英雄の帰還!ホリデー目前、10月の海外ハード&ソフトセールスランキング | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

英雄の帰還!ホリデー目前、10月の海外ハード&ソフトセールスランキング

PC Windows

同梱品がキャンセルになった上、代わりのDLCコード未封入まで発生し、北米では最近までお騒がせの続いた幻の限定版







  1. *Fable II (Xbox 360, Microsoft) - 79万0,000本
  2. Wii Fit (Wii, Nintendo) - 48万7,000本
  3. *Fallout 3 (Xbox 360, Bethesda) - 37万5,000本
  4. Mario Kart (Wii, Nintendo) - 29万0,000本
  5. Wii Play (Wii, Nintendo) - 28万2,000本
  6. *Saints Row 2 (Xbox 360, THQ) - 27万0,000本
  7. *SOCOM: Confrontation (PS3, Sony) - 23万1,000本
  8. *LittleBigPlanet (PS3, Sony) - 21万5,000本
  9. *NBA 2K9 (Xbox 360, Take 2) - 20万2,000本
10. *Dead Space (Xbox 360, EA) - 19万3,000本




話題のビッグタイトルが、とうとう次から次に[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?cat=21]発売を迎え[/url]、マーケット的にも今年最大の山場が到来した、海外のゲームシーン。本来はこれから、感謝祭明けの金曜日"[url=http://techon.nikkeibp.co.jp/article/WORD/20080116/145428/]Black Friday[/url]"にスタートする年に一度の国民的大売出しを前に、少しでも早く注目を集めるべく発売ラッシュの前半戦が始まった先月、NPDによる10月の全米セールスランキングは、7本の新作が登場するフレッシュなものになっています。



先月の人気ソフトでトップに立ったのは、ピーター・モリニュー氏の大作Fable II。もう20年前にもなる、ポピュラスを始め常に個性的な作品を手掛けるも、近年は大きなヒット作に恵まれなかったモリニュー氏久々に会心の一作は、既にワールドワイドで[url=http://www.videogamer.com/news/14-11-2008-9927.html
]150万本を突破[/url]しているそうで、期待通りのユニークな新作は高い評価と共に、セールス的にも今回は大方の予想を超える大成功。

そのFable IIをも凌ぐ評判で、新作ソフトにランクインしてきたのはBethesdaの話題作、Fallout 3。月末発売のため順位は3位になっていますが、世界では既に470万本という驚くような数が動いていると発表され、こちらも名実共に今年2008年を代表する大ヒットRPGになりそうです。

そして、北米では5月の発売から今も品薄の人気が続くWii Fitら、任天堂の御三家は発売以来ついに10月もまったく勢いが衰えないまま、期待のクリスマス商戦へ。また、PS3ならではのオリジナル作品として大きな評判を呼び、注目のLittleBigPlanetは今回8位に初登場。直前のリコール騒ぎで発売が1週間延期された影響もあり、人気のほどはまだまだ今後の展開に注目ですが、高性能ハードを活かした誰もが楽しめるゲームとして、これから長い間売れ続けていく定番に育って欲しいところです。



11. Guitar Hero: World Tour (Xbox 360, Activion)
12. Guitar Hero: World Tour (Wii, Activion)
13. Kirby Super Star Ultra (NDS, Nintendo)
14. Fallout 3 (PS3, Bethesda)
15. Dead Space (PS3, EA)
16. Rock Band 2 (PS3, MTV/EA)
17. NBA 2K9 (PS3, Take 2)
18. Far Cry 2 (Xbox 360, Ubisoft)
19. FIFA Soccer 09 (Xbox 360, EA)
20. Guitar Hero: World Tour (PS3, Activion)


10月は他にも、毎回巧みな話題作りで健闘を見せたTHQのSaints RowやSCEAのSOCOM新作、そしてかなりの怖さ(と残虐表現)が評判のEAによる新作ホラーDead Spaceがランクインした他、まだまだ気になる話題作の多い先月は、普段見られない11位以下も明らかに。

