『Just Cause 2』革命先導アクションが再度降臨!最新スクリーンショット | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Just Cause 2』革命先導アクションが再度降臨!最新スクリーンショット

PC Windows

熱帯の島を舞台に、GTAのような自由度とあらゆるアクションを楽しむ事ができたJust Cause。その続編である[b]Just Cause 2[/b]のプレビューが、簡単ではありますが早くも掲載されていましたので、ご紹介します。スクリーンショットも掲載されており、非常に綺麗になっています。






今作はPC、Xbox 360、そしてPS3でも発売されます。開発はAvalanche Studios、発売はEidos Interactive。海外の情報雑誌であるPSWによると、次のようにプレビューが載っていたそうです。


オリジナルであるJust Causeが展開された世界を、続編(Just Cause 2)でも引き継がれることになります。様々な探検が、この無人島にあります。それは興奮し、それはとても面白く、それは確かに「リアル」ではありませんでした。続編では有り難いことに、より大きくなり、より広くなり、より面白くなります。




ゲームのリードデザイナーであるPeter Johansson氏のコメントによると……。


私達は、Just Cause 2をより良くしながら欲しかったものとして、重要な地域を特定するというものがあります。巨大なゲームワールドの中でより良いものを利用し、スタントを強化し、戦闘を改善させ、探査に対する報酬をより多くしました。私達はこれらを実現させるのに成功しており、本当の続編を制作できたと実感しています。






主人公は、今作もCIA所属のリコ。前作では飛行機からダイブし、独裁者の住まう島で車両や飛行機、モーターボート、ヘリコプター、バイクなどを拝借(ぶんどるとも言う)しつつ、悪の組織を壊滅するのが目的という、自由度はまさしくGTAライクなものでした。それだけでなく、「いつでもどこでもパラセーリング展開」が可能で、そのトンデモシステムがゲームを良くも悪くもしているという、微妙なものがあったのは確かです。海外評価は堅調なものが多くありました。ゲームジャンル名も「革命先導アクション(日本発売時)」とされ、一応プレイしてみようか、というユーザーも多かったみたいです。

続編では、具体的にどのようなフィーチャーがあるのか、これから情報が出てくるものと思われます。発売は2008年。前作に面白さを感じた方は、注目のタイトルかも知れませんよ?
[size=x-small](ソース・イメージ: [url=http://www.n4g.com/News-96624.aspx]N4G[/url])[/size]

【関連記事】
またまたひとつ、革命の炎が燃え上がる!『Just Cause 2』 正統進化で登場
動画で見る『ゲーム中の水の表現』TOP10
Eidos、続編や新作など多数のゲームを開発中

(C)Avalanche Studios, (C)Eidos Interactive All Rights Reserved.




《Taka》

PC アクセスランキング

  1. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

    『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  2. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

    Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

  3. 『ウォッチドッグス2』オンライン協力/対戦を紹介する日本語解説トレイラー!

    『ウォッチドッグス2』オンライン協力/対戦を紹介する日本語解説トレイラー!

  4. DMMでサービス開始の『カオスサーガ』わずか26時間30分でサービス終了

  5. 隣人の真顔が怖すぎホラー『Hello Neighbor』開発中ゲームプレイ!

  6. 開発中止になった非公式『バイオ2』リメイクがオリジナル作品として復活!―その名も『Daymare: 1998』

  7. SFシューター『Prey』海外向けゲームプレイ―8分の孤独なサバイバル

  8. Saitekより新フライトスティック「X-56 Rhino」が海外で5月発売―ミススティックが追加

  9. アメコミADV『Batman - The Telltale Series』エピソード1がSteam無料配信

  10. 『バイオハザード7』遂に新クリーチャー登場!最後の短編映像シリーズ2本

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top