海外レビューハイスコア 『WipEout Pulse』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『WipEout Pulse』

携帯ゲーム PSP



今日ご紹介するハイスコアは、日本でも発売されたWipEout Pureの続編であり、ヨーロッパで昨年末リリースされ、北米でも今週から店頭に並んでいるPSPの反重力レーシングゲームWipEout Pulse。PSPのソフトとしては、平均点8.3という最近まれに見るほどの高評価となっていました。

* * * * *


GameSpy: 9.0/10
精巧にプロデュースされたテクノのサウンドトラック、巧妙なオンラインフィーチャー、あなたはPSPのプラットフォームに永住権を持ったゲームを手にすることになる。


IGN: 8.8/10
過去のシリーズが持っていたゲームプレイやスピード感は健在だが、残念なことに革新的な要素は持っておらず、ゲームプレイが拡張されることもなかった。それでもWipEout Pulseは、レースゲームファンがとんでもなく楽しめるタイトルである。


PSM3 Magazine: 8.4/10
シンプルな操作性やゲームシステム、シャープなプレイセッション。開発者にとって、PSPのゲームはこうあるべきだという手本になる作品。オンラインモードも犯罪的なほど素晴らしい。


Electronic Gaming Monthly: 8.0/10
本作のキャリアモードは、ある種の巨大な実績システムのようだ。


EuroGamer: 8.0/10
WipEout Pulseは前作と比較して、スピード感やビジュアルが強化され、タイトな操作性や全く新しいゲームモードが備わっている。仮に前作よりも世間の評判が低かったとしても、あなたのUMDスロットに挿入してあったPureは確実に本作と入れ替えられるだろう。



* * * * *


徹底したアンロック要素を持つ充実のゲームモード、PSPの処理能力を最大限まで生かしたグラフィック、キレのあるElectronica系のサウンドトラックなどなど、ほぼあらゆる部分で絶賛されています。また、インターネットの[url=http://wipeoutpulse.com/]オフィシャルウェブサイト[/url]と連動した、新曲やマシン、コースなどの追加コンテンツ配信も発売後からすぐに実施されている模様。ユーザーがネット上でデザインしたスキンを、PSPにそのままダウンロードすることもできるんだとか。

本作は初代PS時代から続く老舗のシリーズですが、ゲームシステムの拡張よりも、むしろテクノロジーやスタイルといった点で進化を遂げている印象もあります。PSPハード性能の限界を見てみたい方や、MP3のカスタムプレイバック機能を持った本作は、音楽ファンにもオススメの一品です。[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/psp/wipeoutpulse]Metacritic[/url])[/size]


【関連記事】
オンラインからプラズマ発射まで!『Wipeout Pulse』動画
ビーツ&レーシング!『Wipeout Pulse』初公開のゲームプレイ映像
さらなる概要が判明『Wipeout Pulse』宙返りもどんとこい!?
PSPのWipeoutに続編登場か…その名も『Wipeout Pulse』
ハイスピードSFレーシング『WipEout HD』の新ショットが公開
PS3で駆け抜けろ!『Wipeout HD』の詳細を紹介
今度はワイプアウトもPSNに『Wipeout HD』年内登場へ

Wipeoutの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C) 2007 Sony Computer Entertainment Europe.


 






《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. Vita『討鬼伝』アクション体験版の更新パッチが配信開始!PSP体験版は5月22日配信決定

    Vita『討鬼伝』アクション体験版の更新パッチが配信開始!PSP体験版は5月22日配信決定

  2. PS3ソフトが楽しめるゲームサービス「PS Now」、PS Vitaなどへの提供が終了に

    PS3ソフトが楽しめるゲームサービス「PS Now」、PS Vitaなどへの提供が終了に

  3. リアルで『押忍! 闘え! 応援団』 シンガポールのイベントEOYでのコスプレ

    リアルで『押忍! 闘え! 応援団』 シンガポールのイベントEOYでのコスプレ

  4. ぬるぬる&セクシーな探索型ACT『シャンティ -海賊の呪い-』プレイレポ―美しいドット絵とメタなジョークが魅力

  5. 本日のもう一枚 『イヤ過ぎるギャングスタ風カービィ』

  6. 海外でニンテンドーDS Liteの新しいバンドルパックがニ種類登場

  7. 全米が震撼した?!ゲーム史上最も長いタイトル名

  8. PS Vita本体と『マインクラフト』のコラボモデルが12月6日発売!限定本体・ソフト・ポーチ・DLCなどがセットに

  9. 3DS『ポポロクロイス牧場物語』発売決定!田森庸介氏がメインスタッフとして参加し、おなじみの仲間たちが登場

  10. 3DSのバグを発見して賞金ゲット?任天堂が海外で報奨金プログラムを開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top