『Rage』ってどんなゲーム?Tim Willits氏インタビュー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Rage』ってどんなゲーム?Tim Willits氏インタビュー

家庭用ゲーム Xbox360


先日開催されたQuakeConにて発表されたid Softwareが贈る大作FPS、[b]Rage[/b]、その洗練された映像とFPSとレーシングというちょっと変わった組み合わせで沸かせる期待のタイトルです。Game InformerがクリエイティブディレクターのTim Willits氏へこのタイトルに関するインタビューを行ったようなのでその中から気になる部分を抜粋して紹介します。



***** ***** *****


[b]GameInformer(以下GI)[/b]:Macのデベロッパーズカンファレンスにて公開されたレースのフッテージを見たとき大変驚きました、そしてこれはidにとって大きな出発となります。しかし、この新たなトレイラーでは一人称の要素を示します。ゲームはどのように進むのですか?半分はレース、半分はシューターですか?レースからレースへと渡りその途中で人々を撃つのですか?

[b]Tim Willits(以下TW)[/b]:基本的に多くの異なる要素がゲームにあります。我々は既に素晴らしい一人称視点の作品を作ることが出来るということを知っています。それは簡単です。我々が本当にしたかったことはそれを吹き飛ばすことです。idのTech 5テクノロジーは我々に非常に大きな荒地を作ること、レースのトラックを作ることを可能にします。この世界は非常に大きな大きなものなのです。舞台は未来で、地球のほとんどが彗星と文明の発達によって破壊されました。そしてこのとき善と悪が曖昧なものになります。あなたはそこで部外者として、宇宙からではないバックロジャースのような誰かとなってプレイします。それはRoad Warriorのような感じで、そこでは開拓移民らが社会を建て直そうとしていますが、そこには悪の政治体制があります。あなたはこの体制に立ち向かうために彼らと一緒に取り組みます。

ガレージ要素がゲームにあり、あなたはそこであなたの車両をカスタマイズすること、武器を載せたりすることが出来ます。そこはRageのガレージとなります。そして、それからあなたはRoad Rageを持ち、外へ出て車に乗り他の車両や盗賊を撃ちます。そして、もちろんidの濃く激しい一人称視点での戦闘をすることになります。非常に大きな量のアドベンチャー要素を含んでいますが、Monkey Israndのように聞こえるので私はアドベンチャーという言葉を使うことを嫌います。また、WoWのようにあなた方は考えるのでRPGという言葉も使いたくありません。荒地があり、レーストラックがあり、屋内のエリアがあります。この社会に生き残っている人々の主な楽しみはレースです。それはアルマゲドンの後にNASCARファンだけが生き残ったようなものです(笑)。

大きな焦点は楽しみです。FPSに楽しみを押し込む必要があり、ドライブ、カーコンバット、レースの楽しみを得る必要があります。我々はグランツーリスモのようにしようとはしていません。

[b]GI[/b]:ビデオの中に出てくるアジアの人は誰ですか?

[b]TW[/b]:彼は単なる物売りです。

[b]GI[/b]:特別な人ではない?

[b]TW[/b]:彼はメインキャラクターですらありませんが、それはこれらキャラクターにもこのレベルのディテールを示すということです。この人はあなたが訪れる大きな町のうちのひとつで働いています。もし、弾薬や包帯、より良い銃が必要ならば彼に話しかけ何を売っているか見てみてください。



[b]GI[/b]:ドライビングアクションとシューティングのパーセンテージはどれくらい予想しますか。

[b]TW[/b]:今言うのは本当に難しいのですが、恐らく40%がドライビング、60%がシューティングでしょう。ゲームにおいてあなたは(車両にて)どこにも行くことが出来ます。あなたがドライブをしているとそこには変わったものがあるかもしれませんし、他の全てのエリアを満たす洞穴を発見するかもしれません。あなたがレースをしているとき、サーキットにいるときは車から降りたくありません。しかし、この世界ではTech 5が、あなたが降りて誰でもどこでも撃つことができるようにします。

[b]GI[/b]:Co-opは提供されますか?

[b]TW[/b]:デスマッチタイプのマルチプレイヤーを提供するつもりです。そしてデスマッチの問題は勝つか負けるかということです。私はほとんど負ける側にいるでしょう(笑)。しかし、Co-opでは皆が勝者になることが出来ますので、このゲームではより良いCo-opを備えます。まだマルチプレイヤーについて全てが決定したわけではありませんが、どんなデスマッチタイプを入れるか大変迷っています。

[b]GI[/b]:シングルプレイヤーのストーリーの全てを協力して進めることが出来ますか?

[b]TW[/b]:考えてください、そこには問題があります。20時間以上ありますのでLiveやPS3ネットワークにてあなたは全てを一緒に誰かとプレイしたくはないでしょう。止めたり、始めたりする時間は異なります、なのでWoWのCo-opのような感じにしたいです。あなたはどこにでも行くことができ、一緒にミッションをすることが出来ます。ある人には、あなたが彼を助けるためにする必要のあるミッションがあるかもしれません。

[b]GI[/b]:John Carmackはゲームが60hzで動作すると話しました。それはゲーマーにとってどういうことを意味しますか?

