ハードコアゲーマーのためのWebメディア

修理から戻ってきたXbox 360、大量のコンテンツが機能不全に陥り解決不可に

家庭用ゲーム Xbox360



Consumeristというサイトの読者のひとりが体験した事例をご紹介します。

Consumeristの読者のひとり、Kevin氏はXbox 360が(本体故障を示す)レッドリングに陥り、修理に出しました。戻ってくるとシリアルナンバーの異なる本体だということが判明。さらに、DRM(デジタルコンテンツの制御技術)が壊れており、Kevin氏がXbox Liveを通じ大量に購入したコンテンツが十分に機能しなくなったというおまけがついてきました。


彼はMicrosoftに電話で問い合わせ、Microsoft側は1時間にも渡り機能を復旧させる方法を提案しましたが全て駄目。Microsoft側は2週間後に電話すると言ってそこで一度話は終わります。2週間たっても電話がかかってこないのでKevin氏は再び電話。そのとき、Microsoft側は一度目の電話と同じ方法を試させましたがやはり駄目。再び2週間後に電話するといってサポートは再び中断。このサイクルがさらに2回繰り返され、11月に修理に出してからなんと1月の中旬にまで至りました。

最終的に、Kevin氏がいつ解決できるかを問い合わせたところ、Microsoft側は「うまくいけば2008年のいつか」と答えたそうです。そして今、Microsoft側からの電話で、「解決のためにできることはなにもなかった」という事実が打ち明けられたよう。結局Kevin氏のコンテンツがどうなったのか、そこまでは伝えられていません。
[size=x-small](ソース: [url=http://consumerist.com/355519/microsoft-has-no-answer-for-their-broken-xbox-live-drm]Consumerist: Microsoft Has No Answer For Their Broken XBOX Live DRM[/url]) (イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/makavaile/727526621/]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
RRoD Fix!壊れちゃったXbox 360を自力で修理する詳細動画
修理から戻ってきたXbox 360に搭載 さらにビッグになったヒートシンク
さらにシュリンク!2009年後半にXbox 360に32nmチップが搭載される?

逝っちゃったPS3に点る死の黄色いライト『Yellow Lights of Death』
埃でPS3本体が故障 → SCEAサポート「神の仕業」に当たるとして保証の対象外


 






《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『バイオハザード7』の一部ディテールが海外レーティング審査機関に記載―ストーリーにも言及

    『バイオハザード7』の一部ディテールが海外レーティング審査機関に記載―ストーリーにも言及

  2. PS4『ウイイレ2017』VS『ウイイレ2016』グラフィック比較映像―両作の違いとは…

    PS4『ウイイレ2017』VS『ウイイレ2016』グラフィック比較映像―両作の違いとは…

  3. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  4. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  5. 【GC 2016】DCスーパーヒーロー達の熱い激突再び!『Injustice 2』ハンズオン体験レポ

  6. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  7. 最新映像も!『No Man's Sky』について知っておくべき41のこと

  8. 『トゥモロー チルドレン』国内向けメイキング映像―京都にスタジオを置いた理由とは

  9. 【GC 2016】新作『METAL GEAR SURVIVE』が発表!―ゾンビのような敵と戦う4人ステルスCo-op

  10. 【GC 2016】ニューボルドーを黒く塗りつぶせ!『マフィアIII』ハンズオフデモプレイに参加

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top