これによると、今年は本格的なドラムセットも加わってライバルとガチンコ勝負のGuitar Heroが、ようやく3機種で登場。こちらも先月の最終週に発売のため、勝負の結果はまだわかりませんが、大人気の音楽ゲームも全体的に昨年ほどの勢いはないみたい。

また、残念ながら20位以内に入れなかった宮本氏入魂の一作Wii Musicは、NOAのおなじみ[url=http://www.nintendowiifanboy.com/2008/11/14/wii-music-makes-slow-start-nintendo-hoping-it-has-legs/]キャミィさん[/url]によると、先月の販売本数は6万5〜6,000本ほど。現在も大ヒットを続けるWii Fitの時に比べると10分の1以下に留まり、今のところ特に海外ではどうも風向きがよくありませんが、今月は全米の各都市で実演を披露する[url=http://www.nintendowiifanboy.com/2008/11/14/your-shopping-accompanied-by-wii-music/]新しいプロモーション[/url]も行われ、こちらも長い目で育てていくようです。

ちなみに20位までのランキングを見てみると、海外では据置ハードの三機種がそれぞれ市場を分け合っていますが、携帯機向けは13位にDSの一本だけで、PS2はついに一本もなし。さらには、日本のサードパーティからのソフトも一本もランクインしていませんが、2008年も携帯機が年末商戦の話題を集めそうな日本とはちょっと対照的なほど、北米のソフト市場では今年、完全に次世代コンソール向けのゲームが主戦場になっているようです。


"Wii O' Lantern" (by [url=http://thefalselegend.deviantart.com/]TheFalseLegend[/url])





Wii - 80万3,000台 (+16.89%)
Nintendo DS - 49万1,000台 (-8.53%)
Xbox 360 - 37万1,000台 (+6.85%)
PlayStation Portable - 19万3,000台 (-18.94%)
PlayStation 3 - 19万0,000台 (-18.24%)
PlayStation 2 - 13万6,000台 (-21.61%)


最後は毎年、これから圧倒的な数の本体が一度に販売される書き入れ時直前となる、嵐の前の静けさハードウェアセールスランキング。順位は前回とまったく変わっていませんが、10月はトップのWiiがその勢いをさらに加速。人気ソフトの顔触れには変化がないものの、既にホリデー商戦並の勢いで2位以下を大きく引き離しており、アナリストらによるとこれは今も品薄の続く需要に、クリスマスへ向けて例の増産体制が本格的に整ってきた成果だということです。

他に先月は9月から、普及帯価格に突入する値下げの行われたXbox 360が、充実したラインナップと共に再び勢いが戻り、発売から丸3年で初代Xbox越えの累計2,500万台が[url=http://kotaku.com/5086505/microsoft-360-install-base-to-overtake-original-xbox-this-month]見えてきた[/url]模様。また、発売後は新しい[url=http://www.pspfanboy.com/2008/10/30/microscopic-look-at-psp-3000-reveals-reasons-behind-interlacing/]液晶画面の仕様[/url]が国内外で騒がれたPSP本体ですが、日本ほどではないものの以前のポジションをそのままキープ。いよいよ魅力的な専用タイトルが揃ってきたPS3の方も、まだ変化は見られませんが、大作ソフトも登場し3年目の商戦を迎える今月からは、大きな勝負どころになりそうです。

例年をいっそう上回る驚くような発売ラッシュが続く、北米のゲームマーケット。ソフトウェア全体の売上は昨年の同じ時期からさらに35%増、ハードウェアは5%の成長に留まったものの市場全体では13億1,000万ドル規模と、厳しい経済情勢にもかかわらず前年から18%増という高い伸びを示しました。

