ハードコアゲーマーのためのWebメディア

多機能ゆえ…?『ニンテンドーDSi』新型専用のゲームについてはリージョン制限アリ

携帯ゲーム DS





モノクロ画面のゲームボーイが誕生した当初から、持ち運びに便利な携帯ゲーム機はいち早くワールドワイド仕様で、外国製のソフトもリージョンフリーというのが海外ゲーマーにはありがたい伝統でしたが、今後は少し方向が変わってしまうようです。海外でも行われた先日の発表以来、あるのかないのか一部で噂になっていた新型DSのリージョン問題について、ヨーロッパの任天堂がコメントを出しています。

* * * * * * * * *






「ニンテンドーDSのソフトは、どんなものでもリージョンフリーなので、どの地域のDSソフトもDSiでプレイできます。新しいDSiなら、世界のどこにいようとインターネットを見ることも、世界中の友人達と写真をやりとりすることだってできます」


Nintendo of Europeの広報担当者は、Computer & Videogamesにこう話します。

「DSiのソフト、DSiでしか動かないソフトは[b]リージョンロックされます[/b]。これは例えば、ヨーロッパのDSiソフトは、ヨーロッパのDSi本体でないとプレイできません」





イギリスの大手[url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=198728]CVGが[/url]伝えるところによると、これは以前から噂になっていたダウンロード販売される新しいDSiウェアはもちろん、将来的に発売される予定の(従来のDSでは使えない機能を利用した)DSi専用カートリッジも、残念ながらロックの対象に含まれるとのこと。


今回の発表によると、こうした制限はDSiの本体にネット機能が内蔵されており、それぞれの地域にあわせたネットサービスを行うつもりであること、そしてまたDSiでは本体がペアレンタルコントロール機能に対応しており、地域ごとに独立した年齢制限が設定されていることを理由にあげられています。






こうしたリージョン問題は、そもそも無理に制限してもそれを解除する目的で不正な機器が出回りやすいといった理由もあり、ちょっと前までは随分オープンになりつつありましたが、世界を一つにするようなネット配信のおかげで、これからむしろ海外のゲームが気軽に遊べなくなってしまうとしたらなんとも残念。

最近は一昔前まで考えられなかったようなゲームまで国内向けに発表されたり、反対に日本のソフトが元気の良い携帯機では、海外のファンにもちょっと意外な作品までどんどん世界に知られるようになり、最近は一見しただけではちょっとどこの国のゲームか分からないようなゲームも増えてきた、幅広いラインナップを誇るニンテンドーDS。今回のニュースは日本の洋ゲーファンのみならず、海外からも今後を心配する声が聞かれるようです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.computerandvideogames.com/article.php?id=198728]CVG: "Nintendo: DSi software is region locked"[/url])[/size] [size=x-small](イメージ: [url="http://www.sxc.hu/photo/1044479"]stock.xchng[/url])[/size]


 
【関連記事】
噂の新型ついに発表!その名も『ニンテンドーDSi』 来月11月1日、18,900円で発売
あの『パンチアウト』や『罪と罰』の続編も!注目の任天堂カンファレンス新作トレイラー
ロングバージョンも登場!海外版任天堂カンファレンス、話題のWii用新作動画ピックアップ

新型も秒読み?今年のDS、これから注目の海外オリジナル新作タイトル動画プレビュー
天空トリロジー!?『ドラゴンクエスト』DS版で旧シリーズがついに海外デビュー
全然違ウ!海外版カバーアート 『星のカービィシリーズ』大集合


中東のドバイでなぜか今、人気を呼ぶあの幻の次世代ゲーム機
リージョン規制に不満の声も?韓国でWii発売から一ヶ月
トロピカルな新色?DS Liteがヨーロッパのショップで予約開始

本日の一枚 『あんまり携帯したくない、ミュータントゲームボーイアドバンス』
本日の一枚 『血まみれで生還を遂げたDS Lite』
空爆にも耐えた!焼け焦げてもまだ動くゲームボーイ

- トップに戻る -





 






《Miu》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 『名探偵ピカチュウ』英語ボイスを71歳名優に―オンライン署名3万件以上集まる

    『名探偵ピカチュウ』英語ボイスを71歳名優に―オンライン署名3万件以上集まる

  2. 【E3 2015】なにかと話題の『メトロイドプライム ブラスト・ボール』はオモロイドだった!

    【E3 2015】なにかと話題の『メトロイドプライム ブラスト・ボール』はオモロイドだった!

  3. DSで名作アドベンチャー『Myst』タッチペンプレイ動画

    DSで名作アドベンチャー『Myst』タッチペンプレイ動画

  4. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  5. 『GOD EATER 2』生まれ変わった「銃形態」の詳細を紹介

  6. ニンテンドーDS版『Call of Duty: Black Ops』の詳細とスクリーンショットが公開

  7. 【攻略】『エアシップQ』難関「魔女の城」やクラフトアイテムを解説!

  8. 開発中止のPSP版『オブリビオン』映像がネット上に一時出現

  9. PSP Goのバッテリーは交換不可。その理由とは?

  10. 【特集】サンドボックスRPG『エアシップQ』にこめられた10の魅力!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top