“ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

解禁まであと1ヶ月!『Gears of War 2』キャンペーンモードの気になる10大秘密

October 07, 2008(Tue) 23:00 / by Miu


[size=x-small]注目のシーンが続々!新たに公開されたIGNのビデオプレビュー[/size]




海外の[url=http://gearsofwar.xbox.com/lastday/shell.aspx]公式サイトでは[/url]謎めいたキャンペーンも始まり、ますますビッグでバッドになったローカスト達の襲来がちょうど1ヶ月後に迫った[b]Gears of War 2[/b]。今月になって、これまで伏せられていたシングルプレイモードの展開が続々と明らかになり、新たな[url=http://media.xbox360.ign.com/media/142/14232680/imgs_1.html]スクリーンショット[/url]やプレビューが一斉に公開。

今回[url=http://previews.teamxbox.com/xbox-360/2127/Gears-of-War-2/p1/]Team Xbox[/url]では、Gears of War 2について今明かせる10個のことと題し、実際にキャンペーンモードを最後までプレイした中から、一足先にゲームの注目ポイントをまとめてくれています。

これまで出てきた話題のおさらいから、結構大胆な驚きの新着情報まで。海外では先日から一斉に解禁されているようですが、シナリオの展開に触れているところもあるのでネタバレ注意!

予備知識ゼロで発売日を迎えたい方は、ひとまずこの辺でご注意を。





* * * * * * * * *








[b]・Brumakにはやっぱり乗れます[/b]


PC版が出るまで、前作ではプレイヤーが最後まで実際に戦えなかったあのBrumak。E3のステージで行われたデモプレイでは、まさにこれからというところで終わっていましたが、Gears of War 2では本当にゴテゴテミサイルの巨大なお化けに乗れてしまいます。


[b]・Reaverにだって乗れちゃいます[/b]


前作の最終面で、ローカスト達を乗せて空から何度も追いかけてきたReaver。ゲームのどことは言えませんが、さらに後半のステージでは仲間と二人、あのReaverにまたがってボスを追いかけるチェイスシーンまで登場。前後の武器を協力して敵を打ち落としたり攻撃をかわしたり、Gears of War 2ではこうしたシューティングシーンもたくさんあります。





[b]・新しい武器は強烈![/b]


ゲームには欠かせないおなじみのチェーンソーはもちろん、これまでのお気に入り兵器も健在ですが、ガトリングガン風のMulcherや迫撃砲のMortar Launcherといった、特に新しい重火器タイプは非常に爽快。近距離で使い勝手の良い、火炎放射器と共にマルチプレイでも登場するのでご心配なく、新しい武器を使うチャンスはたっぷりあります。


[b]・実績の獲得状況が表示[/b]


思わず全てのゲームに同じ機能が欲しくなるような、実績の達成状況を教えてくれるステータスバーがプレイ中に出現。今回は比較的楽に取れるオンライン関係など全部の実績ではなく、例えば1万キルが必要になるSeriously(真剣勝負)2.0では、100キルの達成毎にポップアップするなど、特定のパターンで表示されることに。





[b]・乗り物ミッションはさらに面白く[/b]


前作ではほんのちょっとだけ登場して、Kryll相手に一本道のドライブしかできなかった乗り物プレイですが、Gears of War 2ではCOG側のビークルも戦闘シーンで活躍。大きな大砲を搭載してターボまで使えるマシンを運転することになり、今回はちょっぴりあのHaloのワートホグ風。


[b]・ローカストに水軍登場[/b]


なんとも意外なことに、今度のローカストは水面を走るボートまで持っています。Gears of War 2では、地面の奥底にある地底湖のステージも登場し、ローカストのガンボートが出現。これだけ聞くとちょっと不思議な感じですが、例によってローカスト側の兵器は巨大な生き物で出来ていて、実際に見たらこれもアリだと思わず納得。







[b]・感動的なストーリー[/b]


(ネタバレ危険)いつ誰がどうしてなんてもちろん言えませんが、なんとあるキャラクターは死ぬことになります。Gears of War 2のストーリーは、前作より感傷的でインパクトの強い展開になっており、登場人物達や惑星セラの舞台をかつてないほどリアルに感じられる物語でも、全体的にずっと満足のいくものになっています。


[b]・ボリュームもアップ[/b]


おおまかな実際のプレイ時間でも25%ほど増加しており、キャンペーンが短いという声も多かった前作から、Gears of War 2はボリューム面でも概ね妥当な量になっています。ステージの舞台となる場所や目標は、この長さになってもバラエティに富んでおり、ゲームのエンディングまで、前作より遥かに満足できることは間違いありません。





[b]・カーマイン君復活?[/b]


ま、ちょっと違いますが……。後から登場したコールやベアード達に空きを作るため、早々に死んでしまったカーマインの兄弟が、Gears of War 2ではトレーニングミッションの最初から参戦。もしかしてCOGの部隊には、他にもたくさんカーマイン君がいるのかも。


[b]・ローカストの正体が一層明らかに[/b]


(ネタバレ危険)プレイヤーは前回、声しか聞くことの出来なかったLocust Queenの姿さえ目にすることになります。めったにないほどワクワクさせられるオープニングと共に、Gears of War 2ではローカストについて、一体どんなことが明らかになるかをここで話すわけにはいきませんが、彼らの正体とこの戦争のすべてに関する発見の先には、思いもよらぬ意外な展開が待ち受けています……。

[size=x-small](ソース: [url=http://previews.teamxbox.com/xbox-360/2127/Gears-of-War-2/p1/]TeamXbox: "10 Things We Can Actually Tell You About Gears of War 2"[/url])[/size]

【関連記事】
いよいよ完成間近!『Gears of War 2』すべての実績リストが明らかに
『Gears of War 2』はこうなる…Cliffy Bが語るチェーンソー!マルチプレイ!
『Gears of War 2』
海外イベント独占映像&最新マルチプレイ動画



新たなライバルが登場…『Gears of War 2』前作マップのDLクーポンが同梱に
Emergence Day再び!『Gears of War 2』ボックスアートに限定版の詳細も判明
Amazon.comで『Gears of War 2』とランサーアサルトライフルのバンドルが予約開始!

選択の果てにあるものは… 『Fable 2』あなたが知っておくべき10のポイント
「冷静さを失わずにいてください…」Bungie公式サイトで(またも)謎のカウントダウン
HaloのMMOも作っていた!Ensemble Studios、あのBruce Shelley氏が閉鎖を語る

気になるアバター作りに挑戦!『New Xbox Experience』 期待の実演動画デモ
マーケットプレースも一新!『New Xbox Experience』新着プレビュー
MSが海外で過去最大規模のプロモーションを展開、あやしいTVCMもオンエア



『Gears of War 2』の関連記事をGame*Sparkで検索!





(C) 2008 Microsoft Corporation. All rights reserved.




 






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image