“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

GDC 08: 日本のSCEは先見の明がなかった?ハリソン氏がWiiの成功を前に苦慮

February 23, 2008(Sat) 15:40 / by Rio Tani

ソニー・コンピューター エンタテインメント ワールドワイドスタジオ(SCEWW)のトップであるフィル・ハリソン氏は、GDCの会場にてニンテンドーWiiの世界的な成功を取り上げ、SCEの日本部門が、ソーシャルゲーミング(ゲームの社会的な進出)の可能性を受け入れるのが遅すぎたことが、自社製品のマーケティングにブレーキをかけたと苦言を呈しています。

以下、GDCのプライベートランチでハリソン氏が語った内容

“それはとても興味深く、またフラストレーションの溜まる出来事でした。なぜなら私は、SingStar、EyeToy、Buzzといった作品を手がけて、これまで長い間ソーシャルゲーミングの可能性について追求をしてきました。ところがソニーの日本部門は、ソーシャルゲーミングなど日本では存在せず、家族や友人が同じソファに座ってゲームをするなんて、起こりえないことだと言いました。その後、Wiiが発売されたのです”


このようにハリソン氏は自社の日本部門を非難する一方で、Wii Sportsこそが“次世代ゲーム”を要約したアイデアだったと、任天堂のマーケティングや業績を賞賛をしています。

家族や知人同士がリビングで一緒にWiiで遊ぶのは、今や当たり前の光景になりつつありますが、ハリソン氏はそうしたゲームの社会的な位置付けというビジョンや方向性を、日本のソニーがもっと早くから受け入れるべきだったと悔やんでいるかのようです。

またハリソン氏は、最近度々話題になるWiiのサードパーティー作品についても[url=http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=17557]言及[/url]しており、任天堂のファーストパーティー製タイトルの重要性があまりにも高いことから、サードパーティーのパブリッシャーにとって、Wiiのマーケットは実際よりも40%程度のインストールベース規模でしか恩恵を受けられないと指摘しています。[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamesindustry.biz/content_page.php?aid=33412]GamesIndustry: Harrison admits frustration with Sony Japan[/url], [url=http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=17557]Gamasutra[/url], イメージ: [url=http://www.flickr.com/photos/jontintinjordan/2283232154/]Flickr: phil harrison through glass[/url])[/size]

[size=x-small]※そんそん さんの情報提供にも感謝![/size]

【関連記事】
ハリソン氏がハード専用タイトルやHomeについて回答。ロングインタビュー
日本の次世代ゲーム開発現場は海外に大きな遅れ?コナミの山岡氏が苦言
PS3『SingStar』欧州版トレイラー&ビューティフルなインターフェース映像
2007年の主役がずらり!NPD 12月のセールスランキング
先月も任天堂が絶好調!北米本体セールスと上半期の人気ソフトランキング
まさにプレイヤーの分身?『LittleBigPlanet』にはリップシンク機能を導入予定
体育の授業の代替手段として『Wii Sports』を導入、論議を呼ぶ - イギリス







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image