これで発売日も安心!『Gears of War 2』新作マップとマルチプレイヤーモード詳細ガイド | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

これで発売日も安心!『Gears of War 2』新作マップとマルチプレイヤーモード詳細ガイド

家庭用ゲーム Xbox360


[size=x-small]いっそう充実した、今度の多彩なマルチプレイヤーモード (再生前には生年月日の入力が必要です)
[/size]



いよいよゲームの完成も公式にアナウンスされ、来月の発売日までカウントダウンの始まった[b]Gears of War 2[/b]。発売前から海外では、驚くような情報が公開されたキャンペーンモードに続き、今度は気になるマルチプレイヤーモードの新しいステージや[url=http://www.shacknews.com/screenshots.x?gallery=10882&game_id=5101#img127390]スクリーンショット[/url]も明らかに。

多くのサイトでは、そろそろ発売前最後のプレビューとして、ようやくそのすべてが明らかになった続編の新作マップや今回のゲームモードについて、もう一度詳しく紹介されています。



* * * * * * * * *








[size=x-small]新作マップその1、"Avalanche"[/size]






[b]・新しいルール[/b]

Submission


マップの中央に現れるNPCを打ちのめし、自陣側のサークルエリアまでMeatshield状態で運んでいくという、今回一番の特徴的なルール。いわゆるCapther the Flagの旗役はかなり強力な抵抗をしてくるので、最後まで一筋縄ではいかないユニークな展開に。



[size=x-small]新作マップその2、"Blood Drive"[/size]




Wingman


発売前のデモでも人気を呼んでいるという、2人タッグで組んだ最大5チームで競う新たなツーマンセルバトル。相手のメンバーを倒してポイントを獲得するには、近接攻撃かヘッドショットしかないExecutionルールで、息の合った2人のチームワークが問われることに。



[size=x-small]新作マップその3、"Hail"[/size]




Guardian


オリジナルで人気のなかったAssassinationも、今回新たにパワーアップ。ランダムで選ばれたリーダーが生存している間は味方のリスポーンが無限になるため、勝利には身を挺してでも仲間をかばうチームワークと、自分の位置が常に表示されるリーダー役には周囲の状況やマップの把握も重要。





[size=x-small]新作マップその4、"Jacinto"[/size]




King of the Hill


前作のPC版で追加されたFPSの定番ルールが、Gears of War 2で登場。Annexと似ていますが、目標となるリングの場所は固定で、拠点を確保している側はリスポーンなし。仲間との助け合いも必要なExecutionルールで、ちょうどキャンペーンモードのような切迫したシチュエーションが味わえる、拠点攻防バトル。ちなみに前回のAnnexや、定番のWarzoneやExecutionのデスマッチもそのまま継承。


[size=x-small]新作マップその5、"Day One"[/size]




Horde


今作の目玉の一つ、全50ステージに及ぶ懐かしくも新しいアーケードライクなオリジナルのCo-opチャレンジ。どんどん凶悪になっていく大量のローカストラッシュを、5人のオンライン仲間が協力して迎え撃つことに。Hordeモードでもすべてのマップがプレイ可能で、誰か一人でも生き残ればステージクリア。チームメイトと共に弾薬も復活しますが、特定の弾などはマップ上に置かれているので、味方から孤立しないようにアイテムの確保も重要。


[size=x-small]新作マップその6、"Pavilion"[/size]




[b]・新しい追加キャラクター[/b]


Dizzy Wallin (Act1クリア後)

Kantus (Act2クリア後)

Tai Kaliso (Act3クリア後)

Flame Grenadier (Act4クリア後)

Skorge (Act5クリア後)



[size=x-small]新作マップその7、"River"[/size]




[b]・新要素[/b]


パーティシステム


フルメンバー以下の人数でも、オンラインのフレンドとあらかじめパーティを組むことができるようになり、毎回のマルチプレイマッチから新しいHordeモードまで、常にチームを組んだまま続けられるように。


Whats's Upシステム


Xbox LIVEの機能がさらにゲーム側へ統合され、現在Gears of War 2をプレイしているフレンド全員をボタン一つでパーティへ誘うこともOK。


[size=x-small]新作マップその8、"Ruins"[/size]




