“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

市販タイトルだけじゃないよ!Xbox Live アーケードTOP20

December 27, 2007(Thu) 21:30 / by Taka

Xbox 360の大きな特徴の1つとして、Xbox Live アーケードがあります。コンシューマゲーム機では本格的なデジタル配信機能ですが、今までに多数のタイトルが配信されてきました。その中で、海外サイトのレビュー点数をもとに、特に評価の良かったタイトルを1位から20位まで集めてみました。中には市販タイトル並に質の良いものもありますよ!


* * * * *




[size=large][color=669900][b]第1位:悪魔城ドラキュラ 月下の夜想曲 (評点: 8.9)[/b][/color][/size]


従来のアクション重視だったゲーム内容に、装備やアイテムを自由に選んで使えるなど、RPG要素を追加したPS1版を基本に作られている、懐かしのタイトルです。配信当初は海外オンリーとして作られたのか、バグや文字化けなどで日本ではほぼ評価できない状態でしたが、その後日本語ボイスなどすべて改訂されて再配信となりました。当時を思い起こすプレイヤーも多いのではないでしょうか?実際のところ、セガサターン版にして欲しかった、という意見が多々見受けられます。現在のキャッスルヴァニアや、悪魔城ドラキュラシリーズのシステムを作った最初の作品です。
(C)1986 2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
"Castlevania" is a registered trademark of Konami Digital Entertainment Co., Ltd. "Symphony of the Night" is a trademark of Konami Digital Entertainment Co., Ltd. Published by Konami Digital Entertainment, Inc. "Konami" is a registered trademark of KONAMI CORPORATION.




[size=large][color=669900][b]第2位:Puzzle Quest: Challenge of the Warlords (評点: 8.7)[/b][/color][/size]


内容はクエスト形式のシミュレーションのように見えますが、新しいのは戦闘などがパズルになっている点です。同じXBLAで配信されている宝石を使ったパズルのシステムそっくりで、縦横3つ以上の同色ブロックを消すと、属性としてスコアされます。その属性が一定数貯まると、魔法などの特殊技が使えるように。失敗しても、クリアできるまで戦闘にチャレンジできるシステムです。ストーリーもほどほどに良く、ゲームデザインも秀逸。ただ、日本語ローカライズされてはいるものの、ちょっと読みにくい部分もあります……。
(C)2007 Infinite Interactive Pty. Ltd. Published exclusively by D3Publisher of America, Inc. worldwide. Puzzle Quest: Challenge of the Warlords^(TM) and its associated characters and names are trademarks of Infinite Interactive Pty. Ltd. and used under license. D3Publisher and its logo are trademarks or registered trademarks of D3Publisher of America, Inc. Infinite Interactive Pty. Ltd and its logos are trademarks of Infinite Interactive Pty. Ltd. All rights reserved.



[size=large][color=669900][b]第3位:Geometry Wars: Retro Evolved (評点: 8.6)[/b][/color][/size]


初代Xboxで発売された、Project Gotham Racing 2のゲーム内で、ガレージの片隅に置かれたミニゲームをXBLA用としてリファインされたのが、このタイトルです。内容は至って簡単、左スティックで自機を動かし、右スティックを倒した方向にショットを撃ちます(連射式)。ボムも緊急回避で使えますが、高得点や実績解除を狙うなら温存するのがベスト。ステージという概念が基本的になく、難易度は上がりますが飽きるまでプレイできる点で中毒性が高いゲームです。最近は他機種やWindows用でも発売されています。
(C)Bizarre Creations All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第4位:ボンバーマンLive (評点: 8.4)[/b][/color][/size]


FC版やPCエンジン版などのオリジナルボンバーマンを基本としているのが、このボンバーマンLive。スピードアップや設置ボム増加などのアイテムの他にも、爆弾を持ったり蹴ったりなど、様々な戦術で対戦相手を翻弄できます。XBLA版オリジナルとして、Live対戦、コスチュームのカスタマイズ、ステージ追加などのダウンロードコンテンツに対応しています。必勝法としては、ステージに1個だけ出現するアイテムの赤爆弾(クラスターボム)の使い方にありそう。白熱した対戦が楽しめるゲームです。
(C)2007 Hudson Entertainment. Developed by Foundation 9 Entertainment. Published by Hudson Entertainment. "BOMBERMAN" is a registered trademark of HUDSON SOFT.



