およそ90%!カプコンの海外での好調を示すデータ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

およそ90%!カプコンの海外での好調を示すデータ

家庭用ゲーム Xbox360



1UPの報告によれば、カプコンよりXbox360向けに発売された[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Lost+Planet%3A+Extreme+Condition&kcatid=&x=0&y=0]ロストプラネット[/url]、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=119-10049&kword=Dead%20Rising]デッドライジング[/url]の販売数の90%を、北米及び欧州での販売が占めるということです。ロストプラネットでいえば、日本で9万本、北米で81万本、欧州で47万本。デッドライジングも日本で8万本、北米で73万本、欧州で41万本とほぼ同じ数字を示しています。


今年、国内では特にモンスターハンターで注目を集めたカプコン。海外ではデッドラ、ロスプラを中心にグローバルなゲーム作りを目指し結果を残しました。1UPでは、北米での売り上げから、ミリオンは十分可能だという意見を残しています。日本と北米ではXbox360のオーナー自体が少ないので、この数字は意外ではないかもしれません。しかしカプコンの海外市場を睨んだ戦略が成功したことを示す数字としては説得力があります。これからはいっそう国内外で注目されていくでしょうね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.1up.com/do/newsStory?cId=3160071]1UP: 90% Lost Planet, Dead Rising Sales Outside Japan[/url]) [/size]

【関連記事】
『ロストプラネット』総制作費は広告費合わせて48億円!
続編?『Lost Planet Wars』がPS3、Xbox360で登場するとの噂
海外レビューハイスコア 『Lost Planet: Extreme Condition』
『ロストプラネット』グローバルで100万本出荷達成!デッドライジングに続き2本目
ロストプラネット海外版発売イベントに1000人を超える人たちが集まる!

カプコンの関連記事をGame*Sparkで検索!

(c)Capcom
《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  2. 『Horizon Zero Dawn』ローンチトレイラー!―Guerrilla Gamesが描く壮大世界

    『Horizon Zero Dawn』ローンチトレイラー!―Guerrilla Gamesが描く壮大世界

  3. 『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

    『ニーア オートマタ』不具合修正のパッチ対応を発表─まずはDL版の問題を近日中に

  4. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  5. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  6. ヌンバーニ空港で一体何が?『オーバーウォッチ』予告イメージで謎深まる―PTRにも変化が【UPDATE】

  7. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイのシーズン3終了日程が告知、2月末より次期シーズンへ

  8. PS4/PC『ゴーストリコン ワイルドランズ』オープンβ開始!―Web限定実写CMも公開

  9. 『The Last of Us Part II』の発売日やゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  10. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top