ESRBレーティングがわたしたちに教えてくれること: 各プラットフォームを比較 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ESRBレーティングがわたしたちに教えてくれること: 各プラットフォームを比較

家庭用ゲーム PlayStation 2



上記のグラフは[url=http://www.gamasutra.com/view/feature/2604/esrb_rating_distributions_and_.php?page=5]Gamasutra[/url]のESRBレーティングに関する記事から抜粋したもの。ほぼ最新のデータベースから作成したグラフ(※ゲームは次々リリースされているため、最新のデータベースから、というわけにはいかなかったようです)で、ここからうかがえるのはESRB Matureのゲームが他のコンソールに比べて圧倒的に少ないという事実です。Matureレーティングでリリースされているタイトルは以下の通り。


[b]Wii[/b]
・Splinter Cell: Double Agent
・CSI Hard Evidence
・The Godfather: Blackhand Edition
・Escape from Bug Island
・Far Cry:Vengeance
・Resident Evil Umbrella Chronicles
・Resident Evil 4 Wii Edition
・Manhunt 2
・Mortal Kombat Armageddon
・Scarface: World is Yours
・Driver: Parallel Lines

[b]Nintendo DS[/b]
・Resident Evil Deadly Silence
・Touch the Dead
・Mortal Kombat
・Dementium: The Ward



北米のESRBと日本のCEROを一概に比較することはできませんが、CERO D以上のものをピックアップするとこれがさらに顕著です。(※ESRBのMatureとAdults Only、日本でのCERO DとCERO Zは特に販売形態の点で微妙に異なり、それがローカライズの際にも影響を及ぼすこともしばしば。MatureはCERO Zほど厳しくはなく、CERO ZはAdults Onlyほど厳しくはありません(Adults Onlyは事実上の発禁に近い)。日本では通常CERO Zに該当するようなゲームも修正を加えて発売することもあり、これがさらに混乱を招きます)



[b]Wii[/b]
・NO MORE HEROES(ノー・モア・ヒーローズ)
・バイオハザード4 Wiiエディション

[b]Nintendo DS[/b]
・バイオハザード デットリーサイレンス
・高レート裏麻雀列伝 むこうぶち 〜御無礼、終了ですね〜
・DS電撃文庫 イリヤの空、UFOの夏?

[size=x-small](参考: [url=http://ja.wikipedia.org/wiki/CERO%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B017%E6%89%8D%E4%BB%A5%E4%B8%8A%E5%AF%BE%E8%B1%A1%E3%82%BD%E3%83%95%E3%83%88%E3%81%AE%E4%B8%80%E8%A6%A7]Wikipedia: CEROレーティング17才以上対象ソフトの一覧[/url])[/size]

Gamasutraによれば、WiiのMレーティングタイトルは全体の3.2%。PS3の21%、Xbox 360の17.6%と比較してかなり少ないことがわかります(※Game Cube: 7.5% / PS2: 14.8% / XBOX: 19.2%)。さらに、携帯機であるNintendo DSとGame Boy Advanceはそれぞれ1%にも満たないんだとか。

世界的にカジュアルゲームを求める傾向にあり、それにともないレーティングEveryoneやEveryone 10+(E 10+は2005年に新設)のゲームがWiiやNintendo DSといったコンソール市場の主役において増加する――そんな仮説も立てられますが、その一方で今年の主役はMatureレーティングのゲームだった、という指摘もあります。

各サイトのレビューをまとめるMetacritic。このサイトでの平均スコアで最も高いのはMatureレーティングで、かつ売上高においても他のレーティングのタイトルをおさえトップであるという事実も。関係あるようなないようなゲームとレーティング。象徴的なのは英国ビデオゲームアワードで今年のベストゲームに選ばれたのがMatureのBioShockで、6部門で賞を獲得したのがEveryoneのWiiスポーツだったということ……。

いろいろ考えてみて、ひとつだけわかるのはバイオハザードの日米での健闘ぶり。Wii、Nintendo DSの中ではその存在感が際立ちます。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamasutra.com/view/feature/2604/esrb_rating_distributions_and_.php]Gamasutra[/url], [url=http://www.esrb.org/]ESRB[/url])(イメージ: [url=http://hcf.deviantart.com/art/Resident-Evil-Outtake-preview-23350268]deviantART[/url]) [/size]


【関連記事】
「家庭用ゲーム機は大きな再考が必要だ」ジョン・ロメロ氏
ゲームも自由と自己責任…噂の『Manhunt 2』オランダ政府は発売を許可
HeartからSoulへ変更…… ドイツ独自の厳しいレーティング
海外ゲームの宿命?『Conan』 日本・海外動画の違いで見るローカライズ
90点以上は540%!アメリカにおけるレビュースコアと売り上げの関係


 


《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 一人称サイバーパンクホラー『Observer』最新ティーザー!―狂気を感じる不気味な世界…

    一人称サイバーパンクホラー『Observer』最新ティーザー!―狂気を感じる不気味な世界…

  2. PSVR向け格闘ゲーム『STEEL COMBAT』2月28日配信! 360度のフィールドで戦うロボットバトルが登場

    PSVR向け格闘ゲーム『STEEL COMBAT』2月28日配信! 360度のフィールドで戦うロボットバトルが登場

  3. PSVR専用タイトル『UNEARTHING MARS』が3月にリリース決定!パズルや探査車を操縦して火星文明の謎を解き明かせ

    PSVR専用タイトル『UNEARTHING MARS』が3月にリリース決定!パズルや探査車を操縦して火星文明の謎を解き明かせ

  4. 『Horizon Zero Dawn』海外向け新映像、シームレスに体験できるオープンワールドに迫る

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイのシーズン3終了日程が告知、2月末より次期シーズンへ

  7. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  8. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  9. 人気サンドボックス『マインクラフト』ニンテンドースイッチ版が発売決定!

  10. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top