[b]TW[/b]:30でテストをした場合、30はほとんどのゲームにとってなめらかです。しかし、レーシング要素、ドライビング要素がある場合、本当に60でのインプットが必要となります。

[b]GI[/b]:Johnはマリオカートファンである話していましたが、人々がサーバー上でレースをすることは可能ですか?

[b]TW[/b]:はい、それは我々のゴールのうちの一つです。ちょっとCo-opについて戻ってください。誰かを見つけてミッションを行ってください。Johnはマリオカートの大ファンでアーケードレーシングが大好きです。あるレースではレース終了までに3つの車を撃破しなければならないこともあるかもしれません。ダメージを受けないようにし、あなたを狙って撃っている人たちに気を付けてください。ゲームの素晴らしいところはテクノロジーがそれを可能とするところです。レーストラックを走るNPCを配置したい、彼らを走らせる必要がないならば我々はそうすることが出来ます。リッジレーサーでは出来ません。私はアーケードなものにしたいです。それは少しばかげたものであるとしても、それは楽しく、この宇宙がそうすることを許します。レーストラックにあるたくさんの樽に火をつけて、そして変貌した樽の周りを走ります。そのようなクレイジーなことをすることも許します。重要なことのうちの一つは皆さんが新たなゲームをプレイしたときに楽しいと言って欲しいということです。

[b]GI[/b]:idが通常行っていることと異なることは何ですか?

[b]TW[/b]:我々の誰もがドライビングゲームを作ったことが無かったのでコンセプトの最初の吟味はドライビングでした。全てのゲームジャンルにおいてデザインすることは難しいものです。RTSを作る人たちは決してFPSが簡単と言ってはいけません。我々はレーシングゲームを作る人から学びました。簡単ではありません。難しいです。それらのタイプのことをするのは挑戦であり、すこし怖いです。ご存知の通り、最近では予算が大きく、これに多大なお金を費やしています。我々は独立した会社で、全く新しいIPと我々がこれまでにやってこなかったことです。これら全てのタイプを混ぜ合わせ、あなたは不安になります。しかし、我々には素晴らしい人々のグループがあり、ふさわしい人々が揃っていると信じています。そして彼らはゴールを達成するために専念します。それが我々のチームです。



[b]GI[/b]:このテクノロジーは全てのプラットフォームを行き来することを可能とし、あなた達はクロスプラットフォームプレイを導入しようとしていますか?

[b]TW[/b]:多くは我々の制御外にあります。我々はどれくらいのことをVista Liveでしたいか決めていませんが、あることはVista-360で出来ます。PS3の人たちとXboxの人たちが同じ世界で楽しめればそれは素晴らしいことです。しかし、それは完全に我々の制御外です。ですから現実的に、おそらくあなたの持つシステムを持つ人々と一緒にプレイすることが出来るだけでしょう。
[size=x-small](ソース、イメージ: [url=http://www.gameinformer.com/News/Story/200708/N07.0807.1801.58012.htm?Page=1]GameInformer[/url]、イメージ2: [url=http://www.joystiq.com/photos/quakecon-2007-keynote/338442/]Joystiq[/url])[/size]

【関連記事】
新エンジン搭載、id Softwareが『RAGE』を発表!初公開トレイラー
これが20GBのテクスチャーパワー!?John CarmackのTech 5発表会動画
今度はレースゲームなの!?『Doom 3』以来の最新エンジンがついにプレビュー
Doomでも、Quakeでもない!John Carmackは、ただいま完全新作を開発中!
John Carmack次世代機を語る。idからは再び任天堂向けタイトルも?
海外ゲームプレビュー 『Enemy Territory :Quake Wars』ベータ版をプレイ

(C)id Software Inc. All rights reserved.
《kirin》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

    『LET IT DIE』待望の新装備登場! 期間限定イベントや日本版エネミー声優も

  2. 墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

    墓場に潜む怪情報…『ウォッチドッグス2』新アップデートで浮上した謎のウワサ

  3. PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

    PS4『バットマン: リターン・トゥ・アーカム』プレイレポ―美麗になったヴィランたちを再び倒してきた

  4. 戦隊ヒーローSRPG『Chroma Squad』海外PS4/XB1版の発売時期決定―PS Vita版はキャンセル

  5. PS4版『ARK: Survival Evolved』海外ローンチ映像!壮大サバイバルがPS4で開幕

  6. 『ショベルナイト』DLC「Specter of Torment」完成、今度の主役は「Specter Knight」!

  7. 『ニーア オートマタ』お蔵入りだった“TVCM無規制版”が公開─まさに「命もないのに殺し合う」シーンを収録

  8. 『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』全米脚本家組合賞ゲーム部門を受賞

  9. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  10. 巨躯との熱戦も!『Horizon Zero Dawn』海外ゲームプレイ集

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top