『Enemy Territory: Quake Wars』スクリーンショットとプレビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Enemy Territory: Quake Wars』スクリーンショットとプレビュー

PC Windows

[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11520&kword=quake]Enemy Territory: Quake Wars[/url]のスクリーンショット[url=http://www.worthplaying.com/article.php?sid=42220&mode=thread&order=0]Windows版[/url]と、プレビューが入ってきました。地球外エイリアンと戦うFPSで、戦略的なチームプレイを特徴としています。日中の夜間でそれぞれの任務があり、最も強力な武器と乗り物などが用意されているとのこと。掻い摘んでご紹介します。






[b]・敵の領地でのゲームプレイ[/b]
敵領地をすべて確保するか、敵に最前線を乗っ取られるかで勝敗が決まります。プレイヤーの主な目的は、彼らの車両やキャラクターのクラス能力を使って一緒に行動しなければなりません。あるいは、重要施設を守るか、大きな攻撃を実行することも可能です。ゲームプレイは、あらゆるテクニカルレベルのプレイヤーがバトルに参加し、全体的な任務に対する貢献が出来るように許可されています。

[b]・非対称のゲームプレイ[/b]
地球側のGDF、エイリアン側のStroggは両方とも、見て、動いて、ユニークな振る舞いをします。基地やキャラクター、車両や武器は各々のテクノロジーで動作します。それはプレイヤーが戦闘へ入る際に特徴的なアプローチとなります。例えば、Stroggのテクノロジーが持っているStrogg強化に必要となる「ホスト」素体として相手側のGDF兵の死体を使うといった場合、GDFのメディックはそれを回復することが可能であり、フィールドで素早く負傷した(あるいは倒れた)兵士を回復することが出来ます。

まだまだ、フィーチャーや面白い機能が詰め込まれている[b]Enemy Territory: Quake Wars[/b]。[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11520&kword=quake]Windows版[/url]は6月5日発売予定、価格は6,980円(税込)です。もっとQuakeをプレイしたい!という方には、お奨めのタイトルです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.worthplaying.com/article.php?sid=42220&mode=thread&order=0]WorthPlaying[/url],[url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=161978]CVG[/url])[/size]

【関連記事】
『Enemy Territory: Quake Wars』の新スクリーンショット公開
『Enemy Territory: Quake Wars』がXbox360、PS3でも発売決定!
GDEXストア新着情報 『Crysis』の予約受付中!

Enemy Territory: Quake Warsの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)Activision
《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 『CoD: MWR』6マップ/2モード無料追加!12月アップデート海外トレイラー

    『CoD: MWR』6マップ/2モード無料追加!12月アップデート海外トレイラー

  2. 3Dメックアクション新作『Heavy Gear Assault』が近日早期アクセス実施!―最新トレイラーも披露

    3Dメックアクション新作『Heavy Gear Assault』が近日早期アクセス実施!―最新トレイラーも披露

  3. 【レポート】『AKIBA'S TRIP Festa!』の少女たちが編集部にきたので服を脱がしたら…

    【レポート】『AKIBA'S TRIP Festa!』の少女たちが編集部にきたので服を脱がしたら…

  4. 美少女対戦格闘『ニトロプラス ブラスターズ』Steam版発売!アーケード最新V1.09準拠

  5. WW2FPS『Days of War』早期アクセス実施へ―「プライベート・ライアン」風トレイラーも

  6. Ubi30周年記念『アサシン クリード III』PC向け英語版無料配信開始!

  7. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  8. 【特集】『たけしの挑戦状2015』の“作りこみが半端ない”ので、エンディングまで攻略してみた

  9. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  10. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top