全然違ウ!海外版カバーアート 『スーパーワンダーボーイ・モンスターワールド』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート 『スーパーワンダーボーイ・モンスターワールド』

ゲーム文化 カルチャー


日本と海外で全く違うカバーアートを紹介するこのコーナー。本日紹介する[b]スーパーワンダーボーイ・モンスターワールド[/b]の海外版カバーアートもこれまでのように強烈なものとなっています。まずは上記の日本版を見てみましょう。主人公もモンスターもコミカルでとても可愛らしいものとなっていますね。そして下記の画像が海外版である[b]Wonder Boy in Monster Land[/b]のカバーアート。



[size=large][b]ギニャァアアアアア![/b][/size]


これは怖すぎ! 本作のゲーム画面は日本版のカバーアートに近い可愛らしい物なのに……。海外版のカバーアートはなんでこうも濃くてリアルなものが多いのだろう(笑)。
[size=x-small]※ゲーム画面[/size]


それとタイトルに"モンスターランド"と付いているのに、描かれているモンスターは蝙蝠だけですね(赤い鎧もモンスターかもしれないけど)。[b]あ、もしかしてヤバい目をして剣を振ってるのがモンスター?[/b]
[size=x-small](ソース, イメージ:[url=http://www.mobygames.com/game/sega-master-system/wonder-boy-in-monster-land/cover-art/gameCoverId,89090/]MobyGames[/url])[/size]

【関連記事】
全然違ウ!海外版カバーアート『ドラゴンボール 神龍の謎』
全然違ウ!海外版カバーアート 『零〜zero〜(Fatal Frame)』
全然違ウ!海外カバーアート 『地獄極楽丸』
全然違ウ!海外カバーアート『バブルボブルDS』
全然違ウ!海外カバーアート『アテナ&サイコソルジャー』

(c)SEGA






《RIKUSYO》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ハースストーン』国内初の大規模オープン大会が開催決定!賞金総額100万円

    『ハースストーン』国内初の大規模オープン大会が開催決定!賞金総額100万円

  2. 『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

    『ポケモンGO』や「君の名は。」選ばれる―第20回文化庁メデイア芸術祭受賞作品発表

  3. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

    『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  4. これは貴重! 17年前の「Half-Life Mod Expo 2000」映像発掘

  5. 『スーパーマリオ』の世界に変貌した米国バーが素敵

  6. 太陽万歳!『DARK SOULS』“ソラール”がフィギュア化、燦然と輝くLED演出も!

  7. ゲリラの人材募集映像に『Horizon Zero Dawn』のアイツが…?

  8. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  9. 農業シム『Farming Simulator 17』コンソール版Modの詳細が明らかに

  10. 戦慄ホラー『Outlast 2』がオーストラリアで発禁へ―性的暴力描写が原因か

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top