ハードコアゲーマーのためのWebメディア

Xbox 360のハードディスクはどうしてこんなに高いのか?

家庭用ゲーム Xbox360

ハードディスク本当に安くなりましたね。とうとう1TBの物が2万円を下回り、500GBのHDDが8,000円で手に入る時代になりました。そんな中Xbox 360用のハードディスクは120GBで18,000円、ちょっと高くないですか?という事でMTV Multiplayerが様々なコスト調査を専門に行っているiSuppliにXbox 360のハードディスクの価格について調査を依頼しました。

調査報告によると、VAR(Value Added Reseller)と呼ばれる、汎用的なハードウェアやソフトウェアに付加価値を付けて再販売する業者が存在しており、彼らが7,800円で仕入れたハードディスクをケースに収めたりパッケージングを施し、520円の利益を乗せて8,320円でマイクロソフトへ納品します。この工程でシステム絡みの設定や体験版のソフト、予告ムービーやテーマ・アイコンといったコンテンツのプリロードも行われています。

マイクロソフトはこれに2,080円の利益を乗せ、10,400円で小売店へと出荷されます。その際に通常の販売価格が18,000円と設定されますが、実際の販売価格は小売店の判断で値下げが可能になっています。現在だと15,000円くらいで手に入る所もあるようですね。ちなみにハードディスクそのものには東芝とSeegateの物が利用されているようです。

さていかがでしたでしょうか。特徴的なのはVARによる工程を経る事で本来汎用的なデバイスであるハードディスクに様々な付加がされ、安心や保障を提供している事。反面こういったクオリティの一定保持を背景に、周辺機器に関する競争が発生しにくい状況にあるとも確かに言えるようです。
[size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://kotaku.com/387864/why-360-hdds-are-so-ridiculously-expensive]Kotaku[/url], via [url=http://multiplayerblog.mtv.com/2008/05/06/hardware-analyst-breaks-down-cost-of-xbox-360s-120gb-hard-drive/]MTV Multiplayer[/url])[/size]

【関連記事】
Xbox 360、アジア圏でも値下げ ―シンガポール、香港、韓国、台湾
Xbox360の販売台数が順調な伸び、1900万台を突破!
欧州で80ユーロ値下げのXbox 360、売り上げが36%アップ ―UK
“超人気RPG大作”『ロストオデッセイ』 香港ではハンバーガーとコラボ!
Take-Two、アジア地域での業務拡大を発表 日本でのプレゼンスを高める方針







《nick》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「PlayStation VR」3次予約受付開始―残すは発売当日ゲットのみ

    「PlayStation VR」3次予約受付開始―残すは発売当日ゲットのみ

  2. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  3. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

    【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  4. BlizzardがDDoS攻撃による『オーバーウォッチ』接続不良を説明―影響ユーザーにトレジャー・ボックス付与

  5. 『ブルードラゴン』Xbox One下位互換に対応か―スペンサー氏は続編にも言及

  6. 『Forza』シリーズの進化映像を海外チャンネルが紹介―最新作はほぼ実写?

  7. 『オーバーウォッチ』ライバル・プレイのシーズン2詳細が報告―シーズン1から多数の変更

  8. PS4『DEAD OR ALIVE Xtreme 3 Fortune』PS VR対応アップデート「VRパラダイス」の配信日が未定に!

  9. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  10. PS4版『FIFA 17』を発売前に手に入れろ!抽選で限定17名にスタジアム先行販売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top