ただ、景気の良い大ヒットを連発する新作ソフトの発売とゲーム人口の拡大によって、右肩上がりの成長を続けてきた海外のゲームマーケットも、金融危機に端を発した急速な景気後退の流れを受け、先日は大手パブリッシャーが一斉に厳しい四半期決算を発表、従業員らのリストラやスタジオの閉鎖といったニュースも相次ぎ、俄かに暗雲の立ち込める年末商戦。

小売店レベルでも、大手家電チェーンの[url=http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20081111/318942/]Circuit Cityが破綻して[/url]多くの店舗を閉鎖するなど、ホリデーシーズンのセールにも何らかの影響が出ることは避けられない見通しですが、ゲーム業界のトップからは以前のような楽観論こそ聞かれなくなったものの、依然として[url=http://www.reuters.com/article/technologyNews/idUSTRE4AC70C20081114?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0]強気の見方を[/url]崩していないようです。
(ソース: [url=http://www.joystiq.com/2008/11/13/october-npd-wii-up-sony-down-fable-2-raking-in-the-gold/]Joystiq: "October NPD: Wii up, Sony down, Fable 2 raking in the gold"[/url], [url=http://www.gamasutra.com/php-bin/news_index.php?story=21117]Gamasutra[/url])

 
【関連記事】
Wiiの生産量は1.5倍増、いまだ品薄の人気に今年もクリスマスは足りないかも!
Oblivionも超える大ヒットに…『Fallout 3』 発売から一週間で、既に470万本を出荷中!
『Rock Band』を生んだHarmonixのクリエイターに、3億ドルのボーナスが支給

THQ、五つのゲーム開発スタジオを閉鎖、人員削減と複数プロジェクトの中止も
ドラムバトルも開戦?『Guitar Hero: World Tour』発売で、気になる互換性問題が再び…
原因はあのコーラン!?『LittleBigPlanet』海外向けの発売直前で回収、1週間の延期に


ハッピーハロウィーン!今年も豊作、アートなびっくりゲームカボチャ大集合
フォースの力が炸裂!NPD 9月の海外ハード&ソフトセールスランキング
20年目のタッチダウン!NPD 8月の海外ハード&ソフトセールスランキング


海外レビューハイスコア 『Fable II』
海外レビューハイスコア 『Fallout 3』
海外レビューハイスコア 『Saints Row 2』


海外レビューハイスコア 『LittleBigPlanet』
海外レビューハイスコア 『Dead Space』
海外レビューハイスコア 『Wii Music』


- トップに戻る -




(C) All trademarks, logos, and copyrights are property of their respective owners.



 






《Miu》

PC アクセスランキング

  1. 【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

    【特集】今こそ導入!『Fallout 4最新オススメMod』10選

  2. 週末セール情報ひとまとめ『Rust』『BF1』『タイタンフォール2』『ミラーズエッジ カタリスト』他

    週末セール情報ひとまとめ『Rust』『BF1』『タイタンフォール2』『ミラーズエッジ カタリスト』他

  3. Ubi30周年記念『アサシン クリード III』PC向け英語版無料配信開始!

    Ubi30周年記念『アサシン クリード III』PC向け英語版無料配信開始!

  4. 『スカイリム』が全く別のRPGに生まれ変わる超大型Mod『Enderal』プレイレポ

  5. 日本初出店!ALIENWARE旗艦店オープニングイベントレポート

  6. 美少女対戦格闘『ニトロプラス ブラスターズ』Steam版発売!アーケード最新V1.09準拠

  7. 『ウォッチドッグス2』オンライン協力/対戦を紹介する日本語解説トレイラー!

  8. 3Dメックアクション新作『Heavy Gear Assault』が近日早期アクセス実施!―最新トレイラーも披露

  9. 『Heroes of the Storm』を遊んで『オーバーウォッチ』ゲンジの鬼スキンが入手できる

  10. Ubisoft30周年記念PC向け無料配信ラストは『Assassin's Creed III』に決定!海外発表

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top