目指せ明日のWii Fit?『EA Sports Active』カジュアル路線に苦心のEA、次なる挑戦者現る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

目指せ明日のWii Fit?『EA Sports Active』カジュアル路線に苦心のEA、次なる挑戦者現る

家庭用ゲーム Wii





メタボ大国なアメリカでも、今年5月の上陸以来ずっと品薄の人気が続くWii Fit。従来型のスタイルにとらわれない任天堂が、ゲーム人口をさらに拡大する大ヒットを起こす一方で、現在も今ひとつその波に乗れないサードパーティの巨人Electronic Artsですが、満を持して先日噂のフィットネスゲームを正式発表。今度こそはうまくいくのやら、新しいトレイラー映像と共にそのゲーム内容が明らかになるにつれ、また今後の行方が様々な面で注目を集めているようです。




* * * * * * * * *











「EA Sports Activeとフィットネスへの参入は、EA Sportsにとってエキサイティングで画期的なマイルストーンです」


EA Sports部門のトップを務める、Peter Moore氏はプレスリリースでこう言います。


「EA Sportsでは、私たちのブランドを強化し続けると共に、ご家庭のフィットネス体験を、もっと西洋風のアプローチによるエクササイズによって新たに問い直す、絶好の機会を得ています」

「ジムの会員になる費用よりも手軽に、お家の単調なフィットネスマシーンとは違うバラエティに富んだエクササイズを、DVDのビデオでは得られないインタラクティブな体験としてお届けするEA Sports Activeは、これこそ真のフィットネス革命であり、私たちがリーダーになろうとしている世界なのです」


専用のバランスボードを使って、ストレッチやヨガなどバランス系のトレーニングが多かったWii Fitと比べ、こちらは大きな周辺機器の代わりに両腕で持つゴムバンド等を付属し、海外のフィットネス市場で期待される、ハードな有酸素運動を取り入れたというのがアピールポイントのEA Sports Active。

発表後に行われたMoore氏とのQ&Aセッションによると、なんでもアメリカでは比較的痩せた(ということになっている)子供たちの多くが、太りすぎと判定されてしまい不評らしい、[url=http://www.nintendo.co.jp/wii/rfnj/balance/index.html]BMIによる[/url]Wii Fitの健康管理から、より実用的なダイエットやトレーニングを目的とした、消費カロリーベースの計算ができるエクササイズやフィットネス、さらには栄養学を学べるブックレットまで付属し、30日間の本格的な減量プログラムなども行えるようになっているそうな。







すっかりEA Sportsのボスが板に付いて、なんとも自信満々の(元)[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=3065]刺青男[/url]Peter Moore氏ですが、しかし海外では昨年も、EA版のWiiスポーツ的なアプローチで鳴り物入りに登場しながら、さっぱり話題にならなかったEA Playground(プレイグラウンド〜公園であそぼう!〜)の記憶も新しい、近頃のElectronic Arts。


同社のCEOが、2007年にJohn Riccitiello氏になってから、発売される大作[url=http://www.gamespark.jp/modules/news/index.php?p=6021]ゲームの品質が[/url]以前より安定してきた一方、同時に取り組んできたWii相手のカジュアル路線では時代の波に乗れず苦戦中。今年は、映画監督のスピルバーグ監督と組んだ大々的なプロモーションと共に、非常に高い評価を受けたにもかかわらず、期待ほど揮わなかったBoom Blox([ブームブロックス)や、十八番のスポーツゲームでもWii向けは、コントローラはもちろんゲームモードも大幅に変更した[url=http://www.gamespot.com/pages/image_viewer/boxshot.php?pid=944957]かなり独自のブランディング[/url]まで行っていますが、どうも移り気なカジュアルゲーマーの心は掴めていないみたい。





とうとう今月入り、ライバルの元Activsion幹部Kathy Vrabeck氏を迎え入れて昨年[url=http://japan.gamespot.com/news/story/0,3800076565,20350462,00.htm]大々的に立ち上げた[/url]ばかりのカジュアルゲーム向けブランドを、2年も経たずにあっさり取りやめ(Kathy氏は退社)、カジュアルゲーム専門のスタジオやマーケティング部門を、
こちらは続編も発売されたばかりのMy Sims(ぼくとシムのまち)など、根強い人気のThe Simsレーベルへ統合することを明らかにするなど、現在もさらなる迷走が続くEAの新機軸。

今回は、既に別の周辺機器を使ったエクササイズのシリーズ化も計画されているそうで、新しいブランドロゴまで用意された第一弾は、来年2009年春の発売予定。以前より海外では何度かその存在が噂になっていたEA版Wii Fitですが、またしても二番煎じの感は否めず、今のところゲームファンから向けられる視線には、なかなか厳しいものがあるようです。
[size=x-small](ソース: [url=http://au.gamespot.com/news/6201028.html]GameSpot: "
Q&A: EA Sports Active-ating Wii
"[/url])[/size]

 
【関連記事】
Wiiの生産量は1.5倍増、いまだ品薄の人気に今年もクリスマスは足りないかも!
今度は男性モデルが挑戦…世にも恐ろしい『Wii Fit』プレイ動画あらわる
Wii Fitのライバル出現…?『Body Coaching』でダンベルトレーニング!

今度は動物! Electronic Artsが『SimAnimals』を発表
Wiiリモコンで街づくり!『SimCity Creator』シムシリーズ最新作が発表に
Wiiの中に夢の遊び場…EAのファミリー向け『EA Playground』先行プレビュー

あのおもちゃがWiiリモコンと合体!『NERF N-Strike』本物のFPSになった新作トレイラー
一億本!『The Sims』がシリーズ累計セールス100,000,000本を達成
シムシリーズのクリエイター ウィル・ライト氏新作『Spore』はWiiでも発売に

EA、C&Cの世界観を舞台にしたシューター『Tiberium』の開発を中止に
Amazonのレビューが全削除!?『Spore』の厳しいコピー制限に、発売元のEAが反論
新たなタトゥーも募集中…!?あのピーター・ムーア氏がEAへ電撃移籍


海外レビューハイスコア 『Wii Fit』
海外レビューハイスコア 『Boom Blox』
海外レビューハイスコア 『FIFA Soccer 09』
海外レビューハイスコア 『Dead Space』
海外レビューハイスコア 『Mirror's Edge』


(C) Electronic Arts Inc. Electronic Arts, EA, EA SPORTS and the EA SPORTS logo are trademarks or registered trademarks of Electronic Arts Inc.


 






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

    PS Plusの12月配信全コンテンツ情報が公開―1月配信の注目コンテンツも一部公開!

  2. 『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語最新トレイラー、目標は麻薬カルテルの壊滅

    『ゴーストリコン ワイルドランズ』日本語最新トレイラー、目標は麻薬カルテルの壊滅

  3. ヤギ銀行強盗!『Goat Simulator』DLC「PAYDAY」が国内Xbox One向け配信

    ヤギ銀行強盗!『Goat Simulator』DLC「PAYDAY」が国内Xbox One向け配信

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  6. PS4版『ARK: Survival Evolved』海外ローンチ映像!壮大サバイバルがPS4で開幕

  7. 『Halo 5』新アップデートでゲームブラウザ実装、PC版アリーナモードも追加

  8. 『オーバーウォッチ』クリスマスイベントは12月13日から?公式からホリデー記念の招待状

  9. 『Ghost Recon: Wildlands』ゲームの概要を示した海外新トレイラー公開!

  10. 『ストリートファイターV』世界王者NuckleDu選手にヒーローインタビュー!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top