ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外カバーアート 『地獄極楽丸』

家庭用ゲーム PlayStation 2

FC時代のほぼ全盛期、そして少しずつ「次のハード」の話題が出始めてきた頃、この[b]地獄極楽丸[/b]は1990年12月下旬に発売されました。一部のマニアのみに受けたパッケージアートは、海外で「変」な解釈をされつつもジャパニーズゲームの1つとなったのです。でも設定も「変」です……。


国内版のパッケージアートはこちら。



キャラクター自体、まさしく歌舞伎の赤獅子を模したものとなっています。右に主人公のボビー矢野(極楽丸という名前ではありません!)のバストショット、左に彼の全身像を配置し、デザインとしてはなかなかのもの。キャラクターの絵面が天外○境のオ○チ丸にそっくりですが、関係はありません。

そして北米版のパッケージアート(Kabuki Quantum Fighter)がこちらです。



国内版とは別に、バストショットが左へ移動。そして歌舞伎の特徴でもある隈取りを、ささやかながら施されています。まだこれは良いのですが(?)、やたらとリアル感あふれる絵面は、強い存在感を嫌と言うほど出しております……。但し、右のゲームプレイイメージを見たところ、怪獣に投げられている(?!)など、何だか歌舞伎スタイルのキャラクターアクションとは似ても似つかぬ、ヘタレっぷり。本当に大丈夫?!

このゲームですが、前述のように[b]歌舞伎世界を何とか救おう[/b]などといったものでもなく、そして歌舞伎スタイルなのはほとんど取って付けたような感じの設定です。ストーリーを軽くご紹介しますと……。



都市の機能をコンピュータに制御され、そのコンピュータにアクセス出来なくなり、対策としてサイ・コンピュータと呼ばれる人間の意識を使うことでホストに侵入する実験体として、主人公のボビー矢野が選任される。彼の祖先は地獄・極楽丸と呼ばれていた。


・・という感じです。祖先がどういうことで活躍したのか、ゲームの中で末裔のボビーを助けるのかは[b]まったく無くて関係なし[/b]だそうです……。この点だけでも或る意味、素晴らしいかも知れません。彼の攻撃も髪によるものが1つだけありますが歌舞伎的なものはこれだけしかなく、あとはエネルギー砲、分裂砲、ボムやミサイルです。彼のアクションはボビージャンプ。ここまでタイトルと関係ないゲーム内容も、非常に珍しいのではないでしょうか?ちなみに制作はヒューマン・エンターテイメント(国内発売はパック・イン・ビデオ、北米はHAL Entertainment)。当時ならではの奇妙なセンス大爆発のタイトルです。
[size=x-small](ソース: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Kabuki_Quantum_Fighter]ウィキペディア(北米版)[/url])[/size]

【関連記事】
本日の一枚『J-CoolなThe Darknessコミックカバー』
全然違ウ!海外カバーアート『スプラッターハウス』
『実戦パチスロ・パチンコ必勝法!北斗の拳 Wii』が海外で絶賛されている

(C)Human Entertainment All Rights Reserved.
《Taka》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『グランツーリスモSPORT』のフォトモードでは車内も撮影可能!―魅惑のスクリーンショット披露

    『グランツーリスモSPORT』のフォトモードでは車内も撮影可能!―魅惑のスクリーンショット披露

  2. PS4『ラチェット&クランクTHE GAME』国内向け限定版詳細!映画BDは限定版のみに

    PS4『ラチェット&クランクTHE GAME』国内向け限定版詳細!映画BDは限定版のみに

  3. 海外Xbox One版『Gears of War 4』購入者にシリーズ過去作を無料配布

    海外Xbox One版『Gears of War 4』購入者にシリーズ過去作を無料配布

  4. 海外PS4版『Fallout 4』Mod対応ベータが延期

  5. 「Xbox Eliteワイヤレスコントローラー」生産数が100万突破

  6. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  7. 『バイオハザード7 レジデントイービル』発売日や対応機種は?現時点の情報まとめ

  8. 『Uncharted 4』第1弾DLC海外トレイラー、最新アップデート情報も!

  9. 【特集】日本上陸!『ウォーキング・デッド シーズン 2』をプレイする前に知っておくべき10の事柄

  10. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

アクセスランキングをもっと見る

page top