強力なLIVEサポート


ゲームモードはそれぞれPublicとPrivateと呼ばれるようになり、パーティを組んだまま同じ腕のチームと試合ができるようになったマッチメイキング。プレイヤー名の後には、現在のランクも表示されるように。


実況カメラモード


現在の戦場を自動でフォーカスしてくれる新しい観戦カメラ。


[size=x-small]新作マップその9、"Security"[/size]



ゴーストカメラモード


前作同様の追跡モードの他、スペクテイター時には自由な移動も可能に。



スクリーンショット機能


こうしたカメラモード中はいつでも写真の撮影が可能で、内容によってスコア評価まで存在。お気に入りのスクリーンショットは、公式サイトへのアップロード機能も。


[size=x-small]新作マップその10、"Stasis"[/size]




先週のゲームショウでも国内向けのアナウンスは行われず、どうやら日本では本当にしばらく先になってしまいそうなGears of War 2。海外のMicrosoftでは先日、既に前作を上回る予約数を集め、世界中の2万を越すお店が深夜販売のキャンペーンに参加することも[url=http://gamerscoreblog.com/press/archive/2008/10/14/561859.aspx]明らかに[/url]。11月7日の一斉解禁日からはXbox LIVE上で、Epicの開発者たちも参加するゲームイベントが行われるそうです。

また、今回すべての種類が判明した製品版に収録される10個のマップに加えて、発売初日からの無料ダウンロード配信が発表された、前作の人気レベルからさらに5つ登場するFlachback Map Packの[url=http://www.xbox360fanboy.com/photos/gears-of-war-2-flashback-map-pack/1099686/]新旧画像も公開[/url]されています。

[size=x-small]さらに従来のステージも結構イメージチェンジ (左が前作のGridlock)[/size]



どのマップでも遊べ、ますますバリエーションの増えた多彩なモードが待っている今度のマルチプレイ。中にはその名の通り、即死の雪崩やら雹が降り注ぐギミックまで用意された新しいステージはもちろん、おなじみのマップにもまた新たな魅力が生まれることになりそうです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.shacknews.com/featuredarticle.x?id=1025]ShackNews: "Gears of War 2 Multiplayer: A Comprehensive Guide"[/url])[/size]

 
【関連記事】
解禁まであと1ヶ月!『Gears of War 2』キャンペーンモードの気になる10大秘密
新たなライバルが登場…『Gears of War 2』前作マップのDLクーポンが同梱に
いよいよ完成間近!『Gears of War 2』すべての実績リストが明らかに

『Gears of War 2』
海外イベント独占映像&最新マルチプレイ動画

Emergence Day再び!『Gears of War 2』ボックスアートに限定版の詳細も判明
『Gears of War 2』はこうなる…Cliffy Bが語るチェーンソー!マルチプレイ!


必要容量は128MB!『New Xbox Experience』一部機種にはメモリーユニット等を提供へ
気になるアバター作りに挑戦!『New Xbox Experience』 期待の実演動画デモ
TGS 08: 11月スタート!『New Xbox Experience』HDDvs.DVD起動時間対決!

TGS 08: 噂の新作は前日譚!『Halo 3: Recon』正式発表トレイラー
TGS 08: 『Banjo-Kazooie: Nuts & Bolts』最新映像&スクリーンショット!
TGS 08: まるでアニメ映画の一場面…『Prince of Persia』魅惑の最新トレイラー


『Gears of War 2』の関連記事をGame*Sparkで検索!


- トップに戻る -




(C) Microsoft Corporation. All rights reserved.




 






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

    『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  2. 国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

    国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

  3. 『ストリートファイターV』世界王者NuckleDu選手にヒーローインタビュー!

    『ストリートファイターV』世界王者NuckleDu選手にヒーローインタビュー!

  4. 『Crackdown 3』は2017年ホリデーに発売予定―Project Scorpioでの4K動作も

  5. リマスター版『クラッシュ・バンディクー』海外ゲームプレイ―アクアクも鮮やか!

  6. 『The Last of Us Part II』共同脚本にドラマ版「ウエストワールド」脚本家が参加

  7. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  8. 『FFXV』×「カップヌードル」の“コラCM”が公開!リヴァイアサンがスープの海から登場!?

  9. 『仁王』最新トレイラー公開―おどろおどろしい魑魅魍魎が続々登場!

  10. 「PSVR」12月17日より追加販売が実施

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top