待ちわびたファンによる怒涛の質問攻め『Diablo III』オーディエンスQ&A | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

待ちわびたファンによる怒涛の質問攻め『Diablo III』オーディエンスQ&A

PC Windows

[size=x-small]WWIオープニングセレモニーでの『Diablo III』発表の様子[/size]
先週末、パリでLord of Terrorの復活が宣言され、もはやディアブロファンにとって安全な場所はなくなってしまいましたが、この最新作Diablo IIIが一体どんなゲームになるのか、長年待ちわびたファンの疑問は尽きない様子。Worldwide Invitationalの会場ではリードデザイナーのJay Wilson氏に無数の質問が浴びせられました。その一問一答をご紹介します。

* * * * *


オーディエンスQ&A

Q: (マルチプレイの)ゲームは4〜5人のパーティ制になる?それとももっと大規模なグループ用にデザインされているの?

A: パーティの人数に技術的な制限はないが、カメラ視点の問題があるため小さいパーティの方が適している。しかし、4人、あるいは5人、どちらがベストなのかはまだ未決定。


Q: インベントリーの容量は増える?

A: まだ未定だが、インベントリーシステムは強化されて、より簡単に他のプレイヤーやキャラクターとトレードできるようになる。インベントリーのサイズはゲームプレイに適したものを選ぶ。




Q: Diablo IIIはWorld of Warcraft(WoW)とDiablo IIのプレイヤーのどちらをターゲットにしているの?

A: 特別にどちらかをターゲットにしているわけではない。我々はDiabloを愛する全ての人に向けてゲームを制作している。WoWにもDiabloにも充分な価値があるが、どちらか一つのゲームをプレイさせるつもりはない。


Q: 発表された新クラス以外に、Diablo IIの7つの職業は全て登場するの?

A: (Diablo IIIは)新しい始まりでもあるので、全てのクラスを引き継ぐつもりはない。まだ最終的な登場クラスや登場数は決定していない。


Q: (WoWのように)Mana、Energy、Rageなどのシステムが各クラスに用意される?

A: まだ未決定。


Q: Diablo IIIではハードコアモードがある!?

A: ハードコアモードを用意しない理由があるとは思えないが、開発の最終段階で決定するだろう。


Q: Diablo IIのLootシステムは、回線の最も早いプレイヤーがたくさんのアイテムを拾ってた。これは変わるの?

A: ドロップシステムは変更している。モンスターは複数のアイテムを落とし、各プレイヤーはそれぞれ異なるLootを見ることができる。




Q: プレイヤーのスキルはRespec(振りなおし)できる?

A: まだ話し合っていないが、Respecを導入しないのは悪いアイデアに思える。今は詳細を教えられない。


Q: Witch DoctorはNecromancerの後継的な存在なの?

A: 全くそうではない。Witch Doctorは我々が特に気に入っているクールなクラス。彼らの存在が、Necromancerが登場しないことを意味しているわけではない。


Q: 装備品のシステムはDiablo IIからどう変わった?

A: アイテムには新しい要素が追加されたが、基本となるシステムは大幅に変わっていない。Lootの構造は既に良い出来になっているので、その良さを保ったままさらに強化している。


Q: Battle.netでは相変わらずチートがあるの?

A: まだ詳細は言えないが、チートやアンチハックに大きく注力した新しいバージョンのBattle.netを計画している。チートがコミュニティーに損害を与えるのを防ぐためにも、それがうまくいくことを望んでいる。


Q: 秘密のエリアや隠されたマップはある?

A: それは秘密だ。




Q: シングルプレイとマルチプレイはバランス調整される?やっぱりグループじゃないと良いアイテムをGETできないの?

A: Co-opのゲームプレイはシングルプレイと異なるものだが、アイテムは全て両方のモードで同じものが出現する。


Q: Lord of Destructionが発表されたのは2001年だけど、なんでそんなに時間掛かったの?

