『マリオ』『ゼルダ』『パックマン』などゲームを題材としたクリスマスツリー | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『マリオ』『ゼルダ』『パックマン』などゲームを題材としたクリスマスツリー

ゲーム文化 カルチャー

もういくつ寝るとクリスマス〜♪ ということで今回はゲームを題材としたクリスマスツリーをいくつか紹介したいと思います。どのツリーもそれぞれ特色があって面白いですね。中には凄い手の込んだツリーもありますよ!



まずは[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Legend+of+Zelda&kcatid=]ゼルダの伝説[/url]に登場するトライフォースを取り付けたツリー。ご覧の通り闇夜で光り輝いています。まるでトライフォースが浮いているようですね。なおGnatline Podcastのギャラリーにはこの光るトライフォースの[url=http://gnatline.com/g2/main.php?g2_itemId=163]制作過程が掲載されています[/url]。


次のツリーは[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Halo&kcatid=]Halo[/url]に登場するマスターチーフのヘルメットを頂点に飾りつけたツリー。ヘルメット以外はいたって普通の飾りつけなので、前述のトライフォースとは違った意味で浮いています……。


こちらのツリーは様々なゲームキャラクターを飾り付けたツリー。マリオ・リンク・ロックマン等の有名キャラクターが飾られています。ちなみにこのキャラクター達はビーズで作られているそうです。





最後のツリーは世界中で知られているゲーム、[url=http://www.gdex.co.jp/?mode=search&pattern=list&kword=Pac-Man&kcatid=]パックマン[/url]のツリー。お馴染みのゲーム画面が煌びやかな電飾によって再現されています。しかもただ光るだけでなく一部のキャラクターは動いているように見えます。


いかがでしたでしょうか。皆様もこれらの様なオリジナリティ溢れるゲームツリーを飾ってみてはどうでしょう。それとも日本人ならやはりお正月にゲーム門松を飾るべき?(笑)[size=x-small](ソース, イメージ: [b]Kotaku[/b][url=http://kotaku.com/gaming/christmas/a-halo-christmas-tree-331702.php]1[/url], [url=http://kotaku.com/gaming/the-legend-of-zelda/a-triforce-atop-the-christmas-tree-333175.php]2[/url] , [b]The Tanooki[/b][url=http://www.thetanooki.com/2007/12/07/christmas-tree-get/]1[/url],[url=http://www.thetanooki.com/2007/12/06/pac-man-tree-uses-pellets-and-ghosts-to-spread-some-holiday-cheer/]2[/url])[/size]

【関連記事】
『サンタさんがクリスマスにWiiを届けてくれる権利』がオークションに出品中
ハッピーハロウィーン!仮装の夜には、やっぱりみんなでコスプレパーティ大集合
『Call of Duty 4: Modern Warfare』ハロウィントレイラー&プチ情報
ハロウィン+ビデオゲーム=愉快なジャックランタン






《RIKUSYO》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

    『ニーア オートマタ』コラボカフェ第2期が決定!―展示の2Bドールにも大反響

  2. 登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

    登場から26年…初代『ストリートファイターII』の新コンボが発見!

  3. 誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

    誘拐少女が孤島で生き抜く『Die Young』アルファ版が配信開始

  4. アタリアーケード名作の隠し要素、40年越しに見つかる

  5. 太陽万歳!『DARK SOULS』“ソラール”がフィギュア化、燦然と輝くLED演出も!

  6. 『アサシン クリード』テレビ番組シリーズが海外で制作進行中

  7. 『オーバーウォッチ』をファンタジーRPG風に描いたら?―魅力的ファンアート!

  8. 『ウィッチャー』原作者が明かす“後悔”―「ゲームの成功を信じられなかった」

  9. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  10. これは貴重! 17年前の「Half-Life Mod Expo 2000」映像発掘

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top