もうLFGはしない!?新スタイルのMMORPG『Gods and Heroes: Rome Rising』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もうLFGはしない!?新スタイルのMMORPG『Gods and Heroes: Rome Rising』

PC Windows

今年5月に開催されたSony Gamers Day 2007でも展示され、海外では久しぶりのメジャーMMORPG作品として一部で期待されているタイトル、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11522]Gods and Heroes: Rome Rising[/url]。今年の夏には正式サービス開始が予定されており、昨年10月から長期間に渡って実施されているクローズドベータテストも、ほぼ最終段階に近い状態であると予想できます。

Sony Online Entertainment(以下SOE)がパブリッシャーを担当する本作は、パッチ一発で崩壊した[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Star+Wars+Galaxies&kcatid=&x=0&y=0]Star Wars Galaxies[/url]や、最近では、完成度100%とは言いがたい状態で立ち上がってしまった[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Vanguard%3A+Saga+of+Heroes&kcatid=&x=0&y=0]Vanguard: Saga of Heroes[/url]など、海外MMOゲーマーからは、「またSOEか……」みたいな目で見られてしまう部分もあるようです。しかし、このGods and Heroesは今までのSOE作品とは一味違う!との声もあるようで、一風変わったゲームシステムを備えたこの新スタイルMMORPGの詳細を、今日はじっくりGame*Spark読者の皆様にご紹介します。


* * *


[size=medium][color=DAA520]What is Gods and Heroes?[/color][/size]
舞台となるのは、紀元前300年のローマ帝国がもっとも強力だった時代。プレイヤーは神の末裔である帝国の兵士に扮し、周辺敵対国の攻撃から帝国を守り、帝国を拡大するために、神話のクリーチャー達が徘徊する危険な世界を探索することになります。

Gods and Heroesでは、既存のどんなMMOゲームよりもインタラクティブ性があり、ダイナミックで、かつ戦略性の高いスクワッドベースの戦闘システムが採用されます。プレイヤーは、スキルやアビリティーなどバリエーションに富んだNPC兵士から部隊を編成して成長させることが可能。フォーメーションを組んだり、新しい戦術を練ることができます。





[size=medium][color=DAA520]Gods and Heroesに登場するプレイヤー種族[/color][/size]
プレイヤー種族として用意されるのは、「[b]Carthaginians[/b](カルタゴ人)」「[b]Egyptians[/b](エジプト人)」「[b]Romans[/b](ローマ人)」の三つ。すべて人間タイプの種族で、残念ながら、サービス開始時の段階ではローマ人しかまだ使用することができません。今後のアップデートで残り二つの種族も選択できるようになるそうです。各種族の特性などについてはまだ不明。

[size=medium][color=DAA520]用意されたクラスは全六種類[/color][/size]
サービスローンチ時にプレイヤーが選べるクラス(職業)は、全部で六種類。最近のMMORPG作品の中ではやや少なく感じなくもありませんが、後述する“信仰神”との組み合わせで、実際のバリエーションはさらに細分化します。

[size=medium][b]Gladiator[/b][/size]
ユニークな戦闘術を豊富に備えたダメージディーラータイプ。Soldierに比べるとダメージ吸収力は劣るものの、槍や肉弾戦に特化した“Kill Everything”スタイルで、CC(Crowd Control)アビリティーや、パーティーメンバーを回復する能力も持つ。

[size=medium]Soldier[/size]
最前線で戦い、敵の注意を味方から反らす近接戦闘タイプの戦士。ダメージを与える能力はそれほど高くないが、多くの防御的なアビリティーを持ち、グループ戦におけるAggroマネージメントで重要な役割を果たす。素手で戦うことを得意とし、敵からのダメージを大量に吸収してそれらを敵に跳ね返すことも。

[size=medium]Mystic[/size]
Mysticは、遠距離から魔法でダメージを与えるタイプのクラス。強力なDD(Direct Damage)スペルや、広範囲の敵へ同時に被害を与えるAoE(Area of Effect)スペル、敵の動きをスタンさせるCCスペルを覚えていく。精霊やクリーチャーを呼び出す召還魔法も使用することが可能。

