ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ウワサの新世代『iPhone』、対応ゲームもかなり本格派!?

携帯ゲーム DS

[size=x-small]現在は低価格でシンプルなミニゲームが中心、お世辞にもゲームに向いた操作性ではありませんでしたが…[/size]




日本のソフトバンクがごく短い[url=http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2008/20080604_01/]リリースを出して[/url]国内上陸もとうとう秒読み、来週のカンファレンスを控え国内外のサイトで噂の[url=http://www.apple.com/iphone/]iPhone[/url]ですが、ユニークな携帯ゲーム機としても面白そうなその機能を活用し、iPhone向けにはなかなか本格的な新作ゲームも一緒に発表されるようです。対応ソフトの中身もお値段も、もはやケータイアプリというより、携帯ゲーム機に近いものになるのかも。正式発表を前にして、デベロッパーサイドの発言が反響を呼んでいます。







* * * * * * * * *



[size=x-small]こちらは一見してルールのわかるシンプルさながら、指タッチ操作と傾きセンサーがぴったりなDemiforce社のTrism[/size]



ヨーロッパを基盤にしたモバイルゲームデベロッパー、LemonQuestという会社のCEOが先日明らかにしたところによると、既に同社ではiPhone向けに大きな投資を行っており、新世代のモバイルゲーム開発では時間もコストもかなり大きなものになっているとのこと。新しいゲームではこれまでiTunes Storeなどで売られていた5ユーロから、10〜12ユーロ近くにまで価格も上昇。彼によるとiPhone用のソフトは、17〜18ユーロで販売されるかもしれないとしています。

こうしたお値段を今のレートで、ドルや日本円にするとおよそ2800円ぐらいになることもあり、もはや携帯ゲーム機と競合しそうな価格設定が色々な波紋を広げていますが、同じiPod向けゲームが現在アメリカで5ドル(日本のストアで600円)なことを考えると、高いものでおよそ18ドル(2000円)ぐらいでしょうか。ダウンロード専売のiTunes Storeでこうした価格のゲームが出てくるのであれば、今までとはだいぶ違った本格的なゲームも十分期待できそうです。

既に他のデベロッパーからも、一部では対応ゲームの[url=http://kotaku.com/5014036/first-iphone-game-redacted-review]プレビュー[/url]と称するものまで出てきており、実際にiPhoneのマルチタッチを活かしたスポーツゲームや、加速度センサーを利用したレースゲームなどが開発されている模様。これから日本でも使えるW-CDMA方式に対応した、新世代のiPhoneが発表されるともっぱら噂の舞台、週明けに行われるAppleのカンファレンスでは、どうやらこうした新作ゲームもお披露目されることになるようです。


[size=x-small]以前公開された、iPhoneで動くモンキーボール。OpenGL(ES)の3Dアクセラレーションもなかなか実用レベル[/size]



これまでiPod用にカジュアルゲームをリリースしてきた大手パブリッシャーからは、以前にセガがiPhoneを傾けてプレイできるスーパーモンキーボールを披露してみせたり、EAがDS版のリリースも予定されているSporeの本格的なiPhone版を計画するなど、対応アプリケーションを自由に開発できるようになった春先の[url=http://ascii.jp/elem/000/000/115/115194/]SDK公開[/url]以来、開発者の間でも急速な盛り上がりを見せているiPhone。

こうして見ると、確かに携帯ゲーム機としても面白く使えそうな機能を色々備えている上に、新しくなったiPhoneでは対応ゲームの購入も本体からそのまま出来るようになるといわれており、今後は一定のゲームプラットフォームとしても、これまでにない注目を集めそうです。
[size=x-small](ソース: [url="http://kotaku.com/5013914/iphone-games-to-get-wwdc-appearance"]Kotaku: "iPhone Games to Get WWDC Appearance"[/url], [url="http://www.pocketgamer.biz/r/PG.Biz/LemonQuest+news/news.asp?c=7138"]PocketGamer[/url])[/size]

 
【関連記事】
ついに手に入れた…大きな子供が『iPhone』もらって大喜び!?
iPod nanoで『Doom』『Half-Life』プレイムービー
大画面でタッチ!ノートPCサイズのビッグなDS本体『Jumbotron DS』

『PSP Phone』も夢じゃない!?SCEヨーロッパが英国BTとの提携を発表
GC 07: ついにPS3でTVを録画、PSPで持ち出しもOK!『PlayTV』発表会ビデオ
ソニーはなぜ多くのユーザーがPSPをハックするのか知りたいそうです

PCゲームの危機にNOを叫ぶ!『Steam』 Gabe Newell氏が語るPCの可能性
『XNA Community Games』ユーザー同士による配信コミュニティーがいよいよ始動
『AKIRA』や新海誠作品まで登場!実はこんなに凄いらしいビデオマーケットプレイス

ファンの必需品? 『パックマン』iPodケース
海外版MAC君とパソコン君パロディー動画 格ゲーミックス+おまけ
ソースエンジンを利用して作られた『iPod x Half-Life』動画!?

- トップに戻る -




(C) All trademarks, logos, and copyrights are property of their respective owners.



 






《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 国産テイストなPC向け近未来バーテンダーシミュ『VA-11 HALL-A』PS Vitaにも対応へ

    国産テイストなPC向け近未来バーテンダーシミュ『VA-11 HALL-A』PS Vitaにも対応へ

  2. 『バイオハザード3D』のセーブ問題に波紋、カプコンから新たな声明も

    『バイオハザード3D』のセーブ問題に波紋、カプコンから新たな声明も

  3. 「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

    「PS Vita スターターキット」3月3日発売、本体+メモリーカード16GBで19,980円

  4. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  5. 3DS向け本格TPS『アイアンフォール インベーション』配信開始…60fps動作や最大6人でのオン対戦が可能

  6. 「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

  7. 米任天堂、Nintendo 2DSをプライスダウン―『妖怪ウォッチ』北米発売日も発表

  8. 映像の再現度をチェック、PS Vita版『Borderlands 2』家庭用機版との比較映像

  9. 総合格闘技ゲーム『Supremacy MMA』のPS Vita版が発表、トレイラーも公開

  10. 「New 3DS XL」『ムジュラの仮面 3D』『MH4U』発売!ニューヨークのトリプルロンチイベントを現地レポ!

アクセスランキングをもっと見る

page top