ハードコアゲーマーのためのWebメディア

全然違ウ!海外版カバーアート 『星のカービィシリーズ』大集合

家庭用ゲーム Wii



春風と共にやってきたプププランドのまんまるピンク、シリーズ生みの親である当時HAL研究所の[url=http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E6%94%BF%E5%8D%9A]桜井政博氏[/url]が、後に手掛けたスマッシュブラザーズでもおなじみで、今やすっかり任天堂を代表する人気キャラクターのひとりになった、星のカービィ([b]Kirby's Dream Land[/b])シリーズ。

おなじみの定番キャラクターだけに、国内外でもそれほどイメージに違いはないかと思いきや、かつてはまた色々と驚きの過去があったようです。実は先日も、最新作での意外なイメージチェンジが明らかになり、海外でも今ちょっとした反響を呼んでいるみたい。




* * * * * * * * *








……いきなりですが、どう見てもテレサです。まずは、発売日順に一番最初のカービィからおさらい。いま見ると色からしてかなり不思議に思えてしまいますが、初代ゲームボーイ(白黒)のころはこれでもあまり違和感がなく、なんでも手違いで海外では本当に白い色のカービィになってしまったんだそうです。



それでもって、日本のカービィもこうして見ると今とは結構違います。今からもう16年前になる1992年にデビューしましたが、あちらのWikipediaにはカービィと呼ばれる前の姿、当時の雑誌に掲載された[url=http://en.wikipedia.org/wiki/Image:Popopo.jpg]ティンクル・ポポ[/url](主人公の名前はポポポ!)の姿も掲載されています。




そんなこんなで無事、世界中でカービィの名前になってデビューを果たした後、次に登場したのは翌1993年。既に世代交代が始まっていた8bit末期に発売された、星のカービィ 夢の泉の物語(Kirby's Adventure)。海外版ではまだちょっとお化けっぽいですが、なにやら背景の絵までおもいっきり吸い込んでおります。ちょっと意外なことに、おなじみの吸い込みにコピー能力が付いたのも実はこの作品から。




新しいゲーム内容と共に、国内版はパッケージデザインの方も洗練され、今見ても違和感のない可愛さ、なんだかファミコンソフトぽくないぐらいお洒落なものに大変身。任天堂の定番キャラクターに仲間入りした、カービィの活躍はご存知の通り。


* * * * * * * * *






たとえばこの後、長い間多くのファンに親しまれた、星のカービィ スーパーデラックス(Kirby Super Star)は、海外だとこんな感じ。この他にも、あちらではなぜか[url=http://kirby.classicgaming.gamespy.com/games/avalanche/]海外版ぷよぷよ[/url]のキャラクターに起用されたり、任天堂のハードと共に毎回、様々なジャンルにまで登場することになりますが、実はつい最近のシリーズまでずっと、海外ではパッケージに描かれたカービィが微妙に違っていたんだそうです。

それでは、お次はスマブラ以降に発売された、近年のカービィ作品をずらっと全部並べて、日本のものと比較してみると……。



・星のカービィ 夢の泉デラックス(Kirby: Nightmare in Dream Land) 2002年/GBA






・星のカービィ 鏡の大迷宮(Kirby & the Amazing Mirror) 2004年/GBA






・カービィのエアライド(Kirby Air Ride) 2003年/GCN





・タッチ!カービィ(Kirby: Canvas Curse) 2005年/NDS





・星のカービィ 参上! ドロッチェ団(Kirby: Squeak Squad) 2006年/NDS



やっぱり昔と比べると最近は随分似ていますが、こうしてみるとどれもカービィに微妙な違いが……。そう海外版のカービィは、[b]なぜだか妙にヤル気[/b]です。なんだか、[b]いっつも怒っています[/b]。カービィの性格に一体何が。

これと逆のパターンでは、国内向けにかわいくなった(ハズの)ラチェットの眉毛なんかが日本でも結構有名ですが、海外ではわざわざ毎回カービィの表情に変更が加えられていたみたい。よりによって、あの愛くるしいカービィまでもが、"タフでなければ生きていけない……"なーんて、あちらのゲームは、まだまだハードボイルド全盛だったようです。



ところが先日になってこちら、海外では来月の発売も明らかになっているシリーズ最新作、星のカービィ ウルトラスーパーデラックス(仮)のボックスアートが登場。国内向けのデザインなどはまだ不明ながら、今度の新作ではようやく海外版パッケージのカービィにも、あの笑顔が戻ってくることになりました。

どうやらこれまでの妙に怒った表情のカービィは、実はあちらでもそれほど好評ではなかったようで、海外ユーザーの中には今回の新しいデザインを歓迎する声も多いようです。
[size=x-small](ソース: [url=http://kotaku.com/5031685/kirbys-back-and-not-as-pissed-in-kirby-super-star-ultras-box-art
]Kotaku: "Kirby's Back And Not As Pissed In Kirby Super Star Ultra's Box Art"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url="http://kirby.classicgaming.gamespy.com/index2.html"]Kirby'sRainbowResort[/url])[/size]


 
【関連記事】
北米で『星のカービィ ウルトラスーパーデラックス(仮)』などの発売日が決定
天空トリロジー!?『ドラゴンクエスト』DS版で旧シリーズがついに海外デビュー
微妙に違ウ!『ラチェット&クランク FUTURE』の主人公ラチェット

『スマブラX』の"ステージ作り"でプロポーズ大作戦!
祝・発売日決定『マリオギャラクシー』他スマブラ、ナイツ…海外版ボックスアート7連発
ゲームのキャラがお弁当に!!This is Bento Challenge

もしもあのゲームキャラクターが年を取ったら… 『ピカチュウ』『クラウド』他
ピット君大ピンチ!?噂の『Kid Icarus』に、ファンもビックリなイメージアートが出現
今度は男性モデルが挑戦…世にも恐ろしい『Wii Fit』プレイ動画あらわる

全然違ウ!海外版カバーアート『ストリートファイターシリーズいろいろ』
本日の一枚 『例のパッケージまで再現してしまったロックマン最新作』
本日のもう一枚 『イヤ過ぎるギャングスタ風カービィ』


- トップに戻る -



(C) Nintendo Co., Ltd. All rights reserved.



 






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS4版『No Man's Sky』国内向けローンチトレイラー!宇宙があなたを待っている

    PS4版『No Man's Sky』国内向けローンチトレイラー!宇宙があなたを待っている

  2. 高評価1人称パズル『The Witness』Xbox One版が海外で9月リリースへ

    高評価1人称パズル『The Witness』Xbox One版が海外で9月リリースへ

  3. 『バトルフィールド 1』OBTにも登場する「シナイ砂漠」の詳細が公開!―多彩なゲームプレイが体験可能

    『バトルフィールド 1』OBTにも登場する「シナイ砂漠」の詳細が公開!―多彩なゲームプレイが体験可能

  4. 「Humble Bundle」にPlayStation用タイトルが初登場―カプコン作品バンドルを海外向けに販売

  5. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  6. 【GC 2016】『Rise of the Tomb Raider』新Co-opゲームプレイ!食事や睡眠が重要に

  7. PC用「DUALSHOCK 4 USBワイヤレスアダプター」は国内9月発売―PS NowもPCで展開予定

  8. 豪Xbox公式から新提案!ゲーム用部屋着「Xbox Onesie」が発表

  9. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  10. 海外Xbox下位互換機能に『Call of Duty 2』新規対応―2005年発売の大ヒット作

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top