ハードコアゲーマーのためのWebメディア

修理したらグレードアップ?!Xbox 360の新冷却パーツは発熱対策なの?

家庭用ゲーム Xbox360



Team Xboxが伝えるところによれば、修理から戻ってきたXbox 360に新しいヒートシンクが着けられていた事例が何件かあったようです。ヒートシンクは、発熱を放散させて温度を下げるための部品です。この画像は、いわゆる「死のレッドリング」でお釈迦となったXbox 360が修理から戻ってきた際に分解した写真で、あるXbox 360オーナーからTeam Xbox宛に送られてきたもの。普段見慣れないものなのでどう違うかははっきりしませんが、この新しい部品は、65nm GPUのための布石だという可能性も。


さらに冷却能力を高めるための新しいヒートシンク。Team Xboxでは"New Dual-Heat sink Technology"と表現しています。これがこれからの新品ハードに搭載されるのか、また修理済みのハードにインストールしてくれるのか、またまたこれが全ての修理品に適用されていることか、などは分からないとのこと。

「発熱→レッドリング=故障」という関連性があることから、Xbox 360の発熱についてはしばしば話題に上っています。これを解決するための手段としてヒートシンクは交換されたのでしょうか。Microsoftのスポークスマンはこれに対し「定期的にコンソールの構成要素を更新することは産業の中ではごく当り前のことで、コスト削減やパフォーマンス向上など様々な理由によるスタンダードな対応」とコメントし、この噂(新しいヒートシンクが発熱を改善する手段なのか)に対しては明言を避けています。
[size=x-small](ソース: [url=http://news.teamxbox.com/xbox/13691/Xbox-360-Pictures-of-the-New-GPU-Heatsink/]TeamXbox[/url], [url=http://www.gamesindustry.biz/content_page.php?aid=25816]GamesIndustry.biz[/url] ) [/size]

【関連記事】
これで発熱は心配無し?Xbox360のGPU65nmは今秋から
Xbox360、今度は補償サービスを改善
マイクロソフトのピーター・ムーア氏がハードの信頼性に言及
壊れちゃったゲーム機を直す新しい方法?!
所持した七台のXbox360本体がすべて故障。超アンラッキーな夫婦
《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. Xbox One下位互換の『CoD 2』はフレームレートが大幅に向上!―ほぼ60fpsをキープ

    Xbox One下位互換の『CoD 2』はフレームレートが大幅に向上!―ほぼ60fpsをキープ

  2. 『THE KING OF FIGHTERS XIV』アントノフを紹介したトレイラー!大迫力な攻撃の数々

    『THE KING OF FIGHTERS XIV』アントノフを紹介したトレイラー!大迫力な攻撃の数々

  3. MSスペンサー氏、HD版『ゴールデンアイ 007』権利問題を語る

    MSスペンサー氏、HD版『ゴールデンアイ 007』権利問題を語る

  4. 『Forza Horizon 3』最新収録車種情報!―イギリスの三輪自動車も初登場

  5. 『バトルフィールド 1』「PREMIUM PASS」がPS4でも予約開始

  6. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  7. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  8. PS VR対応巨大ロボゴルフ『100ft Robot Golf』海外発売日決定!―5匹の子犬が操る合体ロボも登場

  9. 最新映像も!『No Man's Sky』について知っておくべき41のこと

  10. 『トゥモロー チルドレン』OBTからの変更点・新要素が公開―それぞれの町に個性が出る?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top