『Bioshock』開発者Q&A マルチプレイモードは非対応に | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Bioshock』開発者Q&A マルチプレイモードは非対応に

ニュース 最新ニュース

海外ではPS3移植のうわさが一時期持ち上がったものの、やっぱりPCとXbox360専用になることがほぼ確定している[b]Bioshock[/b]。これまでに公開された[url=http://www.2kgames.com/cultofrapture/gallery.html]スクリーンショット[/url]だけを見ると「なんだまたFPSか」と勘違いしてしまいそうですが、じつはRPGの要素もしっかり盛り込まれている本作。怪しいSci-Fiファンタジー風の海底都市を舞台にした独特の世界観も楽しみな作品です。




先日オープンしたBioshockのコミュニティーサイト[url=http://www.2kgames.com/cultofrapture/cultofrapture.html]Cult of Rapture[/url]にて、デベロッパーによるQ&Aが公開されているのでご紹介します。


Q:Bioshockのスペシャルエディション(限定版)はりリースされますか?

A:限定版の発売は予定していませんが、コミュニティーサイトの情報をまめにチェックしている人にはBioshockの限定賞品を手に入れるチャンスがあります。

Q:PC版とXbox360版の内容は同じですか?

A:両方ともまったく同じ内容になります。

Q:Bioshockではマルチプレイやオンライン対応のモードはありますか?

A:マルチプレイヤーモードはありません(不満を言う前にちょっと待って!!!!)。でも、それにはれっきとした理由があります。Bioshockでは、一人の男(主人公)が腐敗したRapture(舞台となる海底都市)を訪れるのを中心に、説得力のあるストーリーラインがフィーチャーされています。マルチプレイヤーを導入することによって、その本来伝えたいストーリー性が損なわれてしまうかもしれないので、我々はBioshockをシングルプレイヤーモードだけに留めました。但し、新しいコンテンツのダウンロードといったオンラインコンポーネントは用意します。

Q:Bioshockを開発するにあたって、チームが他のゲームから学んだ教訓はありますか?

A:コンソール用ゲームを初めて開発する多くのデベロッパーは、我々が始めてPCゲームを手掛けたときと同様に障害にぶちあたります。我々は、Xbox360バージョンのBioshockが世界レベルの質になるよう膨大な努力を費やしています。またPCゲーマーに求められる特別なインターフェースをデザインするために、Irrational内でサブ・チーム(下請け会社?)を使っています。

Q:(販売元の)2K Gamesは(Valveの)SteamでもPC版Bioshockを配信しますか?

A:Steamを使うのかどうかはまだ決まっていません。

Q:Bioshockのサウンドトラックが公開されるのはいつですか?

A:Raptureの世界やBioshockのサウンドや曲をもうすぐ皆さんに用意します。

Q:(Gears of Warの)CliffyBのようにリードデザイナーのKen LevineはBioshockを宣伝しないんですか?

A:Levine氏は、Bioshockが目を見張るゲームになるよう開発に取り組んでいるため、非常に多忙です。しかし、興味のある方々のために、まもなく記事を書いたりインタビューに応えることができるでしょう。

Q:Bioshockにおける炎(火炎)は、自分で消すことができたり、炎が自ら燃え尽きるといったようなより自然な表現になりますか?

A:Bioshockでの炎には、特別の配慮が与えられています。ゲーム内に登場する“可燃物”はすべて燃えます。何かに火が付いたとき、火はそれぞれの物体が燃え尽きるまでともり続けるでしょう。また、戦闘シーンやマップ上で、あなたがFire Plasmid(武器の一種?)を活用するたくさんの状況に遭遇するようデザインされています。

Q:Bishockの体験版は配信されますか?もしされるなら、それはいつ頃?

A:現在は、チームが製品版の開発に集中しているため、体験版をリリースする予定はありません。しかしながら予定は変わるかもしれません。

Q:PCバージョンのBioshockのシステム環境はどうなりますか?

A:PC版の開発もまだ途中であるため、最終的なシステム環境は決まっていません。また決まり次第皆さんにお知らせします。


マルチプレイモードの未実装については、一部のユーザーから既に不満の声が上がっているようですが、ストーリー性を重視した内容になるということで、Oblivionなどが好きなRPGファンには期待できるデザインになっていることでしょう。しかし体験版配信の予定がないのは少々さみしいですね、非常にオリジナリティのあるタイトルなので、ユーザーにその内容を知ってもらうためにもぜひ用意してもらいたいものです。

ちょっとBioshockが気になる、という方のために、過去にご紹介した最新版トレイラーをこちらでもご紹介します。



Bioshock 過去の記事一覧

(C) 2006 Take-Two Interactive Software and Its subsidiaries. All rights reserved.
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

    【特集】『主人公が無言の名作ゲーム』10選

  2. Google Japan年間ベストゲームは『ポケモンGO』!ベストアプリは『AbemaTV』―『シャドウバース』なども

    Google Japan年間ベストゲームは『ポケモンGO』!ベストアプリは『AbemaTV』―『シャドウバース』なども

  3. ノーティードッグPSデビュー20周年!PS Storeでの記念セールが国内発表

    ノーティードッグPSデビュー20周年!PS Storeでの記念セールが国内発表

  4. 中国にてルートボックスやガチャの内容・排出率の表記が義務付けへ

  5. タイ産の1人称病院ホラー『ARAYA』がSteam Greenlightに登場

  6. ぐでんぐでんな乱闘ゲーム『Gang Beasts』がSteam早期アクセスにて配信開始

  7. 壮大スペースシム『Elite: Dangerous』PS4版が海外発表!PS4 Pro対応も

  8. DMM、低価格4Kディスプレイを発表―50インチが約6万円

  9. 【TGS 2016】ファミパンおじさんの正体など新情報ゾクゾク!『バイオハザード』ステージイベントレポ

  10. あの狂気再び!『POSTAL Redux』正式発表―初代『ポスタル』のHDリマスター

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top