[size=large][color=669900][b]第5位:Undertow (評点: 8.4)[/b][/color][/size]


XBLAタイトルで、初めてUnreal Engine 3が採用されている、グラフィックが美しい戦略系アクションゲームです。海底基地を舞台に、エリアポイントを争奪しながら支配権を獲得していきます。マイキャラは人間だけでなく、戦闘型潜水艦などを操作して相手を倒して数を減らしていきます。自分のエリアポイントになった場所では、マイキャラのアップグレードが可能で、攻撃力と防御力が上がっていきます。駆け引きが熱い、今までにあまり見かけないタイプのゲームです。
(C)2007. Chair Entertainment Group, Undertow and Undertow^(TM) are a trademark or registered trademarks of Chair Entertainment Group, LLC.



[size=large][color=669900][b]第6位:Pac-Man Championship Edition (評点: 8.3)[/b][/color][/size]


世界中で親しまれているパックマン。最初の業務版を、XBLA用としてワイドに遊べるようにしたのが、このPac-Man Championship Editionです。基本的なドットイートのルールは変わりませんが、迷路構成や演出に特殊効果が追加されており、更にHDTV対応となっています。従来のステージという概念が取り払われ、シームレスにプレイできるように改良されています。パックマンプレイヤー、そしてファンの方にお奨めできるゲームです。
(C)Namco Bandai Games Inc. All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第7位:Prince of Persia Classic (評点: 8.2)[/b][/color][/size]


PC版などで典型的かつ伝統的なアクションゲームのPrince of Persiaを、XBLA用として大幅にバージョンアップしたのが、このPrince of Persia Classic。グラフィックは、ほぼ別のゲームと思えるほど美しくなり、ゲームバランスも改善されています。隠し通路や隠しアイテムなど、探索要素も引き継がれています。微妙なコントロールも要求され、特に待ち受ける兵士の対戦は受け流しからの攻撃が重要。思わぬところでギロチンや剣山の犠牲になってしまうこともあり、何度もプレイして覚えるのが上達のコツです。時間内にプリンセスを助け出せるかは、プレイヤーの腕次第です!
(C)2007 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved. Based on Prince of Persia(R) created by Jordan Mechner. Ubisoft and the Ubisoft logo are trademarks of Ubisoft Entertainment in the U.S. and/or other countries. Prince of Persia is a trademark of Jordan Mechner in the U.S. and/or other countries used under license by Ubisoft Entertainment. Developed by Gameloft.



[size=large][color=669900][b]第8位:UNO (評点: 8.1)[/b][/color][/size]


駆け引きが面白い、トランプに類するカードゲームのUNO。XBLA版は、Live対戦で最高4人まで遊べるようになっています。もちろん、シングルプレイもできますが、賑やかにプレイしたいならボイスチャットをしながら遊びたいものです。ルールはカード版UNOと同じ。ダウンロードコンテンツが2つ配信されており、30周年記念のカードと、Project Gotham Racing 3のカードを追加できます。また、初めてXBLAタイトルでXbox Live ビジョンに対応したタイトルです。対戦相手を見ながらプレイすることも可能(ポーカーフェイス必須?)。人気の高さは、やはり気軽に遊べる点ですね。
(C)Carbonated Games All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第9位:ソニック ザ ヘッジホッグ 2 (評点: 8.1)[/b][/color][/size]


初出であるメガドライブ版を基にした、ソニックシリーズの第2弾です。サイドビューのクラシックな2Dアクションで、今作ではソニックファミリーの一人目(一匹目?)となるテイルスが登場。初めて2人のプレイヤーでプレイできるモードが搭載され、ソニックとテイルスのレースが遊べるようになっています。シングルプレイはソニックでしかプレイできませんが、テイルスはリングに触れるとソニックのカウントとなり、敵に触れたりステージ落下しても、いつの間にか復活するという無敵ぶり。しかし、ハイスピードアクションは、まったく失われていません。これからソニックを知りたい方には、プレイして欲しいタイトルです。
(C)SEGA. All rights reserved. SEGA is registered in the U.S. Patent and Trademark Office. SEGA, the SEGA logo and Sonic The Hedgehog are either registered trademarks or trademarks of SEGA Corporation.



