日本のインディーシーンを引っ張る『Blast Works』長健太氏海外インタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

日本のインディーシーンを引っ張る『Blast Works』長健太氏海外インタビュー

家庭用ゲーム Wii



ダウンロード流通の急速な発展と、カジュアルゲームの世界的な大流行で、いよいよ表舞台にやってきそうな、Webで人気の秀作インディーゲーム達。[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=2808]先日お伝えした[/url]、日本のTUMIKI FightersがWii用市販ソフトになったMajescoの海外タイトル[b]Blast Works: Build, Fuse & Destroy[/b]も、順調に今秋の発売が見えてきたみたい。

海外サイトの[url=http://www.siliconera.com/2007/07/20/kenta-cho-on-blast-works-and-digital-development/]Siliconera[/url]では、オリジナルの作者で日本の同人シューティングの第一人者として海外でも知られる[url=http://www.asahi-net.or.jp/~cs8k-cyu/]ABA Games[/url]こと長 健太氏に、電子メールでインタビューを試みました。今回はE3で公開された、Wii版の新しいスクリーンショットとあわせてその全文をどうぞ。



***** ***** *****



[b]Siliconera[/b]: まずはMajescoとの関係が無事にいって、おめでとうございます。ご自分の作品がメジャーになるというのはどんな風にお感じですか?

[b]Kenta Cho[/b]: 自分のゲームがWiiで動いているところを見られたのが嬉しかったです。日本でもこれを発売してくれるといいのですが。




[b]Siliconera[/b]: 新しいWiiリモコン、格納庫システムや機体エディタといったTUMIKI Fightersへの追加要素については、どうお考えですか?

[b]Kenta Cho[/b]: Wii版の追加要素には本当に興味があります。オリジナルのTUMIKI Fightersは、とてもシンプルなシューティングでしたから、フルバージョンのゲームとして新要素の追加は必要なことです。格納庫やエディタといったものの詳細を私は知りませんが、とても面白そうな感じがします。自分が唯一気がかりなのは、これらの要素を付け加えることでプレイが複雑になり過ぎないかということで、私はシンプルで直感的なゲームが好きなんです。



[b]Siliconera[/b]: [url=http://www.asahi-net.or.jp/~cs8k-cyu/bulletml/]弾幕パターンを作る[/url]ことでも有名でいらっしゃいますが、Wii用のBlast WorksはTUMIKI Fightersで作られたものを利用しているのですか?

[b]Kenta Cho[/b]: TUMIKI Fightersでは、今時の弾幕型シューティングの典型的パターンしか自分は使わなかったので、今度のBlast Worksでも同じようになるかもしれません。日本のマニアックなシューティングに慣れていない人たちにとって、いくつかの弾幕パターンは避けるのが難しすぎるということも聞いていますので、序盤のステージではもっと簡単なものが必要になるかもしれません。





[b]Siliconera[/b]: Wii WareやXbox Live Arcade、PlayStation Network用にオリジナルのゲームを開発することはお考えですか?

[b]Kenta Cho[/b]: コンソール向けゲームを開発することには興味がありますし、ただいま[url=http://www.watch.impress.co.jp/game/docs/20061219/3dxna.htm]XNA[/url]を使って少しプロトタイプを書こうとしているところです。XNAは、現代的な家庭用ゲーム開発を体験できる素晴らしい環境ですね。

[b]Siliconera[/b]: どういったデジタルプラットフォームが、ご自分にとって興味をそそられますか?

[b]Kenta Cho[/b]: Geometry Warsとか、PAC-MAN C.E.といった、コンパクトで良質なアクションゲームたくさんあるので、私はXbox Live Arcadeが好きです。まだPS3は持っていませんが、最近出てきたダウンロード流通ゲーム、Star Strike HDは気になっています。





[b]Siliconera[/b]: ご自分の全作品の中から、コンソールで次に見てみたいものは一体どれでしょう?

[b]Kenta Cho[/b]: 自分のゲームから、一つは決められません。でも、もし他のタイトルも、自分がゲーム機で遊べたら嬉しいです。

[b]Siliconera[/b]: 最後に、これまでシューティングゲームの製作に多く関わってこられて、どんなShmupsがお気に入りですか?

[b]Kenta Cho[/b]: 斑鳩とか、レイディアントシルバーガン、グラディウスVといった、[url=http://72.14.235.104/search?q=cache:A27lHRg_iKEJ:www7.tok2.com/home/bgr/creator/iuchihiroshi/iuchisakuhin.html+http://www7.tok2.com/home/bgr/creator/iuchihiroshi/iuchisakuhin.html&hl=ja&ct=clnk&cd=1&inlang=ja]井内 洋[/url]氏が手掛けた作品が私は好きです。とても革新的な要素が取り入れられていて、そういったゲームをプレイすることは自分にとって本当に新鮮な体験でした。最近出たゲームで、[url=http://www.cave.co.jp/gameonline/mushihime2/]虫姫さまふたり[/url]や[url=http://raiden.mossjp.co.jp/raiden4/arcade/]雷電IV[/url]なんかも良かったので、何度もプレイしています。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.siliconera.com/2007/07/20/kenta-cho-on-blast-works-and-digital-development/]Siliconera: "Kenta Cho on Blast Works and digital development"[/url])[/size]



 
【関連記事】
『TUMIKI Fighters』日本の有名フリーウェアがついにWiiへ世界進出!
学生発!『De Blob』人気のインディーゲームがまたまた市販ソフトに進出
フランスの学生さん達が作る不思議アドベンチャー『Capucine』公式トレイラー
WiiWare専用タイトルが早くもアナウンス『Plattchen: Twist 'n' Paint』

E3 07: 『Patapon』『echochrome』…要注目のカジュアルゲームが続々PSNとPSPに!
360°シューティング『Star Strike HD』のゲームプレイムービーが公開
『flOw』そのユニークなゲームデザインを開発元にインタビュー


『Geometry Wars: Galaxies』最新プレイ動画
『GeometryWars Retro Evolved』Steamクライアントで販売開始
『Every Extend Extra Extreme』XBLAで配信決定!他にも6タイトル発表

パンクは死なず!『No More Heroes』須田剛一氏海外ロングインタビュー
絶好調な任天堂の変わらないその哲学…手塚卓志氏海外インタビュー
前川トレジャー社長インタビュー!噂のシューティングゲームの詳細が?


その名も『WiiWare』!新作ゲームのダウンロードサービスがついに発表へ
タッチペンで命が宿る…お絵かきアクション『Drawn to Life』ゲームプレイ動画
ルミネスDS!…じゃないらしい、ちょっと微妙なパズルゲーム『Luminator DS』



(C) Majesco Entertainment Company. All Rights Reserved.








《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

    『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  2. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

    『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

  3. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

    PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  4. PS4/PC『ゴーストリコン ワイルドランズ』オープンβ開始!―Web限定実写CMも公開

  5. 『GRAVITY DAZE 2』「クロウ」が主役の大型DLCが3月21日配信、価格は無料で本編のやりこみ要素も追加

  6. 日本語版『Fallout 4 Pip-Boy エディション』開封レポート!

  7. 米任天堂、スイッチのインディータイトルに関するプレゼンテーションを実施

  8. 『Halo』シリーズ次回作からは「画面分割」を再び取り入れる―343 Industries代表

  9. Insomniac代表、『Sunset Overdrive』続編展開に意欲も「Microsoftに」

  10. スイッチ版『スカイリム』はリマスター版か否か?海外メディアがハワード氏へ直撃

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top