40GB版PS3は発熱を抑えてより静かに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

40GB版PS3は発熱を抑えてより静かに

家庭用ゲーム PS3



日本では1周年となる11月11日に発売を予定しているPLAYSTATION 3の40GBモデル。先日、世界に先駆けて欧州地域にて発売されたこの新型PS3はご存知の通りPS2との互換性がカットされており各所で論争を引き起こしました。さて、そんな新型PS3ですが、Joystiqが伝えるところによると新たなマザーボード使用するなど内部の構成がちょっとだけ変更されているようです。



先日、Cellの製造施設を東芝へ譲渡し、SCEと東芝が新たに設立した新会社がその施設を借りる形で生産を行なうことが発表され、それと同時に現行の65nmプロセスからの45nmへの移行も発表されました。これにより更なる省電力化とコストダウンが期待されるわけですが、その前に90nmから65nmへの量産が開始されたのはこの1月。Joystiqによると今回発売された40GBモデルには、どうやらその65nmのCellプロセッサーが搭載されているようです。これにより200ワットから135ワットへ減り、発熱を抑え、より静かなモデルになっているとのこと。

従来のモデルでも特に騒音は気にならない程度でしたがそれより更に静かになっているとあれば、ゲームだけでなく映画を見たり音楽を聴いたりするために使用する際にはとても嬉しいことですね。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2007/10/30/40gb-ps3s-run-cooler-quieter-use-less-energy/]Joystiq[/url], イメージ:[url=http://www.ps3fanboy.com/]PS3 Fanboy[/url]) [/size]

【関連記事】
黄色いヤツは2倍速い…? 7200rpm/200GB HDDのPS3
PS3の新モデル?!その名も『PS3 チョコレート』!
SCE、40GBモデルのPS3を公式アナウンス 日本でも発売へ
ホリデー前にはやっぱり40GBが登場?新型PS3らしき名前がなおも浮上
《kirin》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

    『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  2. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

    『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

  3. 新作サイバーパンクACT『RUINER』のXbox One/PS4版が海外発表!

    新作サイバーパンクACT『RUINER』のXbox One/PS4版が海外発表!

  4. スイッチのローンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』など追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  5. Insomniac代表、『Sunset Overdrive』続編展開に意欲も「Microsoftに」

  6. PS4/PC『ゴーストリコン ワイルドランズ』オープンβ開始!―Web限定実写CMも公開

  7. PS4『ニーア オートマタ』DL版で不具合発生中―公式Twitterにて対処方法を公開

  8. 『Halo』シリーズ次回作からは「画面分割」を再び取り入れる―343 Industries代表

  9. 『GRAVITY DAZE 2』「クロウ」が主役の大型DLCが3月21日配信、価格は無料で本編のやりこみ要素も追加

  10. ニンテンドースイッチ発売時に「バーチャルコンソール」の販売はなし─国内向けに改めて発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top