『Just Cause 2』革命先導アクションが再度降臨!最新スクリーンショット | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Just Cause 2』革命先導アクションが再度降臨!最新スクリーンショット

PC Windows

熱帯の島を舞台に、GTAのような自由度とあらゆるアクションを楽しむ事ができたJust Cause。その続編である[b]Just Cause 2[/b]のプレビューが、簡単ではありますが早くも掲載されていましたので、ご紹介します。スクリーンショットも掲載されており、非常に綺麗になっています。






今作はPC、Xbox 360、そしてPS3でも発売されます。開発はAvalanche Studios、発売はEidos Interactive。海外の情報雑誌であるPSWによると、次のようにプレビューが載っていたそうです。


オリジナルであるJust Causeが展開された世界を、続編(Just Cause 2)でも引き継がれることになります。様々な探検が、この無人島にあります。それは興奮し、それはとても面白く、それは確かに「リアル」ではありませんでした。続編では有り難いことに、より大きくなり、より広くなり、より面白くなります。




ゲームのリードデザイナーであるPeter Johansson氏のコメントによると……。


私達は、Just Cause 2をより良くしながら欲しかったものとして、重要な地域を特定するというものがあります。巨大なゲームワールドの中でより良いものを利用し、スタントを強化し、戦闘を改善させ、探査に対する報酬をより多くしました。私達はこれらを実現させるのに成功しており、本当の続編を制作できたと実感しています。






主人公は、今作もCIA所属のリコ。前作では飛行機からダイブし、独裁者の住まう島で車両や飛行機、モーターボート、ヘリコプター、バイクなどを拝借(ぶんどるとも言う)しつつ、悪の組織を壊滅するのが目的という、自由度はまさしくGTAライクなものでした。それだけでなく、「いつでもどこでもパラセーリング展開」が可能で、そのトンデモシステムがゲームを良くも悪くもしているという、微妙なものがあったのは確かです。海外評価は堅調なものが多くありました。ゲームジャンル名も「革命先導アクション(日本発売時)」とされ、一応プレイしてみようか、というユーザーも多かったみたいです。

続編では、具体的にどのようなフィーチャーがあるのか、これから情報が出てくるものと思われます。発売は2008年。前作に面白さを感じた方は、注目のタイトルかも知れませんよ?
[size=x-small](ソース・イメージ: [url=http://www.n4g.com/News-96624.aspx]N4G[/url])[/size]

【関連記事】
またまたひとつ、革命の炎が燃え上がる!『Just Cause 2』 正統進化で登場
動画で見る『ゲーム中の水の表現』TOP10
Eidos、続編や新作など多数のゲームを開発中

(C)Avalanche Studios, (C)Eidos Interactive All Rights Reserved.




《Taka》

PC アクセスランキング

  1. PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

    PC版『ウィッチャー 3』人気ライティングMod最新映像―吸い込まれそうなほど青い空…

  2. 美少女RPG『クリミナルガールズ』Steam版に表現規制―「規制解除Mod」制作に公式許可

    美少女RPG『クリミナルガールズ』Steam版に表現規制―「規制解除Mod」制作に公式許可

  3. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

    『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  4. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  5. 日本風ロボットSLG『DUAL GEAR』indiegogoの新たなキャンペーン始動

  6. 『Dragon Age II』DLC「The Exalted March」開発中止の真相

  7. 『オーバーウォッチ』限定スペシャルボックスが抽選で100名に当たる!国内プロチームのスペシャルマッチも放送決定

  8. パンデミック対策ストラテジー『Quarantine』発表―拡大する病から世界を守れ!

  9. 【特集】『Steamでプレイすべきシューティングゲーム』10選

  10. お喋り電子ペットホラー『Tattletail』がSteam配信!―1998年クリスマスの恐怖…

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top