“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

2010年にはマイクロソフトと任天堂の新ハードが登場?−海外アナリストが予想

February 16, 2008(Sat) 19:10 / by Rio Tani

一世代前のPS2がまだ現役だったりすることから、いまだに“次世代”と呼ばれ続けているXbox 360やPS3などの新型ゲーム機。[url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0%E6%A9%9F#.E7.AC.AC7.E4.B8.96.E4.BB.A3.EF.BC.882000.E5.B9.B4.E4.BB.A3.E4.B8.AD.E7.9B.A4.EF.BD.9E.EF.BC.89]第7世代[/url]と呼ばれることもあるこれらのサイクルが、いずれ“現行機”と認識される前に、早くも“[b]次・次世代機[/b]”が登場するのだと海外アナリストが予測しています。

Pacific Crest SecuritiesのアナリストEvan Wilson氏は次のように語っています。

“ゲーム業界の売上ピークは2010年に実現すると信じています。その年に任天堂は新しいゲーム機を発売する可能性が高く、マイクロソフトも新型のゲーム機を発表することになるでしょう。

さらに、2010年はニンテンドーDSとPSPのライフサイクルが終わる年にもなりそうです”


この予測通り、Wii、Xbox 360、DS、PSPと今最も元気なハード達が、およそ二年後にはライフサイクルを終えて後継機や新型機へと移行していけば、2010年のゲーム業界はがらりと様相を変えることになりそうです。Wilson氏はプレイステーションに関しては言及していないため、PS3の後継機はXboxやWiiのそれよりも1年以上後になると予想しているのかもしれません。

予想が当たるかどうかはさておき、ゲーム機が次の世代へと進化するにあたって、本体価格や性能はもちろん、旧ハードとの互換性、ゲームソフトやコンテンツ販売モデルといった面で、ユーザーが本当に求める形で実現することができるのかも期待して見守りたいですね。[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2008/02/14/analyst-next-next-gen-coming-in-2010/]Joystiq[/url])[/size]

【関連記事】
Xbox 360の故障率は16.4% 保証サービス会社の統計結果より
日本の次世代ゲーム開発現場は海外に大きな遅れ?コナミの山岡氏が苦言
東芝が新しいXboxデバイスをMicrosoftと開発中?
『ニンテンドーDS Lite』の新色、コバルトブルー/ブラックが公式発表
新型のPS3がこの秋にも?海外で噂されるスリムでセクシーな薄型本体…
これは欲しい!新型ニンテンドーDS LiteのファンメイドCM
PSPも負けていられない!? ファン考案の新デザイン
Wiiリモコン以上のリアルを目指すMutus社製 『Darwin(ダーウィン)』
Xbox 360のアドオンとしてBlu-rayも視野に - Jeff Bell氏







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image