海外レビュー灰スコア 『Jenga: World Tour』 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビュー灰スコア 『Jenga: World Tour』

家庭用ゲーム Wii



Worth Playing: 3.5/10
まさしくPoorなタイトル。広く知られたジェンガ・ライセンスのアドバンテージは全くなく、オリジナルのゲームをちゃんと扱っていない。たとえ最悪なシミュレーションに目をつぶるとしても、ビデオゲーム版で追加された要素にはなんの楽しみもない。


GameSpot: 2/10
恐ろしいAI、壊れた物理演算、ぶざまなゲームデザインは、Jenga World Tourを転覆させる陰謀だ。ブロックはタワーから出てくるのを拒否する。Wiiリモコンによる操作性は不正確で苛立つ。AIはシナリオの進行具合に依存しており、神がかった天才であるか、もしくは完璧にアホ。リアルジェンガにくらべ二倍以上のコストも問題。



GameDaily: 2/10
このゲームで一分を費やすよりもむしろ、YouTubeで(ジェンガに向かって「ハロー?」と呼びかける怪しい女性が登場する)80年代のジェンガCMを探す方がまだマシなくらいひどいです。もし友人(そしてこのジェンガを一緒に遊んでくれる友人を見つける幸運)が無いとき、あなたはおそるべきAIと向き合っていることに気が付くはず。タワーが決して動かないくらい高速でブロックを抜き取るスマートなAIか、次の一手に移るまでに数分かかるような愚鈍なAI。あなたにはJenga World Tourを避けるためのあらゆる理由があります。もしあなたが休日用に誰かにこれをプレゼントするなら、プレゼントされた方はあなたをフルーツケーキでぶちのめす権利を得ます。


Game Informer: 2/10
たとえこの奇妙で狂気に満ちた世界が、あなたにリアルよりもビデオゲームのジェンガを選ばせたとしても、最初の数ゲームから先には進めそうに無い。タワーからブロックを引き抜いて上に乗せるという行動が、いかなる理にかなった方向にも機能していないというのが要因だ。


IGN: 1.7/10
恐ろしいAI、スローダウンする物理演算、ブロックをつかまえるためのラバーバンドの操作性は愚鈍。10ドルのジェンガの箱を買うのを止めて、このゲームをリストアップすることはありえない。


* * * * *


洗練された物理演算、直観的な操作性、テンポのよいアクションを謳ってアナウンスされたJenga: World Tour。その全てを裏切って世に解き放たれました。ブロックがちゃんと倒れない物理演算、ブロックが上手く出てこない操作性、AIが長考するテンポの悪さが特徴となっており、本当なら楽しいはずのジェンガが苛立ちの対象になってしまっています。リアルジェンガには無い追加要素も楽しみよりは苦痛を増すものになってしまったようで、10ドル足らずで買える本物を止めてビデオゲーム版を買う理由は見当たらない様子。





ささやかな評価点として、キュートでキッチュ(?)なキャラクターがいます。昭和の児童向け雑誌の表紙のような男の子を筆頭に、いろんなキャラがいますね。中でも、保安官スタイルのスロットマシンは、IGNレビュアーも高く評価。出演するゲームを間違えたと嘆いています。それにしてもサメとプテラノドンは手抜きじゃないでしょうか。

勇敢なコアゲーマーへオススメタイトルをご紹介する「海外レビュー灰スコア」、次回をお楽しみに!
[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/wii/jenga]Metacritic[/url])[/size]


【関連記事】
海外レビュー灰スコア 『Anubis II』
海外レビュー灰スコア 『Godzilla: Unleashed Double Smash』

Atariが『Jenga!』を発表 WiiとDSで発売予定
ゲーマーへの挑戦状! 超難ゲー『I Wanna Be The Guy: The Movie: The Game』
『Puzzle Quest: Galactrix』今度の舞台は遠い未来の宇宙
スティーブン・スピルバーグ監督とEAとのコラボ作品、『Boom Blox』の内容が明らかに
頭が大混乱! あの名作パズルゲーム『Tetris』が3次元に

(C)2007 Atari


 






《Kako》

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 一人称サイバーパンクホラー『Observer』最新ティーザー!―狂気を感じる不気味な世界…

    一人称サイバーパンクホラー『Observer』最新ティーザー!―狂気を感じる不気味な世界…

  2. PSVR向け格闘ゲーム『STEEL COMBAT』2月28日配信! 360度のフィールドで戦うロボットバトルが登場

    PSVR向け格闘ゲーム『STEEL COMBAT』2月28日配信! 360度のフィールドで戦うロボットバトルが登場

  3. PSVR専用タイトル『UNEARTHING MARS』が3月にリリース決定!パズルや探査車を操縦して火星文明の謎を解き明かせ

    PSVR専用タイトル『UNEARTHING MARS』が3月にリリース決定!パズルや探査車を操縦して火星文明の謎を解き明かせ

  4. 『Horizon Zero Dawn』海外向け新映像、シームレスに体験できるオープンワールドに迫る

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイのシーズン3終了日程が告知、2月末より次期シーズンへ

  7. 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』海外ゲーム映像が続々到着!

  8. 『バイオハザード7』にクリス・レッドフィールドが登場!短編DLCの情報が公開

  9. スイッチのローンチDLソフトに『VOEZ』『ブラスターマスター ゼロ』など追加!ポイソフトやアークシステムワークスの新作も

  10. 『仁王』全世界で100万本を突破、2月24日のVer1.04アプデで記念アイテム「黄金の仁王鎧」を配布

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top