PLAYSTATION Network『Home』が発表@GDC 07 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PLAYSTATION Network『Home』が発表@GDC 07

ニュース 最新ニュース

本日、SCEアメリカのPhil Harrison氏は、GDC 07のキーノートでPLAYSTATION Network用の新サービスとなる[b]Home[/b]を正式発表しました。国内のPlayStation.comでもさっそく[url=http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20070308_ps3_home.html]プレスリリース[/url]が更新されており、その内容は、一部の海外メディアなどで予想(?)されていたものより、随分と大掛かりで充実したコンテンツになっています。


まずはこちらの“Home”デビュートレイラーを観ておきましょう。当初はMiiやXbox Liveの実績システムを組み合わせたものになる、といった噂もありましたが、どうやらそれだけではなく、セカンドライフなどに代表されるライフシム的なMMOの要素も詰め込んだ、非常にビジュアル性の高いデザインになっているようですね。





以下、Homeのキーとなる特徴をいくつか


* Homeスペース

- プレイヤーは画面上のバーチャルPSPを使用してHomeでの様々な機能を操作
- あなただけのアパートや家、あるいは近所一体を設計したりデザインできる
- アパートや家具、備品、周辺の地形を購入
- キャラクターに衣装、ペット、アクセサリーを購入
- 友人をあなたの部屋に呼んでパーティーを開ける。音楽やビデオをストリーミング再生して一緒に楽しむことも可能
- 機能性のあるアイテムを購入して、あなたのHome体験をより価値のあるものに
- プレイヤー自身が作り出すプレミアムコンテンツの世界にあなたの印を残す
- あなたのパーソナルスペースで、PS3 HDDに保存した写真やムービー、音楽を友達を交換したり共有できる
- ボイスチャット

* Homeゲーミング

- ゲーム専用のロビーで、特定のゲームについて話し合ったり、コンテンツを入手したり、チームを組んでオンラインプレイ
- ファースト・サードパーティが特定のロビーを作成して、ユーザーに向けてプロモーションや交流の場を作成できる


一部では、Xbox Liveが2DならPS Homeは3D!などという対抗意識の強い[url=http://threespeech.com/blog/?p=313]発言[/url]もあるようですが、実際のところ、今回は発表だけでHomeのサービス開始時期は2007年秋から年末と随分先の話。春から限定ユーザー対象に、ベータテストが実施されるそうです。しかし、ここまでMMOっぽい作りだと、正式サービスの立ち上げもMMOのようになかなか大変な作業になるかもしれません。

まさに劇的な変化を遂げることで、一世代前の初代Xboxから確立されたXbox Liveへ追いつこうとするPLAYSTATION Network。Homeの正式サービスをいかに遅延することなくスタートすることが出来るのか、大きな鍵になりそうです。[size=x-small](ソース: [url=http://threespeech.com/blog/?p=313]ThreeSpeech:HOME EXPLAINED[/url])[/size][size=x-small](ソース: [url=http://www.destructoid.com/gdc-2007-phil-harrison-keynote-30267.phtml]Destructoid:GDC 2007: Phil Harrison keynote[/url])[/size][size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/sklathill/413996972/]Flickr[/url])[/size]
《Rio Tani》

ニュース アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

    『ウィッチャー』シリーズ累計販売は2500万本

  2. 『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

    『BF1』「Premium Friend」発表―Pass所持フレンドとならDLC未所持でも…?

  3. モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

    モバイル向け狙撃FPS『Tom Clancy’s ShadowBreak』海外発表―ストラテジー要素も

  4. EA DICE新作『Star Wars Battlefront II』詳細は4月のイベントにて公開

  5. 海外サイトが選ぶ『名作アクションRPGシリーズ』TOP10

  6. 中二ラクガキ『ドローン・トゥ・デス』4月国内配信!PS Plusフリープレイでも提供

  7. 【漫画じゃんげま】83.「それでいいのか」の巻

  8. 『Destiny 2』日本語吹替え映像!前作大型アップデート「勝利の時代」も

  9. MMO『The Secret World』がF2PアクションRPGとして再始動

  10. 『レインボーシックス シージ』Year 2ロードマップ!韓国/スペイン/香港/ポーランドから参戦

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top