2010年W杯、EAの『FIFA』シリーズは11人対11人の試合を目指す | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2010年W杯、EAの『FIFA』シリーズは11人対11人の試合を目指す

PC Windows

最新作FIFA 08より


サッカーゲームと言えば、日本では『ウイニングイレブン』シリーズがシェアのほとんどを握っていますが、世界的に見れば比肩するくらい有名な、EAの[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=fifa&kcatid=&x=0&y=0]FIFA[/url]シリーズがあります。UEFA公式ゲーム[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=UEFA+Championship+League&kcatid=&x=77&y=11]UEFA Championship League 2006-2007[/url]も好評。そんなEAですが、サッカーゲームをしたことのある人間なら誰でも夢想した、プレイヤー(選手ではなくてコントローラーを握っているプレイヤー)[b]11人対11人[/b]での試合(11-versus-11 play)を目指していることを明らかにしました。それも[b]2010年[/b]、南アフリカで開催のW杯に間に合うようにしたいとのこと。


FIFA 08のプロデューサーJoe Booth氏の話によれば、現在は、先の2年のうちに11人対11人での試合("Be A Pro" mode)を実現するための基盤を築いている段階だそうです。

「"Be A Pro" modeは、ひとりのプレイヤーが、チームにどれだけ貢献したかを示す[b]リワードシステム[/b]の構築をすることで、チームの一員としてのコントロールをあなたにあたえます。私たちには長期的なビッグプランがあります。2010年のW杯と同時に仮想W杯を行うため、ゲームでのベストイレブンを南アフリカへ送り込むということです。そのためにはいくつかのステップがあります。物理エンジンとオンラインの問題だけでなく、コミュニティストラクチャも構築する必要があります。我々がトライしているのは“オフライン”のような印象のものです」


ウイイレシリーズでも、オフラインで最大4人が協力してイレブンの一選手の役割をプレイすることはできましたが、A.I.では無く実際の人間が計22人集まってサッカーをするというのはまさにエポックメイキングです。ゴールキーパーは現実のように人気を集めず、トップ下やウイングはポジション競争が激化。ディフェンスラインを統率するために各プレイヤーが指示を出し合ったり、意思の疎通が決まりオフサイドぎりぎりでフォワードがゴール…など現実そのままの反映がなされればかなり驚きです。サッカーフリークの方は、ウイニングイレブンの最新作とともに、FIFAの今後の展開もフォローしておく必要がありそうですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=77192]EUROGAMER[/url]) [/size]

【関連記事】
『UEFA 2006-2007』ゲームレビュームービー
来月発表の『ウイニングイレブン』最新作は海外でも話題に
『Pro Evolution Soccer』ことウイイレがWiiで発売!?操作方法は?

(c)Electronic Arts Inc. All Rights Reserved
《Kako》

PC アクセスランキング

  1. マルチプレイ海戦FPS『Blackwake』Steam早期アクセス!―酒飲みながら大混戦

    マルチプレイ海戦FPS『Blackwake』Steam早期アクセス!―酒飲みながら大混戦

  2. 『Mass Effect: Andromeda』完成、PC版必要スペック情報も公開

    『Mass Effect: Andromeda』完成、PC版必要スペック情報も公開

  3. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

    【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  4. 最恐ホラー『Outlast 2』完成!発売日も近く発表か

  5. 人気牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語版ベータテスト開始!―フォントの雰囲気も再現

  6. デジカより「Steamコントローラー」「Steamリンク」対象の感謝セールが開催

  7. 【レポート】PC版「PS Now」はウィンドウ表示も可能! PCの推奨スペックや操作性など、気になるアレコレに注目

  8. 2Dサイバーパンク『The Last Night』海外発表―ネオン眩いオープンワールド

  9. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  10. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外ゲームプレイ!4人Co-opからキャラカスタマイズまで

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top