Xbox360本体の不良問題が、英国BBCのTVで取り上げられ反響を呼ぶ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox360本体の不良問題が、英国BBCのTVで取り上げられ反響を呼ぶ

家庭用ゲーム Xbox360


イギリスの公共放送BBCのTV番組にて、購入から1年を迎えたXbox本体に不良が相次ぎ、その修理費用が高額であることを訴えて話題となっています。Microsoft自身もこれに答えて、システム的な問題ではないと主張しつつも一部の症例として認めているようです。



[url=http://www.bbc.co.uk/consumer/tv_and_radio/watchdog/reports/consumer_goods/consumer_20070213.shtml]Watchdog[/url]というのは"番犬"の名前どおり、英国の消費者問題を中心とした番組で80年代からあるそうです。Youtubeなどを利用した一部サイトでは、実際にこの回を[url=http://www.xbox360fanboy.com/2007/02/14/bbc-slams-360-defects-ms-responds/]見ることも[/url]できてしまうのですが、昨晩の番組ではちょうど1年経ったころに本体が壊れたという二人のゲーマーが紹介され、修理するために80ポンド以上も払わねばならなかったそうです。

今回Microsoftから寄せられた公式の声明によると、"大半の"Xbox360オーナーは、コンソール本体で優れた体験を得ています、と主張しつつ症例として事実を認めました。

「言われているように我々は、本体が期待通りに動作しないという少数の独立した報告を受け取りました。」

「注意すべき重要なことは、本体への全体的な問題は無いということです。それぞれの例は固有で、彼らの調査はケースバイケースを原則に取り扱われています。」


どれぐらいの数の360本体に不良があるとわかったか、Microsoftは詳細を明らかにしていません。北米地域などでは最近まで保証期間が90日しかなかったこともあり、アメリカでも一時は訴訟騒ぎになっていましたが、今度はTV番組として取り上げられたようです。

こと、玩具だった時代のゲーム機は手荒に扱っても実に壊れ難かったものですが、光学ドライブが搭載されるようになって以降は本体の寿命というものを意識させられるようになってしまいました。その後はコンピュータ化がどんどんと進み、作る側もムーアの法則を前提に後々のスケールメリットを追求するあまり、"初期型"といった型番違いの存在がお店の店頭でも普通に言われるようになってしまいました。

個人的にはどのゲーム機でも毎回発売日に買ってしまうタイプなので、タダで交換すればすむ初期不良ではあまり騒ぐ気にならないのですが、後々出てくる保証期間後の不良の方は、実際の割合はともかく非常にイヤなものです。発売日に買ったら、性能はそのまま5年間一線で持つというのがゲーム機の美点だったのですが、色々な意味で最近はなかなかそうもいかないようで少々困ったものです…。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamesindustry.biz/content_page.php?aid=22776]GamesIndustry.biz[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/dove72679/300342149/]Flickr[/url])[/size]

関連記事:秋のアップデートで故障したXbox 360本体のクレームが訴訟問題に発展


関連記事:Xbox360の海外保証期間が1年に延長される


関連記事:任天堂サポートセンターの恐ろしく親切な対応が海外で話題に
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

    『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  2. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

    『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

  3. 新作サイバーパンクACT『RUINER』のXbox One/PS4版が海外発表!

    新作サイバーパンクACT『RUINER』のXbox One/PS4版が海外発表!

  4. スイッチのローンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』など追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  5. Insomniac代表、『Sunset Overdrive』続編展開に意欲も「Microsoftに」

  6. PS4/PC『ゴーストリコン ワイルドランズ』オープンβ開始!―Web限定実写CMも公開

  7. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  8. 『Halo』シリーズ次回作からは「画面分割」を再び取り入れる―343 Industries代表

  9. 『GRAVITY DAZE 2』「クロウ」が主役の大型DLCが3月21日配信、価格は無料で本編のやりこみ要素も追加

  10. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top