海外レビューハイスコア『Splinter Cell: Double Agent』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『Splinter Cell: Double Agent』

家庭用ゲーム PS3

●[b]PSX Extreme: [size=medium]8.7[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―利点は大きく、悪い点を上回ります。見やすく、聞こえやすく、コントロールしやすく、特徴はしっかりしており、非常に奥深く、能力や道具とレベル設計の複雑さは星の輝きのようだ。オンラインマルチプレイは少し貧相ですが、PS3版の2?3の追加マップの恩恵がある。

●[b]GameSpot: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Splinter Cellは、そのユニークなマルチプレイモードと、それにステルスアクションゲームの要素を加えることでPS3で強烈なデビューとなった。

●[b]GameSpy: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Double Agentは、可愛く繕われたワルであり、あなたをサディスティックに微笑ませるゲームの冷却装置からのそよ風が心地よいだろう。

●[b]EuroGamer: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―新しく始めるプレイヤーが手軽にプレイ出来るほど、易しい内容ではありません。しかし、ステルスアクション初心者が暗く見えにくいところから1?2時間後に出て来るなら、この評点に得点を加えるべきだろう。

●[b]IGN: [size=medium]7.9[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―しっかりしたストーリー、良い映像と素晴らしいゲームプレイメカニックは、Double Agentをこのジャンルのピッキングファンに推薦しておきたい。


マルチプラットフォームで発売されている[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=splinter+cell%3A+double+agent&kcatid=&x=0&y=0]Splinter Cell: Double Agent[/url]。[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=122-10008&kword=splinter%20cell]PS3版[/url]は、どの機種にも負けずゲーム内容はステルスアクションとして成立したものとなっています。ストーリーもしっかりしており、[b]MGS4[/b]を待てない(あるいはそれまでの繋ぎ?)ファンには十分足りるものなのは確かです。海外評価は悪いものではありませんが、マルチプレイモードの弱さに目をつぶったとしては上等なものかと思われます。映像に関してはほぼ問題ないとのことですし、スプセルをプレイしていない方には是非触れてみて欲しい作品です。

【関連記事】
『Splinter Cell: Double Agent』PS3で来年3月にリリース予定
『Splinter Cell: Double Agent』PC版デモが二種類リリース
20周年!『Metal Gear Solid 4』小島秀夫氏が新しいゲームコンセプトを語る

Splinter Cell: Double Agentの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)UbiSoft
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

    『ファイナルファンタジーVII リメイク』『キングダム ハーツIII』のスクリーンショットが海外イベントで披露!

  2. 『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

    『ニーア オートマタ』新TVCMが公開中…「命もないのに殺し合う」

  3. MSフィル・スペンサーが来日予定、国内大手メーカーと会談か

    MSフィル・スペンサーが来日予定、国内大手メーカーと会談か

  4. 文明絶頂から崩壊1000年後までを映す『Horizon Zero Dawn』タイムラプス映像

  5. PS4『仁王』DLC第1弾「東北の龍」4月配信決定!オンライン対戦実装の大型無料アプデも予定

  6. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  7. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  8. Devolverがニンテンドースイッチ向け展開を示唆、気鋭のインディーゲームが到来か

  9. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

  10. かずのこ選手監修の『フォーオナー』ヒーロー紹介映像!6ヒーローのオススメ戦法とは?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top