HDD格納専用の[b]450MBまでのアーケードゲームも制作可能[/b]になります。

2月中に、コナミが悪魔城ドラキュラ?月下の夜想曲?をXbox Live Arcadeタイトルとして配信予定していますが、ご存じのようにこのゲームは[b]CD-ROMメディア[/b]でした。どう考えても50MBには収録不可能ですし、分割配信されるとしても全部揃ってからまとめて買う・・、という方もいらっしゃるでしょう。このタイトルに関しては、現在配信方法は未定のようですが、[b]この容量拡張が適用されれば、少々ダウンロードに時間が掛かっても、まとめて一作のゲームとしてすぐにプレイする[/b]ことが出来ます。

規定緩和でどういうゲームが今後出てくるのか、非常に楽しみでもあります。願わくば日本未配信の[b]ルミネスLIVE![/b]を早急にお願いしたいです・・。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2007/01/19/xbla-file-size-limit-raised-to-250mb/]joystiq[/url])[/size]

関連記事:XBLA版『悪魔城ドラキュラX?月下の夜想曲?』は2月10日に配信との噂
関連記事: XboxLiveArcade『ルミネスLive』プレイムービー

[i]XboxLiveArcade[/i]過去の記事一覧

(C)Microsoft Corporation
《Taka》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

    『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

  2. モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

    モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

  3. 『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

    『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

  4. 中二ラクガキ『ドローン・トゥ・デス』4月国内配信!PS Plusフリープレイでも提供

  5. EA DICE新作『Star Wars Battlefront II』詳細は4月のイベントにて公開

  6. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  7. 『Destiny 2』日本語吹替え映像!前作大型アップデート「勝利の時代」も

  8. MMO『The Secret World』がF2PアクションRPGとして再始動

  9. 海外サイトが選ぶ『名作アクションRPGシリーズ』TOP10

  10. Co-op狩猟ゲーム『Hunting Simulator』海外発表―PS4/XB1/PCで一狩り!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top