全然違ウ!海外版カバーアート 『スーパーワンダーボーイ・モンスターワールド』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート 『スーパーワンダーボーイ・モンスターワールド』

ゲーム文化 カルチャー


日本と海外で全く違うカバーアートを紹介するこのコーナー。本日紹介する[b]スーパーワンダーボーイ・モンスターワールド[/b]の海外版カバーアートもこれまでのように強烈なものとなっています。まずは上記の日本版を見てみましょう。主人公もモンスターもコミカルでとても可愛らしいものとなっていますね。そして下記の画像が海外版である[b]Wonder Boy in Monster Land[/b]のカバーアート。



[size=large][b]ギニャァアアアアア![/b][/size]


これは怖すぎ! 本作のゲーム画面は日本版のカバーアートに近い可愛らしい物なのに……。海外版のカバーアートはなんでこうも濃くてリアルなものが多いのだろう(笑)。
[size=x-small]※ゲーム画面[/size]


それとタイトルに"モンスターランド"と付いているのに、描かれているモンスターは蝙蝠だけですね(赤い鎧もモンスターかもしれないけど)。[b]あ、もしかしてヤバい目をして剣を振ってるのがモンスター?[/b]
[size=x-small](ソース, イメージ:[url=http://www.mobygames.com/game/sega-master-system/wonder-boy-in-monster-land/cover-art/gameCoverId,89090/]MobyGames[/url])[/size]

【関連記事】
全然違ウ!海外版カバーアート『ドラゴンボール 神龍の謎』
全然違ウ!海外版カバーアート 『零〜zero〜(Fatal Frame)』
全然違ウ!海外カバーアート 『地獄極楽丸』
全然違ウ!海外カバーアート『バブルボブルDS』
全然違ウ!海外カバーアート『アテナ&サイコソルジャー』

(c)SEGA






《RIKUSYO》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

    『オーバーウォッチ』マップ開発に痛恨のミス…ディレクターが今明かす「ドラド」誕生秘話

  2. Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

    Twitch配信者が24時間チャリティー放送中に死去、原因は「深刻な睡眠不足」か

  3. 玉ねぎ…ではない!『DARK SOULS』ジークマイヤー珠玉コスプレ

    玉ねぎ…ではない!『DARK SOULS』ジークマイヤー珠玉コスプレ

  4. 初代「Xbox」日本発売15周年!思い出深いタイトルは?

  5. 【猫の日企画】絵を描くとネコに変換してくれる画像生成AIが話題―スパくんだと?

  6. 血も涙もない世界で生きるサイドスクロールRPG『LISA』がSteam Greenlightに登場

  7. 実際にプレイ可能な手のひらサイズのアーケードマシンが海外発表!―『パックマン』など登場予定

  8. 名作FPS『Doom』を「ポルシェ911」で運転プレイする男が危険すぎる

  9. WW2時の沈没潜水艦を探すホラー『See Light』―オープンワールド採用

  10. 『Dota2』クイーン・オブ・ペインがねんどろいど化!さらにリナがfigmaに!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top