『Live Anyware』でもPCのマルチプレイヤーは無料に? | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Live Anyware』でもPCのマルチプレイヤーは無料に?

PC Windows


Xbox Liveのネットワークを、PCから携帯電話まで含めた標準インフラにする[b]Live Anywhere[/b]構想。コンシューマとPCを隔てている壁は、コントローラの他にも課金の問題があります。先日Microsoftの幹部が、Windows Vista上で行われるLiveサービスのマルチプレイヤーが無料であることを示唆しました。



1UPとの[url=http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3157288]インタビュー[/url]の間、Microsoftの副社長Shane Kims氏は、PCユーザーがフレンドと遊ぶのに無料になるのか?と尋ねられて答えました。


「理論的に言えば、それこそまさに私たちが行いたいことなんです。」

「私たちがXbox Liveを作った時に、Xboxの世界で他のオプションはありませんでした。どちらかといえば、やりたいようにモデルと枠組みを確立しました。Windowsのゲーム世界に加わる場合、そこには既に他の選択肢が存在していますので、我々はそれを認識しなければなりません」

「Xbox360の環境と異なり、PCのオンラインスペースでは従来の競争があることを私たちは良く理解しています。ですからサービスを構築するにあたって、ユーザーが何に対して払って貰えるのか払って貰えないのか、それを計算に入れる必要があります」


元々サブスクリプション(購読)ベースのマッチングサービスというのは、PCでもオンラインゲームの黎明期には実にさまざまな会社がバラバラに行っていました(北米のセガなども)。

実際にゲームプレイを処理するサーバそのものを提供するMMOとは違い、一般のMOベースのごく原始的なマッチングというのは、オンラインゲーム初期には盛んに行われていたようにホスト役が自分のIPを提示してゲスト側がそれに接続するというもので、実際のプレイ中のやり取りはP2P間で行われるため、サーバサイドの基本的なサービスとしてはチャットやメッセンジャーと大差ないものでもあります。

結果的に、継続サービス分もソフトウェア価格に転嫁して当時から今まで一貫して無料で運営しているBlizzardの[url=http://battle.net]Battle.net[/url]などに、ユーザー数はもちろんサービスの質でも遥かに劣ることとなり、PCの世界では初期に乱立していたほとんどの有料サービスは停止するかその業態を変えてしまいました。

ただし一方でアカウントやサービスの質はゲームごとにバラバラな状態が続いており、同じ販売元のパブリッシャーですら開発デベロッパー単位でネットワークサービスが分かれていることもザラという状態。大半のタイトルは、ほとんどゲーム一本単位でのサービスに留まっています。

ことPCの世界では、さまざまな選択肢があることで競争が促進され、結果として全体のサービスが向上するというのが一つのモデルでしたが、最近は各ジャンルで垂直統合型のメリットが叫ばれることも多い今日この頃。今後Microsoftの動きが本格化すると、PCでも大きな転換期を迎えることだってあるのかも……。[size=x-small](ソース: [url=http://computerandvideogames.com/article.php?id=158382]CVG[/url])[/size]

関連記事:『Shadowrun』のゲームメカニズムに迫る。開発者Q&A


関連記事:Games for Windowsブランドのもたらす、Vista時代の新たなPCゲーム像
《Miu》

PC アクセスランキング

  1. アメコミADV『Batman - The Telltale Series』エピソード1がSteam無料配信

    アメコミADV『Batman - The Telltale Series』エピソード1がSteam無料配信

  2. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

    『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  3. 週末セール情報ひとまとめ『Youtubers Life』『DOOM』『Thumper』『Downwell』他

    週末セール情報ひとまとめ『Youtubers Life』『DOOM』『Thumper』『Downwell』他

  4. グラドル・忍野さらとガチバトル!『攻殻機動隊 S.A.C. Online』メディアキャラバンレポ

  5. Steam人気上位の『シヴィライゼーション VI』―その魅力や遊び方を改めて開発者に訊く!

  6. SFシューター『Prey』海外向けゲームプレイ―8分の孤独なサバイバル

  7. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

  8. 『DARK SOULS III』DLC第1弾「ASHES OF ARIANDEL」プレイレポ―灰は、暗く冷たい世界に迷い込む

  9. 隣人の真顔が怖すぎホラー『Hello Neighbor』開発中ゲームプレイ!

  10. NEXON、SFシューター『Titanfall Online』を韓国でリリースへ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top