ハードコアゲーマーのためのWebメディア

とうとう実現!あの『大神』がWiiで登場へ…

家庭用ゲーム Wii




個性的なテーマとそれを体現したアートワークが、海外でも一際高く評価された旧クローバースタジオの野心作、[url=http://www3.capcom.co.jp/o-kami/main.html]大神[/url]。カプコンのプライベートショーを前にしてここ数日またも噂に上っていましたが、どうやら本当にWiiを舞台に復活するようです。今日になって、海外の大手サイトが続々と報じ始めています。




大神がWiiにやってくるという長年の噂を、カプコンはついに認めました。ゲームは2008年の春、私達の前に姿を現すと、今週ロンドンのイベントにて明らかにします。

ゲームはまた、Wiiリモコンの持つコントローラの可能性をとてもうまく引き出します。アマテラスの「筆しらべ」はWiiリモコンにうってつけで、そのことを証明するばかりか、戦闘シーンではいくつかの"モーションコントロールによる直感的な攻撃"を含むことでしょう。


現在も、国内外の開発者からさまざまな面で話題に取り上げられることの多い大神。開発が難航した当時は、発売が何度も大きく延期された末に、日本でも海外でも既にPS2のゲームがあまり盛り上がらない時期のリリースになってしまいましたが、これ任天堂プラットフォームでの再登場はゲーム的にもなかなか相性が良さそう。今度こそ、本来の幅広いファンを捉まえて欲しいところです。



[size=x-small]復活を祝して、海外ファンによる大神のステキコスプレ集その1[/size]










[size=x-small]……コ、コスプレ?[/size]



***** ***** *****



ちなみに、国内でもあまり大きなニュースとして取り上げられませんでしたが、オリジナルを手がけていた旧クローバースタジオの主なスタッフ達は、今春の独立後スタジオの組織を改め、同じカプコンの流れを汲む開発会社ODDと合併、今月から[url=http://www.platinumgames.co.jp/main/index.html]プラチナゲームズ[/url]と改称されています。

これ少々唐突に、彼らのホームページで新社名が予告された当初は、あまりにストレートすぎて、海外でもちょっと微妙なネーミングと[url=http://www.destructoid.com/seeds-officially-changes-their-name-to-platinum-games-46957.phtml]残念がる声が[/url]、ファンから聞かれていたりもしたのですが、新社長に就任した三並氏曰く、「プラチナには劣化することなくその品質を保つことができるという意味が込められています。ユーザーを裏切らない高いクオリティを保った作品・商品を供給していく決意と熱意の表れです」とのお言葉。サイトの方では今現在も人材募集が続いていますが、こちらの本家にもなにより早く、またユニークなオリジナル作品を発表して欲しいですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.eurogamer.net/article.php?article_id=85578]EuroGamer: "Okami confirmed for Wii"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/megadem/881756783/]Flickr[/url])[/size]

 
[size=x-small]Capcom Gamer's Dayでのプレゼンテーション映像[/size]


※[b]Update[/b]: さっそく[url=http://wii.ign.com/articles/828/828620p1.html]IGN[/url]のインタビューで明らかになったところによると、結局今回のポートに白羽の矢が立ったのは、意外にも海外の独立デベロッパー。元Naughty Dogなどのメンバーで設立され、PSP版God of Warなども開発中のスタジオReady at Dawnで、同社長の話によると、コントロール以外については、PS2版のかなり忠実な移植になるそうです。インタビューでは、オリジナルにかなりのリスペクトを持って臨んでいることを何度も語っています。

 
【関連記事】
『ストリートファイターIV』が発表!UKのイベントから突然のレポート
『Wii Fit』 スマブラ、そしてWiiウェア!話題の任天堂カンファレンス動画ラッシュ
『大神』が、Wiiでリリースされるかも?という噂が話題に


クローバーは種に還る…新会社『SEEDS』誕生が海外でも話題に
泳ぎ続ける魚のように……あのBungieがMicrosoftから自社組織に独立宣言
寝ても覚めてもゲーム作り!『God of War』のDavid Jaffe氏がスタジオを設立

GDC 07会場にて今年のGame Developers Choice Awardsが発表!
Gamasutraによる、2006年の最も重要なゲームが発表
今年を振り返る:2006年の埋もれてしまった最優秀ゲームとは!?


『Resistance』や『大神』に挑戦する、71歳ゲーマーお婆ちゃんあらわる
キモカワ?エロカッコイイ?またまたハイクォリティーな海外ファンアート
本日の一枚 『ワンちゃんがコスプレ!大神のアマテラス』


(C) CloverStudio Co., Ltd. All Rights Reserved.
DISTRIBUTED BY CAPCOM CO., LTD. (C) PlatinumGames Inc. All rights reserved.



 



 
《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バトルフィールド 1』OBTではPS4ユーザーのPS Plus登録は不要

    『バトルフィールド 1』OBTではPS4ユーザーのPS Plus登録は不要

  2. 各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

    各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

  3. F1のレースの魅力をギュっと凝縮!『F1 2016』最新トレイラー

    F1のレースの魅力をギュっと凝縮!『F1 2016』最新トレイラー

  4. 破壊系レーシング『Wreckfest』PS4/X1版は2017年春に海外リリース

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. DLCまで全収録の『MGS V: GROUND ZEROES + THE PHANTOM PAIN』11月発売決定

  7. 『Fallout 4』最終DLC「Nuka-World」解説動画―あのパドルボールも頼れる武器に!

  8. 最新映像も!『No Man's Sky』について知っておくべき41のこと

  9. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  10. PS4『ウイイレ2017』VS『ウイイレ2016』グラフィック比較映像―両作の違いとは…

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top