海外レビューハイスコア『Brain Age 2(もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング)』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア『Brain Age 2(もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング)』

携帯ゲーム DS



●[b]Game Informer: [size=medium]8.3[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Brain Age 2は他のゲームが欠いている単純さと洗練、楽しみの混合をゲームに引き戻します。増加したチャレンジは、前作で脳年齢を20才にキープしてきたハードコアなファンには歓迎すべきことです。

●[b]GameSpy: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―多くの点で、Brain Ageは理想的なビデオゲームの入り口(gateway drug)となった。誰でも容易に手に取ることができて、特別な身体能力や経験を必要としない。脳年齢を毎日計測するという継続的報酬を特徴としている。

●[b]IGN: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―数独を除いては、この続編でのトレーニングは全て新鮮。前作をあなたが死ぬほどプレイしていたとしても、ここにはより多くの巧緻なチャレンジが待っており、昨年のシリーズ初作品以上に楽しく、そして惹きつけられる。

●[b]GameDaily: [size=medium]8.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―音声、タッチスクリーンのいい加減な認識に我々は頭を抱えます。しかし我々は、私達をより賢くしてくれる任天堂のこのシリーズを買ってしまいます。Brain Ageはもう一度チャンスを与えられるでしょう。

●[b]GameSpot: [size=medium]7.0[/size][/b]/[size=x-small]10[/size]
―Brain Age 2は、前作と同じフォーマットとプレゼンテーションで、より軽快でユニークなものを提供してくれる。数独はグレイトで、クリーンなインターフェイスやマルチプレイヤーオプションも良い。ただ、音声とタッチペンの手書き認識はまだ少し不確実。


* * *


北米で8月20日に発売された[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Brain+Age+2&kcatid=&x=54&y=18]Brain Age 2: More Training In Minutes A Day[/url]。170万本のスマッシュヒットとなった前作と比較するレビューが多く、その正当進化は概ね肯定的に受け入れられているようです。日本版の『もっと脳を鍛える大人のDSトレーニング』と同様に、音声認識やタッチペンでの文字認識に若干の不満があるようですが、任天堂タイトルならではの良心的でわかりやすいインターフェイスや、増加したトレーニングの種類についての評価が高いですね。そもそも通常のゲームと同じ目線で評価できないタイトルでこの水準のレビューが並ぶのはゲーム周りがユーザーフレンドリーに作られていればこそ。

それにしてもアメリカでは[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&csearchopt=1&citemname=&cartname=&cdirname=&ccatid=19&ckindid=&cgenreid=0&cseriesid=0&cmakerid=0&ccomment=&cword=sudoku&x=67&y=10]Sudoku[/url](数独)が流行っています。脳トレだけじゃなく、数独のゲームは向こうには数え切れないほどたくさんあります……。日本の脳トレで満足できない方は、英語も学べて数独もできるこちらのBrain Age 2で"20才"にチャレンジしてみては如何でしょうか?

【関連記事】
イギリスで二コール・キッドマンが任天堂のイメージキャラクターに
ギリシャで脳を鍛えるセクシーナース登場!
北米 Weeklyソフト&ハード売り上げランキング (25th August 07)

(c)Nintendo





《Kako》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 任天堂、3DS後継機を検討中

    任天堂、3DS後継機を検討中

  2. 女の子に刺青を彫り、抗争で23区を制覇せよ!尖ったSLG『刺青の国』プレイレポ

    女の子に刺青を彫り、抗争で23区を制覇せよ!尖ったSLG『刺青の国』プレイレポ

  3. 【特集】刺青の次はJKホラー!新作『CREEPING TERROR』に見た日活インディー魂

    【特集】刺青の次はJKホラー!新作『CREEPING TERROR』に見た日活インディー魂

  4. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  5. PS Vita『KILLZONE: MERCENARY』にボットゾーンモードを追加する新DLCの国内配信が開始

  6. 日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

  7. Wi-Fi対応の完全新作 『Gauntlet』 AtariのアーケードクラシックがDSで復活

  8. PS3ソフトが楽しめるゲームサービス「PS Now」、PS Vitaなどへの提供が終了に

  9. PS Vita版『Borderlands 2』のクロスセーブ機能がアップデート、PS3版とのセーブデータ転送が可能に

  10. 『ガンヴォルト爪』と『ショベルナイト』がコラボ!amiiboをタッチすると強敵として登場

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top