ニンテンドーDS用のぺイント&アニメーションソフトが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ニンテンドーDS用のぺイント&アニメーションソフトが登場

携帯ゲーム DS

マリオペイントがニンテンドーDSに移植される、随分前にそんなウワサを耳にした方もいるかもしれませんが、ありそうでなかったDS用のペイントソフトが、人知れず海外で開発されているようです。こちらの映像は、GDC 2007とほぼ同時期にアメリカ・テキサスで開催されたSXSW(South by Southwest)というイベントで展示されたもの。ご覧の通りニンテンドーDS用のペイント&アニメーション用のソフト。




このソフトを開発したBob Sabiston氏は、ちょっとアンダーグラウンドなアート系の映画「A Scanner Darkly」のアニメーションを担当した人物。キアヌー・リーブスなど有名俳優の実写を取り込んだ不思議なアニメーション映画で、SFものが好きな方ならご存知かもしれません。

ムービーを見ての通り、このツールではペイントだけでなく、作成したイラストをアニメーションさせたり、効果音や音楽を挿入することができます。また、自分が作った作品をWi-Fiコネクションを通して公開することもできるようになるそうです。

>作品の一例。楽しそうですね、細部からちくちく描き込んだ感じ


といっても、まだソフト自体開発途中で、販売元などもぜんぜんあてがないとのことで、実際に製品として発売されるのはずっと先の話になりそう。それでも、映画やアニメのアーティストが制作したソフトということでちょっと楽しみではあります。Photoshopみたいな存在に大化けしたり、なんて。[size=x-small](ソース: [url=http://www.pocketgamer.co.uk/blog/index.php/2007/3/13/bob-sabiston-brings-mario-paint-to-the-ds-nearly/]The Pocket Gamer Blog[/url])[/size]

【関連記事】
GDC 07で見つけたこんなゲーム『The Blob』、塊魂 meets…マリオペイント!?
MS PaintでPSP本体を描く工程ムービー
もしもゲーム機がアヒルだったら・・・。おかしすぎるファンアート
《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 任天堂、振動機能を採用した携帯ゲーム機の特許を更新

    任天堂、振動機能を採用した携帯ゲーム機の特許を更新

  2. 『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

    『かまいたちの夜 輪廻彩声』ビジュアライズ&ボイス実装で演出面を強化、竜騎士07による追加シナリオも

  3. 大きな1枚の液晶画面が確認できる、“Nintendo 2DS”分解写真

    大きな1枚の液晶画面が確認できる、“Nintendo 2DS”分解写真

  4. ナメクジ猫の滑らかサバイバルプラットフォーマー『Rain World』がPS Vitaでもリリース決定

  5. CES 08: SCEA、PSP向けキーボードを開発中 リリースは2009年半ば

  6. PS3ソフトが楽しめるゲームサービス「PS Now」、PS Vitaなどへの提供が終了に

  7. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  8. 『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』オーストラリアでは15歳未満販売禁止の判定

  9. あの血みどろRTSがPSPでも!『Fat Princess: Fistful of Cake』発売予定

  10. 可愛い動物がボクサーに!? Gammick Entertainmentが『Animal Boxing』を発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top