[size=large][color=669900][b]第10位:Catan (評点: 8.1)[/b][/color][/size]


ドイツのボードゲーム「Catan」を、XBLAとして遊びやすくした内容です。ルールはCatanを踏襲しており、グラフィックは「生きている世界」をコンセプトにリアルに仕上げられています。Live対戦は最大4人の参加可能で、ボイスチャットを使ったプレイは盛り上がること間違いなし。勝つための策略は、大方がダイスが握っているとはいえ、取引でいかに有利になるかがポイントと言えます。都市をどれだけ早く作ることができるかも、高得点を得るコツ。泥棒も使いようです。
(C)Big Huge Games, Inc. 2007. "Big Huge Games" is a registered trademark of Big Huge Games, Inc.



[size=large][color=669900][b]第11位:SwitchBall (評点: 8.1)[/b][/color][/size]


プレイヤーはマイボールを動かし、ステージに仕掛けられているトラップを「ある方法」を使ってクリアしていきます。その方法とは、「ボールの質を変える」こと。トラップの種類に応じたボールに変化させ、難関を乗り切り、ゴールを目指します。ボールの質による操作の特性があり、初めのうちは慣れずに落下してしまうことが多いのですが、何度もプレイしてそのシーンを乗り越えるためのコツやヒントが必ずあり、チェックポイントも細かく設定されています。グラフィックは、レトロな雰囲気で仕上げられていますよ。
(C)2007 Sierra Online. All rights reserved. Switchball, Sierra and the Sierra logo are registered trademarks or trademarks of Sierra Online, Inc. in the U.S. and/or other countries and are used under license. Developed by Atomic Elbow AB. AGEIA^(TM) and PhysX^(TM) are trademarks of AGEIA Technologies, Inc. and are used under license. All other trademarks are property of their respective owners.



[size=large][color=669900][b]第12位:Cloning Clyde (評点: 8.1)[/b][/color][/size]


主人公のClydeを操作し、ステージをクリアするために必要な「自分のクローン」を作って特定人数を出口まで連れて行く、というトンデモ内容です。キャラクターはとても活き活きしており、奥行きのある3D構成のステージ数は40種類にも及びます。トラップや仕掛けも豊富で、クローンに手伝ってもらわなければならないシーンも多数。どこでどういう手順で、といった順番を組み立てるのがまさに脳トレ。自分以外のキャラクターのクローンを作って活用するのも必須ですよ!
(C)NinjaBee All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第13位:DOOM (評点: 8.0)[/b][/color][/size]


今やFPSはスタンダードなゲームジャンルの位置付けとなっていますが、その先駆けとなったのがこのDOOM。原作そのもののグラフィックを採用しており、発売された1993年当時を彷彿とさせます。確かに古臭さは否めませんが、ゲーム内容はFPSの原点を如実に示しています。XBLA版はD3ハイデフ表示と5.1サラウンドに対応。3D酔いの激しい方は、プレイに注意が必要かも?
(C)id Software All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第14位:Hexic HD (評点: 7.9)[/b][/color][/size]


国内Xbox 360本体の通常版やエリートなど、ハードディスクが付いている機種に収録されているHexic HD。このゲームのタイトルを開発したのは、テトリスの作者であるアレクセイ・パジトノフ氏。発想の違いを、テトリスに続いて思い知らされるゲームです。六角形のブロックを同色3つ以上を合わせて消していくもので、カーソルの位置やブロックを回す方向によって手順が増減するのは斬新です。後に、現在配信中のHexic 2を送り出すことになった、他国でも人気のあるタイトルです。
(C)Microsoft Game Studios All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第15位:Alien Hominid HD (評点: 7.9)[/b][/color][/size]


海外版ゲームキューブやPS2で発売され、瞬く間に人気のゲームとなったAlien Hominid。XBLA版は、そのゲーム内容をハイデフ用にリファインし、難易度の調整を行ったものです。2Dサイドビューのアクションですが、キャラクターの動きやバリエーションは非常に多彩で、見ているだけでも飽きのこない作品です。但し、難易度は調整されているとはいえ、陰湿な攻撃も多数見受けられ、流れ弾でダウンしてしまう場合も。特にボス戦では、弱点や攻略パターンを体得しておかなければ、連続してダメージを受けてしまいます。辛い点はそこだけかも知れませんが。ダウンロードコンテンツもミニゲームが配信中です。
(C)The Behemoth All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第16位:Marble Blast Ultra (評点: 7.9)[/b][/color][/size]