A: それは開発上の問題だった。我々はDiablo IIIをBlizzardの作品として価値のあるものにしようと望んでおり、そうするためにはやはり多くの時間を必要とした。


Q: 男性と女性のキャラクターはステータスに違いがあるの?

A: 見た目以外に違いはない。それ以上のことは言えない。


Q: 必要システム環境はWoWが動く程度のPCでも大丈夫?それとも、DirectX 10が必要なくらい高くなる?

A: まだ未決定だが、Blizzardの目標は、より多くのPCをサポートすることだ。したがって可能な限り必要環境を低くする。今のところDirectX 10を使うつもりはない。


Q: マップエディタはある?

A: まだ詳細は定まっていないが、ゲームがランダム的な要素を持つことから、DiabloシリーズはMODにはあまり適していない。いずれにしてもまだ未決定。


Q: Runeシステムは残してくれる?

A: ノーコメント。


* * * * *






わからんことばかりではないか!というツッコミはガマンして、この回答の中からも、最終的なゲームの方向性が僅かに見え隠れしています。やはり注目が集まるのは、クラスに関する話題。前回のFAQによれば、Diablo IIIの登場クラスは全5種類になる予定で、そのうち二人は既に発表されたBarbarianとWitch Doctor。残りの三人が、Amazon、Sorceress、Assassin、Druid、Paladin、Necroancerから選ばれるのか、あるいはJay Wilson氏が言うように、前作からの引継ぎを行わない方向になるなら、他にも新クラスが存在するのか……。想像は尽きません。

余談ですが、Diablo IIIの[url=http://www.battle.net/forums/board.aspx?ForumName=d3-general]公式フォーラム[/url]は、週末から数百ページ規模のスパム投稿が発生しており、かなり悲惨なありさま。現在はある程度削除されましたが、依然として激しいスパムが相次いでいるみたいです。[size=x-small](ソース: [url=http://www.joystiq.com/2008/06/30/wwi08-diablo-3-design-fundamentals/]Joystiq: WWI08: Diablo 3 design fundamentals[/url])[/size]

【関連記事】
WWIライブ速報: 8年の沈黙を破って… Blizzardが『Diablo III』を発表!
リリース時期は?ストーリーは?前作から変わった点は?『Diablo III』公式FAQ
公式サイトもオープン!『Diablo III』のスクリーンショットが大量に公開
Blizzardのビッグアナウンスは確実?インサイダー情報は『Diablo 3』を確認
謎の“Hydra”プロジェクトとは… 今週Blizzardが新作発表の可能性
前作から8年…BlizzardがファンサイトからDiablo3.comドメインを獲得へ

Diablo IIIの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)2008 Blizzard Entertainment, Inc. All rights reserved.

- トップに戻る -


 






《Rio Tani》

PC アクセスランキング

  1. 海外版くにおくん新作『River City Ransom: Underground』Steam配信!―日本語にも対応

    海外版くにおくん新作『River City Ransom: Underground』Steam配信!―日本語にも対応

  2. 牧場シミュ『Stardew Valley』発売から1周年、貴重な開発版スクリーンショットを披露

    牧場シミュ『Stardew Valley』発売から1周年、貴重な開発版スクリーンショットを披露

  3. マルチプレイ海戦FPS『Blackwake』Steam早期アクセス!―酒飲みながら大混戦

    マルチプレイ海戦FPS『Blackwake』Steam早期アクセス!―酒飲みながら大混戦

  4. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  5. ギーガーやベクシンスキーを思わせる新作ホラー『Scorn』最新ティーザー!―不気味すぎる世界観

  6. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』海外ゲームプレイ!4人Co-opからキャラカスタマイズまで

  7. PC版『Rainbow Six Siege』期間限定で低価格版を販売―違いはアンロック方法のみ

  8. 人気牧場開拓ゲーム『Stardew Valley』日本語版ベータテスト開始!―フォントの雰囲気も再現

  9. 『Mass Effect: Andromeda』完成、PC版必要スペック情報も公開

  10. 『シェンムー3』PC版の予約販売が開始!―現在の開発状況も報告

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top