ハードコアゲーマーのためのWebメディア

修理から戻ってきたXbox 360、大量のコンテンツが機能不全に陥り解決不可に

家庭用ゲーム Xbox360



Consumeristというサイトの読者のひとりが体験した事例をご紹介します。

Consumeristの読者のひとり、Kevin氏はXbox 360が(本体故障を示す)レッドリングに陥り、修理に出しました。戻ってくるとシリアルナンバーの異なる本体だということが判明。さらに、DRM(デジタルコンテンツの制御技術)が壊れており、Kevin氏がXbox Liveを通じ大量に購入したコンテンツが十分に機能しなくなったというおまけがついてきました。


彼はMicrosoftに電話で問い合わせ、Microsoft側は1時間にも渡り機能を復旧させる方法を提案しましたが全て駄目。Microsoft側は2週間後に電話すると言ってそこで一度話は終わります。2週間たっても電話がかかってこないのでKevin氏は再び電話。そのとき、Microsoft側は一度目の電話と同じ方法を試させましたがやはり駄目。再び2週間後に電話するといってサポートは再び中断。このサイクルがさらに2回繰り返され、11月に修理に出してからなんと1月の中旬にまで至りました。

最終的に、Kevin氏がいつ解決できるかを問い合わせたところ、Microsoft側は「うまくいけば2008年のいつか」と答えたそうです。そして今、Microsoft側からの電話で、「解決のためにできることはなにもなかった」という事実が打ち明けられたよう。結局Kevin氏のコンテンツがどうなったのか、そこまでは伝えられていません。
[size=x-small](ソース: [url=http://consumerist.com/355519/microsoft-has-no-answer-for-their-broken-xbox-live-drm]Consumerist: Microsoft Has No Answer For Their Broken XBOX Live DRM[/url]) (イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/makavaile/727526621/]Flickr[/url])[/size]

【関連記事】
RRoD Fix!壊れちゃったXbox 360を自力で修理する詳細動画
修理から戻ってきたXbox 360に搭載 さらにビッグになったヒートシンク
さらにシュリンク!2009年後半にXbox 360に32nmチップが搭載される?

逝っちゃったPS3に点る死の黄色いライト『Yellow Lights of Death』
埃でPS3本体が故障 → SCEAサポート「神の仕業」に当たるとして保証の対象外


 






《Kako》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』日本語版の発売決定!全追加DLC収録でVR対応コンテンツも

    PS4『ライズ オブ ザ トゥームレイダー』日本語版の発売決定!全追加DLC収録でVR対応コンテンツも

  2. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイの「Top 500」システムが稼働!

    『オーバーウォッチ』ライバル・プレイの「Top 500」システムが稼働!

  3. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  4. 『Metal Gear Solid 5 Definitive Edition』なるPS4タイトルがゲーム販売サイトに出現

  5. Xbox One S本体の開封映像到着―4K出力はアップデートで対応?

  6. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  7. 『INSIDE』序盤30分ゲームプレイ映像!『Limbo』開発元の新作

  8. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  9. 『Titanfall 2』の専用サーバー技術でRespawnとMultiplayが提携―「全く新しいシステム」

  10. 最新映像も!『No Man's Sky』について知っておくべき41のこと

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top