[size=medium]Priest[/size]
回復魔法に特化したメインヒーラー。パーティーメンバーの回復や蘇生だけでなく、攻撃的なDebuffスペルや、自ら素手で近接戦に参加することも。味方のスペルキャスターを別のユニットやプレイヤーへ霊的にリンクすることで、ターゲットの能力値を大幅に増強することが可能(リンクされたスペルキャスターはその間行動不能になる)。Priestはこの他にも、使用過多で壊れた武器や防具などの装備品を修復(Repair)する能力も持つ。

[size=medium]Scout[/size]
致命的な命中力を持った遠距離武器のエキスパート。連続して矢を放つRapid Fireや、命中後も継続的にダメージを与え続けるDoT(Damage Over Time)アビリティーなどを習得。また戦闘から緊急離脱する能力や、いくつかのCrowd Control能力、食料や水を捜し出す技も持つ。

[size=medium]Nomad[/size]
回復と戦闘にバランス良く特化したクラス。味方の状態変化を回復するCureや、致命的なLightning Boltで敵を打つBolt of Heavensなどのスペルを使用できる。装備可能な武器や防具の種類も豊富で、インスタントで詠唱できる魔法が多いのも特徴の一つ。※当初はRogueという別のクラスが存在していたが、最近Nomadと差し替えられた。それぞれ全く別のFeatツリーを備えており、将来的にはRogueも使用可能になるとのこと。





[size=medium][color=DAA520]クラスアビリティーを強化するFeatツリー[/color][/size]
各クラスが標準で使用できるアビリティー以外に、プレイヤーキャラクターを特徴付ける要素として、各アビリティーやステータスの強化を行うことができるFeatツリー。Coreと呼ばれる全クラス共通のものと、クラス特有のツリーが二つ、合計で三つのツリーが用意されます。プレイヤーはFeatポイントを得て、自分の好みに合ったFeatにポイントを割り振ることで、アビリティーや基本能力を強化していきます。

[size=medium][color=DAA520]信仰神の選択によるキャラクターカスタマイズ[/color][/size]
プレイヤーは、全部で十二種類、各クラスにそれぞれ二種類存在するの“Gods”から、自らの信仰神を選択します。選択したGodsによって、キャラクターが使用可能になるGodly Powerや、各Gods特有のMinions(NPC兵士)が決定されます。各クラスが選択できるGodsは以下の通り

Gladiator - Fortuna, Jupiter
Soldier - Mars, Minerva
Mystic - Trevia, Bacchus
Priest - Pluto, Juno
Scout - Apollo, Diana
Nomad - Mercury, Nemesis






[size=medium][color=DAA520]Minionsを集めて部隊を編成!コレクター要素も[/color][/size]
Gods and Heroesに登場するMinion達は、お金で雇う傭兵ではなく、様々な方法で収集をしていくことになります。プレイヤーが一度手に入れたMinionは、自分の部隊に参加させるのはもちろん、他のプレイヤーとトレードすることも可能。Minionのコレクション要素は、まるでサイドゲームのような存在で、ポケモンみたいに、全部捕まえる!なんて楽しみ方も。すべてのMinionにはそれぞれ固有の名前が付けられているだけでなく、AIも非常に洗練されているそうです。

[size=medium][color=DAA520]もうLFGで待たされない!Minionsはカジュアルプレイヤーの味方[/color][/size]
擬似プレイヤーともいえるこれらMinionsの部隊編成要素によって、あらゆるMMORPGでこれまで悩みの種だったパーティーメンバーの募集(LFGやLFM)も、全く気にする必要がなくなります。冒険に出たくてウズウズしているのに、メンバーが一人足りなくて二時間待った挙句解散…… こんなシチュエーションは日常茶飯事。しかしGods and Heroesなら、一緒に遊ぶプレイヤーが見つからなくても、自分のMinion達からパーティーを編成してすぐに出発!一日にプレイする時間が限られるカジュアルプレイヤーにもやさしいMMOであると言えます。