このタイトルもボールを操作して難関をクリアしていく、というタイプのゲームです。しかし、こちらはボールを見るような3Dビューで、転がしたりジャンプしたりといったアクションは、客観的に見るものとは感触が明らかに違います。ステージの難易度も多種多様で、攻略するには手応えのあるものばかり。16ステージを回りきれるでしょうか?8人までのマルチプレイに対応しています。
(C)Garage Games All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第17位:Assault Heroes (評点: 7.9)[/b][/color][/size]


あらゆる武装ができるバギー(ですよね?)を操作し、悪の秘密組織を壊滅へと導くというアクションシューティングゲームです。キャラクターや地形はすべて3Dで構成されていますが、基本的にトップビュー視点で、ステージクリア制。雑魚敵やボスはクセのある攻撃をしてきます。また、敵の拠点支部に潜って隊員達を掃討するシーンもあり、変化に富んだゲーム内容となっています。特にボスの登場シーンは、迫力がありますよ!2006年のGame of the Yearに選ばれています。
(C)Wanako Studios All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第18位:Astropop (評点: 7.8)[/b][/color][/size]


同色を規定数合わせてブロックを消す、というタイプのゲームの中でもこのAstropopは、ちょっとだけ違います。まず、ブロックはまとまって上から迫ってきます。そして同色4つ以上のブロックを「隣合っている分だけ消していける」というルールです。これにより、大量のブロックを一気に消し、コンボを積み重ねていくことが可能。縦に同色3つまでなら掴んで移動し、積み直すこともできて、意図的にコンボの構築もできてしまいます。アイテムも面白いものばかりですよ!
(C)PopCap Games All Rights Reserved.



[size=large][color=669900][b]第19位:Carcassonne (評点: 7.8)[/b][/color][/size]


中世ヨーロッパをテーマとしている、地形のパネル(基本セットは72枚)を合わせて領地や築城、道路造りなどでスコアを競うボードゲームのXBLA版です。自分の駒をどの場所に置くかで集計得点が異なり、パネルの置き方も駆け引きの対象になります。マルチプレイは最大4人まで対応、拡張パネル12枚を収録したダウンロードコンテンツも配信中です。ちなみにこのタイトルの読み方は「カルカソンヌ」です。
(C)2007 Hans im Glu"ck Verlag-GmbH. All rights reserved. Carcassonne and the Carcassonne logo are trademarks of Hans im Glu"ck Verlags-GmbH. Published by Sierra Online, a division of Vivendi Games, Inc. Sierra and the Sierra logo are registered trademarks or trademarks of Sierra Entertainment in the U.S. and/or other countries and are used under license. All other trademarks are property of their respective owners.



[size=large][color=669900][b]第20位:Mutant Storm Reloaded (評点: 7.7)[/b][/color][/size]


ゲームシステムこそGeometry Wars: Retro Evolvedと似通っているものの、その独特でバイオな雰囲気とシューティングとしてのゲーム性は特筆するものがある、Mutant Storm Reloaded。敵を倒し続けることでスコアが倍になっていくマルチプレイヤー、マイシップの位置取りが鍵を握る攻略方法、そして段位認定によるやりこみなど、注目すべき点はいくつもあります。ストイックにプレイしたいなら、このタイトルはお奨めと言えます。
(C)PomPom All Rights Reserved.


* * * * *


一気に20本を挙げてみましたが、どれも粒選りのタイトルです。アクション系が多いのは、Xbox 360特有なのかも知れませんね。Xbox Live アーケードも容量規制が緩和され、最近は100MB超のサイズになるものも配信されています。大きいからそれだけ内容が充実している、とは必ずしも言えないのですが、まずはお試し版でプレイしてから完全版を購入するのが一番です。年末年始に「市販ソフトだけでなく、ちょっと毛色の変わったものを……」と思ったら、Xbox Live アーケードのブレードを見てみませんか?また違った体験ができるかも知れませんよ?
[size=x-small](参考: [url=http://www.metacritic.com/games/xbox360/scores/]Metacritic[/url])[/size]

【関連記事】
Xbox Live アーケード : キューエンタテインメントのこれからの展開は?
Xbox Live アーケード: 『War Angels』開発中 チマチマキャラのアクション
Xbox Live アーケード: 『Rez HD』ゲームプレイムービー5本立て
Xbox Live アーケード : 『Arkadian Warriors』&『GripShift』
Xbox Live アーケード: 『Boom Boom Rocket』日本でも配信開始!花火の音ゲー

Xbox Live アーケードの関連記事をGame*Sparkで検索!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image