全然違ウ!海外版カバーアート『暴れん坊天狗』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート『暴れん坊天狗』

PC Windows

国内版と海外版のカバーアートの違い…それはそのまま文化の違いです。ダウンタウン熱血物語では、日本の不良という文化、白ランや長ランといった文化が理解されなかった結果、ジーパンに白いTシャツというアメリカンヤンキーにすり替わってしまった悲劇?に繋がりました。今回ご紹介するのはジャパニーズクリーチャー、天狗が主役の横スクロールシューティング、[b]暴れん坊天狗[/b]です。



天狗の面が自機というハイセンスなこのゲームは、コアなファンを今も抱える愛すべきゲームです。Meldacという会社に聞き覚えのある方もいるかもしれません。その一方で、カバーアートはゲーム画面のパッチワークという比較的シンプルなもの。


文化の違いはローカライズにおいて思わぬ事態を引き起こします。



ゾンビネイション!!イカしたタイトルの主役はどう見てもゾンビです!天狗はどこに行ったのでしょうか…。ちなみに、ゾンビの後ろにさりげなく控える落ち武者がこのゲームの主役。彼は文字通り“Namakubi”と呼ばれます。彼もゾンビです。

[size=x-small]海外版:落ち武者/国内版:天狗[/size]


天狗という日本の民話はこの時代の海外には敷居が高すぎたのかもしれません。このZombie Nation、ゾンビとなったSamuraiがゾンビになった人々を救うというシナリオで、けっしてバイオハザードの先例ではありません。もともと国内版の「暴れん坊天狗」が、天狗の面がアメリカを救うという設定だそうで、それをより認知度の高いSamuraiにしたのは理に適っているのかもしれません。

カバーアートの変化は著しいですが、国内版からしてかなりキレた内容だっただけに?ゲーム自体にはそれほど手を加えなかったようです。とりあえずカバーアートに関しては、現在の基準で言えばZ指定をもらえると思いますがどうでしょうか。

[size=x-small](イメージ: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Zombie_Nation_%28video_game%29]Wikipedia[/url])[/size]

【関連記事】
本物のショッピングモールでデッドライジングごっこに挑戦…
Wii Sportsのライバル?モーションセンサーを利用した携帯ゲーム『MobZombies』
アーケードのシューティング『雷電IV』がXbox360で発売の可能性

『全然違ウ!海外版カバーアート』一覧
《Kako》

PC アクセスランキング

  1. 『MechWarrior 5: Mercenaries』発表!―歴史ある巨大ロボシミュ最新作

    『MechWarrior 5: Mercenaries』発表!―歴史ある巨大ロボシミュ最新作

  2. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

    『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  3. DMMでサービス開始の『カオスサーガ』わずか26時間30分でサービス終了

    DMMでサービス開始の『カオスサーガ』わずか26時間30分でサービス終了

  4. SFシューター『Prey』海外向けゲームプレイ―8分の孤独なサバイバル

  5. Steam人気上位の『シヴィライゼーション VI』―その魅力や遊び方を改めて開発者に訊く!

  6. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  7. グラドル・忍野さらとガチバトル!『攻殻機動隊 S.A.C. Online』メディアキャラバンレポ

  8. Ubisoft30周年記念!PC版『The Crew』無料配布開始―日本語にも対応

  9. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

  10. アメコミADV『Batman - The Telltale Series』エピソード1がSteam無料配信

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top