[size=medium][color=DAA520]よりアクティブなGods and Heroesの戦闘システム[/color][/size]
デベロッパーのPerpetualは、ステレオタイプになりつつあるMMORPGの戦闘システムになることを避けるために、攻撃に対する“リアクション”の要素を取り入れたそうです。これにより全く新しい戦術的なエレメンツが加わり、戦闘中、プレイヤーがよりアクティブでいられるようになったとのこと。また、いくつかの攻撃におけるアニメーションも非常に良く出来ており、モンスターに槍で一突きされたプレイヤーが、そのまま地面から持ち上げられたりすることも。同様に、プレイヤーキャラクターの動きにも印象的なものが多く、中には“股間蹴り”なんて卑劣なアクションも取れてしまうそう……。

[size=medium][color=DAA520]PvPやトレードスキルの要素は?[/color][/size]
ローンチの段階では、PvPはアリーナ上での限られた形式でのみ導入が予定されているそうです。今後、PvPサーバーの立ち上げや、専用のPvPルールセットが導入されるかどうかもまだ未定。また、トレードスキルやクラフティングの要素に関しても、残念ながらローンチ時には導入が見送りになります。

* * *


最初にお伝えしたとおり、Gods and Heroes: Rome Risingは今夏正式サービス予定で、現在[url=http://www.godsandheroes.com/]公式ウェブサイト[/url]ではクローズドベータテスターを募集中(筆者も先月に応募をしてみたのですが、まだ通知はありません)。日本から既に参加されている方もいらっしゃるかもしれませんね。そもそも国内ではまだ情報も少なく話題に上ることも少ないため、ローカライズされるかも微妙なところですが、サービス開始後に海外での反響が大きければ期待できるかも!

今年は、この[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11522]Gods and Heroes[/url]以外にも、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=detail&catid=&kindid=&itemid=101-11566]Age of Conan[/url]、Fury、Pirates of the Burning Sea、あるいは[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Tabula&kcatid=&x=0&y=0]Tabula Rasa[/url]といった楽しみな海外製MMORPGが登場します。夏休み、あるいは年末年始に、MMOで灰になるくらい遊びつくす!というゲーマーの方は、今回ご紹介した本作も一つ検討してみてはいかがでしょうか。

[size=x-small]おまけ:昨年のE3でのブースの様子。GnHのメデューサとEQのFiriona嬢とのツーショット[/size]


[size=x-small](ソース: [url=http://www.gods.tentonhammer.com/index.php?module=ContentExpress&func=display&ceid=92]Ten Ton Hammer[/url], イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/jason044/144659746/in/set-923836/]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
小隊ベースのMMORPG『Gods & Heroes』CES2007最新トレイラー
Sci-Fi MMORPG『Tabula Rasa』開発者ロングインタビュー映像
宇宙が舞台のMMORPG『EVE Online』に大規模アップデート。無料体験もOK
世界規模の登録ユーザー数で見る、海外人気MMOゲームTOP10
次第に見えてきた…大作RPG『Age of Conan』のシステム面の充実
Sony Gamers Day 2007 プレイバック☆
『Warhammer Online』ゲームプレイ映像一挙公開。人間の種族も登場

(C) 2006 Perpetual Entertainment, Inc.




《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 週末セール情報ひとまとめ『Youtubers Life』『DOOM』『Thumper』『Downwell』他

    週末セール情報ひとまとめ『Youtubers Life』『DOOM』『Thumper』『Downwell』他

  2. SFシューター『Prey』海外向けゲームプレイ―8分の孤独なサバイバル

    SFシューター『Prey』海外向けゲームプレイ―8分の孤独なサバイバル

  3. Steam人気上位の『シヴィライゼーション VI』―その魅力や遊び方を改めて開発者に訊く!

    Steam人気上位の『シヴィライゼーション VI』―その魅力や遊び方を改めて開発者に訊く!

  4. グラドル・忍野さらとガチバトル!『攻殻機動隊 S.A.C. Online』メディアキャラバンレポ

  5. ゲーミングPCブランド「ALIENWARE」 販売の旗艦店が東京の秋葉原に12月10日オープン

  6. 隣人の真顔が怖すぎホラー『Hello Neighbor』開発中ゲームプレイ!

  7. 『ウォッチドッグス2』オンライン協力/対戦を紹介する日本語解説トレイラー!

  8. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

  9. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  10. PC版『GTA 4』向けパッチが突如配信―約6年半ぶり

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top