マップの規模は『GTA IV』級!『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』最新情報 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

マップの規模は『GTA IV』級!『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』最新情報

携帯ゲーム DS

Rockstarからは発売時期に関する話も出始め、いよいよ任天堂プラットフォームを強襲する準備が出来てきた、GTA DSことGrand Theft Auto: Chinatown Wars。スペインの雑誌に掲載されたという、最新のゲーム詳細情報をひとまとめでお伝えします。


* カメラ視点は360度回転する。

* 街には車や歩行者が行き交い、電車も走っている。

* 街を移動中はタッチスクリーンにGPSが表示される。

* PDAはより詳細なマップを表示したりミッションのゴールを知らせてくれる。

* GPS上には印を付けることができ、現在地点からの最短ルートを青や黄色の矢印でナビゲートしてくれる。

* 新たに発見した場所(ガソリンスタンドなど)はマップに追加される。

* タッチスクリーンではPDAやGPS、ラジオ、武器選択などのインターフェースが表示され、上画面で実際のアクションゲーム画面を表示。

* ドラッグはゲームの中で重要な要素。

* ドラッグのシステムはDrugwarsにも匹敵する。

* プレイヤーはドラッグの在庫を管理することができる。あるストリートでドラッグを購入して、別のストリートで売りさばくのは、お金を稼ぐ良い方法になる。

* ドラッグの需要や価格をマップ上で確認することができる。

* Chinatown Warsでもプレイヤーはタクシーに乗ることができる。DSのマイクに向かって口笛を吹こう!




上述した情報以外にも、Grand Theft Auto: Chinatown Warsには、DukesやBohan、Brokerといったお馴染みの地区が存在し、GTA IVに匹敵するサイズのマップが用意されることが分かっています。

危ないドラッグ売買の要素もフィーチャーした、Rockstarのアウトローな職人芸が期待できそうな本作は、2009年Q2に海外リリース予定となっています。[size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://www.nintendoeverything.com/?p=6393]Nintendo Everything[/url], via [url=http://kotaku.com/5089600/more-details-emerge-on-chinatown-wars]Kotaku[/url])[/size]

【関連記事】
『GTA IV』のDLCと『GTA: Chinatown Wars』のリリースは2009年前半を予定
論争を巻き起こすのは必至! 『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』のミニゲーム
詳細が初公開!『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』DS版はユニークな視点を採用
DS版GTAの『Grand Theft Auto: Chinatown Wars』は今冬に登場予定
ミッションは70以上?『GTA: Chinatown Wars』の詳細がちょっとだけ明らかに

Grand Theft Auto: Chinatown Warsの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C)2008 Rockstar Games, Inc. All rights reserved.

- トップに戻る -


 






《Rio Tani》

携帯ゲーム アクセスランキング

  1. 【特集】刺青の次はJKホラー!新作『CREEPING TERROR』に見た日活インディー魂

    【特集】刺青の次はJKホラー!新作『CREEPING TERROR』に見た日活インディー魂

  2. 日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

    日活の第2弾『クリーピング・テラー』が2017年1月18日配信決定―最新PVも公開!

  3. 日活が放つ3DSホラー『クリーピング・テラー』がリリース!不気味な屋敷から脱出せよ

    日活が放つ3DSホラー『クリーピング・テラー』がリリース!不気味な屋敷から脱出せよ

  4. PS Vitaでも「あと1ターン」が止められない恐怖!『シヴィライゼーション レボリューション2+』プレイレポ

  5. New3DS専用VCタイトルに『ライブ・ア・ライブ』など6作品配信開始

  6. DSが壁を突き破るフランスゲーム雑誌のシュールな写真アート

  7. スクエニが4年掛かりの海外ファンプロジェクトを差し止め → 一部から批判の声

  8. 【特集】『シャンティ』クリエイター対談 ─ ディレクターと日本人イラストレーターの出会い

  9. 「ゲームに登場するスゴい忠犬」独自発表 − 海外ゲーマー VS Game*Spark

  10. 『クロックタワー』後継作『Night Cry』のスクリーンショットが公開 ― 海外インタビューではPC版にも言及

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top