ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

E3 08: ソニー、Xboxの『FFXIII』発表には失望… MSのサードへの資金投入を批判

July 17, 2008(Thu) 07:00 / by Rio Tani

[size=x-small]ほとんど一人舞台で、今年のキーノートを務めたJack Tretton氏。[/size]
E3の初日から、世界中のゲームファンを驚かせた、Xbox 360版Final Fantasy XIII(ファイナルファンタジーXIII)のアナウンス。今日実施されたソニーのラウンドテーブルQ&Aで、このニュースを聞いて失望したかどうかを記者から尋ねられた、Sony Computer Entertainment Americaの社長 Jack Tretton氏は、次のように回答しています。

失望というのが、最もふさわしい表現なのは明白だ。驚いたと同時に、それが起こるのを回避できたかを考えたが、おそらく難しかったはずだ。(中略)マイクロソフトは、資金の大半をサードパーティーの機嫌を取ることに費やしている。ソフトウェア会社は周りを見てこう言い出すだろう、'ハード専用タイトルをやるのに十分な契約料を得ていない'と。サードパーティーの専用タイトルを維持するのは、今後ますます難しくなっていくと思う。


また、Tretton氏は、ソニーがMSとは対照的に、自社のソフト開発に多くの予算をつぎ込んでいると語っています。結果的に、重要なハード専用タイトルを一つ失った形のソニーですが、より多くのファーストパーティ作品を送り出すための、自社開発を強化していく体制は、今後も揺るぐことなく続いていくのではないでしょうか。[size=x-small](ソース: [url=http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=19448]Gamasutra: Sony's Tretton: 'Disappointed' In Multiplatform FFXIII Through MS' 'Currying Favor'[/url], イメージ: [url=http://blog.us.playstation.com/2008/07/15/playstation-press-conference-liveblog-e3-2008/]PlayStation.Blog[/url])[/size]

【関連記事】
BREAKING! E3 08: 『ファイナルファンタジーXIII』Xbox 360向けにも発売へ
E3 08: Xbox 360版『FFXIII』発表の経緯とは?スクウェア・エニックスへのQ&A

シェーン・キム氏が語るXbox 360 2008年、そして今後の展望とは?海外インタビュー
ソニーを退社したフィル・ハリソン氏、Atariの親会社Infogramsの取締役に就任
『GTA』をめぐる駆け引き― EAがTake-Twoに買収提案 Take-Twoは拒否
巨星…乙!?SCEの久夛良木会長が引退を表明!
Blizzard: MMORPG『World of Warcraft』の家庭用ゲーム機移植はありえない
次世代機10大パブリッシャー対決!意外な結果の海外レビュー評価ランキング







  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image