“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

クライムアクションの大作 『Kane & Lynch: Dead Men』プレビュー

November 07, 2007(Wed) 17:15 / by Kako

11月の大作リリースラッシュの影に隠れがちなKane & Lynch: Dead Menですが、実はこちらもけっこうな大作です。ステルス系アクションの代表作であるヒットマンシリーズをてがけたIO Interactiveによる新規フランチャイズ。深く練りこまれたストーリーラインと、それに連結したCo-opスタイルのゲームプレイは、新規タイトルとしてはすでにかなりの完成度。

ケイン&リンチと、二人と手を組んだ傭兵たちによるスカッドベースのアクションが楽しめる“都会派”ゲーム。より深く楽しむために、まずはキャラクターを押さえておきましょう。

* * * * * *




Kane。本名Adam Marcus。傭兵集団、The 7の元メンバー。ミッション中に盗品を持って逃走。一時は刑務所に入るが、盗品の返還を求めるThe 7の手により脱獄。The 7は裏切りの代償として家族を人質にとる。さらわれた家族を救うためLynchと手を組む。



Lynch。妻殺しの罪で死刑を宣告されたサイコパス(薬物中毒)。Kaneと一緒に脱獄。彼は妻を殺したのは他の誰かだと信じきっている。その“誰か”に復讐するためにKaneと手を組む。

* * * * * *




いわゆる“スタイリッシュな”映画好きにはそそるキャラクター設定やプロット。映画化も決まっています。[url=http://www.kaneandlynch.com/]公式サイト[/url]のスタイリッシュさもさることながら、もうひとつの注目が、[url=http://www.peterstack7.com/]Peter Stack[/url]というとあるジャーナリストが書いているサイト。これが実はKane & Lynchのバイラルマーケティング用のサイト。ブログ仕立てのこのページには"The 7"という、ケインとリンチが対立することになる組織のことが書いてあったりハロウィンのことが書いてあったりミス・ベネズエラのことが書いてあったりと興味深い内容。一度のぞいておくといいかも。(左はThe 7のロゴ)


発売を1週間後に控え、射撃アクションを中心としたゲームプレイトレーラーが公開されていますのでこちらもチェックしておきましょう。

[size=x-small]逃走中!お互いを介抱するような絆は二人にはないようです[/size]


[size=x-small]日本庭園での“多勢に無勢”ゲームプレイ。視点はスプセル的後方視点[/size]




最後にもう一枚。庭園らしきものもあったように、マップには日本も登場するようです。PC、PLAYSTATION 3、Xbox 360で発売のKane & Lynch: Dead Men。ゲームだからこそのアウトローなクライムアクションを楽しみたい方は発売を楽しみに待ちましょう!
[size=x-small](参考: [url=http://en.wikipedia.org/wiki/Kane_%26_Lynch:_Dead_Men]Wikipedia[/url]) [/size]

【関連記事】
『Kane & Lynch: Dead Men』開発者コメンタリー&ゲームプレイムービー
『Kane & Lynch: Dead Men』最新トレイラー&ゲームプレイ映像
ミッションのワンシーン『Kane & Lynch: Dead Men』最新スクリーンショット

Kane & Lynch: Dead Menの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)2007 Eidos Interactive Ltd. Developed by IO Interactive A/S. Published by Eidos, Inc. Kane and Lynch: Dead Men, All Rights Reserved.


 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image