ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

サンタさんも要チェック?海外でFalconチップ搭載型本体の判別方法が明らかに…

December 20, 2007(Thu) 03:30 / by Rio Tani

今年秋頃から、旧Zephyrに掏り替わって生産・出荷されているらしい65nmプロセスのFalconチップ搭載型のXbox 360本体。今日海外サイトに掲載された情報によると、このFalconチップ搭載の本体を、旧基板の本体と判別する方法が発見された模様。

Loot Ninjaという海外ニュースサイトの[url=http://loot-ninja.com/2007/12/18/how-to-spot-a-xbox-360-with-a-falcon-chip-and-why-you-should/]報告[/url]によれば、上の写真が示す通り、Xbox 360の本体外箱に記載されている消費電力の部分(※)が、“[b]175W[/b]”になっていれば、ずばり!Falconチップを搭載した新型基板の本体なんだそう。

[size=x-small]※外箱裏面の表記ではなく、箱の上部に貼られているシールの部分[/size]

新しい基板を備えたXbox 360は、発熱などの問題も軽減されると言われていることから、本体の買い替えや新規購入を検討しているユーザーにとっては一つの境界線になりそうですが、Microsoftから正式な告知はなく、ユーザーが新型と旧型を判別するには結局フタを開けて中身を見るしか方法がありませんでした。今回の判別方法がもし本当なら、Falconじゃなきゃいやだ!というユーザーには大きな助けになりそうです。

しかし、この情報は北米の本体を対象にしているため、日本の店頭で販売されているXbox 360も同様の方法で識別できるかどうかはまだ不明です。国内では、PC WatchさんでバリューパックにFalconチップが標準で搭載されている可能性が高いと[url=http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1102/xbox360.htm]検証[/url]されているので、最近バリューパックを購入した方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。尚、筆者の現在所持している(かなり末期症状の)コアシステムの外箱には203Wと記載されていました。[size=x-small](ソース: [url=http://loot-ninja.com/2007/12/18/how-to-spot-a-xbox-360-with-a-falcon-chip-and-why-you-should/]Loot Ninja: How to Spot A Xbox 360 With a Falcon Chip And Why You Should[/url])[/size]

※[b]UPDATE:[/b] 読者の方から、新しいバリューパックでも203Wと記述されているとの報告がありました。やはり国内の本体では、上記の方法でFalconチップ搭載の本体を判別することができないかもしれません。

【関連記事】
さらにシュリンク!2009年後半にXbox 360に32nmチップが搭載される?
65nm "Falcon" CPU 遂に登場!Halo 3特別版コンソールにて発見
BenHeck氏が指南 Xbox 360を分解せずに発熱対策されているかを見極める方法
Xbox 360の65nmチップは製造開始 さらなるシュリンクも予定
噂の静音?Xbox360ドライブの見分け方、歴代3モデル写真比較


 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image