海外レビューハイスコア 『Animal Crossing: City Folk』(街へいこうよ どうぶつの森) | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『Animal Crossing: City Folk』(街へいこうよ どうぶつの森)

家庭用ゲーム Wii







CheatCodeCentral: 8.8/10

Animal Crossing: City Folkは、たくさんの体験と探索が待っている、今最高にチャーミングで楽しませてくれるライフシミュレーションです。



NintnedoPower: 8.0/10

新しいプレイヤーも、戻ってきたファンも。子供やお年寄りも、カジュアルユーザーもハードコアゲーマーも。今度のどうぶつの森にはきっと、みんな取り付かれたように夢中になってしまうことでしょう。


GameMaster: 8.0/10

依然として、素晴らしいゲームです。ただDS版のファンには、アイディアの欠けた焼き直しとして期待外れに感じてしまうかもしれません。




GameMaster: 8.0/10

どちらかというと多少強化された移植であって、このゲームは続編ではありません。携帯機バージョンは優れた展開でした。しかし、もう一度Wiiに移植するのはどうでしょう。どうぶつの森をほとんど遊びつくして、もう一度最初からやり直したくない人には良し悪しですが、初めてのプレイヤーにとっては、心地よい暮らしを見つけられるはずです。



GameSpot: 7.5/10

DS版を持っているのなら、その見た目もゲームプレイもちょっとあまりにそっくりです。グラフィックは、キュートでカラフル。とはいえ、古くなりました。陽気な音楽も、2008年のWiiでは以前ほど印象的ではありません。その上、プレイ内容は大部分が変わっておらず、毎日いつも家のTVの前にいるわけでないのなら、DSの方がゲームにもっと向いています。どこを取ってもこれまでと同じように、新しいどうぶつの森は、プレイヤーに魅力的で楽しませてはくれます。もし、迂闊にもシリーズを未体験で、来年以降も毎日少しの時間を用意できるなら、どうぶつの森の世界に引っ越してみるといいでしょう。





IGN: 7.5/10

GameCubeやDSの続編を、文字通り何ヶ月もプレイした後でこれは、かなり期待外れでした。2週間近くを過ごしてはみたものの、DS版からの移植と改良以上の新しい試みが、今度のどうぶつの森にほとんど見られないことは、なんとも残念です。




GameDaily: 7.0/10

悲しいことに、ローカル協力プレイの選択肢はありません。絵の表現は古い世代に見えるし、WiiSpeakのマイクを使った楽しみは、私たちにそう多くありませんでした。シリーズの熱心なファンであるなら、今すぐこの街に引っ越したいと思うことでしょう。それ以外の人は、いきなり家を買ってしまう前に、まずは一度新しい村を訪れてみた方が良さそうです。




GamePro: 7.0/10

初めて引っ越してきたプレイヤーはきっと、新しいどうぶつの森で出来るたくさんのことを楽しむことでしょう。しかし、ここで長年暮らしてきたファンには、これからも住み続けたくなるような多くを見つけられそうにありません。




EuroGamer: 6.0/10

これは、今までで一番よく出来たどうぶつの森です。とはいえ、そこに従来の安易なリメイク以外の何かを見るのは困難なのです。


GameSpy: 5.0/10

結局のところ、新しいどうぶつの森は、これまでのGameCubeやNintendo DSで見てきたものと同じパターンに終始して、続編で重要なリスクを一切取ろうとはしませんでした。これまでの作品は大いに楽しめたのに、今度の最新バージョンは何も、意味のある新要素をデビューさせてはくれないのです。三度目の作品で、ニンテンドーからは何か新しいものを見てみたかったです。




* * * * * * * * *







[size=x-small]せめて新しい街にある要素が、もう少し新鮮で今回の目玉になるものだと良かったのですが……[/size]



ひとりより、ふたり……よにんより、たーくさん!それまでのゲームらしいゲームとは、一味も二味も違う、少しの時間に毎日遊ぶことで続く、おしまいのないスローライフ。Nintendo 64末期にデビューした当初は埋もれがちだったものの、携帯機で発売された前作はついに、500万本近い大ヒット。ワールドワイドでもおよそ1,000万本という大ブレイクを巻き起こし、世界中でゲームファンの裾野を広げる、現在の任天堂の先駆けにもなったどうぶつの森。

Wiiを舞台に帰ってきた話題の最新作、街へいこうよ どうぶつの森([b]Animal Crossing: City Folk[/b])が今週、海外でも発売を迎え、多くのサイトから率直なレビューが寄せられています。



[size=x-small]発売日には間に合わなかったものの、注目のWiiスピークは専用チャンネルも来月配信に[/size]



海外メディアからは、新しいユーザーなら何の問題もなし、シリーズ中一番の完成度とするコメントも多く聞かれるものの、これまでのプレイヤーにとっては新しい要素に乏しく、The Sims系統のライフシムとして既に土壌のあった海外でも、意外なほど[url=http://www.metacritic.com/games/platforms/cube/animalcrossing]最初から高い評価[/url]を受けたGC版やDS版に[url=http://www.metacritic.com/search/process?sb=0&tfs=all&ts=%22Animal+Crossing%22&ty=3&x=0&y=0]比べると[/url]、ただいまの評価は平均70点そこそこと、だいぶ厳しいものに。

そもそもこれ、海外では3作目(ゲームキューブのe+相当からデビュー)にして、代わり映えのなさが指摘されていますが、日本のユーザーからすると既に5代目になるどうぶつの森暮らし。口コミで熱心なファンを生み出すものの、初期の頃はなかなか芽が出なかった据え置き時代ならまだしも、DS版でとんでもない数の人に受け入れられた後の新作としては、どうにも初めての人向きというか、DSから引っ越してきても結局カタログぐらいしか引き継げなくてやり直しなので、何度もこの展開を遊んできた人にはさすがに覚悟が必要かも。




[size=x-small][url=http://kotaku.com/5088103/wii-speak-in-action]日本のに比べると[/url]、なんだかちょっぴりセレブな海外版テレビCM[/size]




思えばゲームの発表前には、[url=http://www.joystiq.com/2007/11/09/edge-animal-crossing-wii-is-a-social-networking-mmo/]今度はMMO?[/url]なーんて噂まであった、ユーザー待望のWii版どうぶつの森。DS版の普及率が圧倒的になだけに、普段の生活はこちらを活かして、Wiiでは徹底的にオンラインを強化するとか、Wii SpeakがあるならなおさらTVの前でみんなが同時に遊べるようになるとか、それこそ一度ちゃぶ台をひっくり返すぐらいの勢いで、任天堂の新ハードならではの驚きを期待していたのですが、むしろスティックを使わせてくれないポインター操作やちょっと違和感ありまくりなMiiといい、どうもあまり馴染んでいない部分もチラホラ。

今の時代とピッタリ合ったDS版のブームを引き継いで、新しくWiiの特徴を活かした看板タイトルにもなれそうなだけに、従来のファンにはちょっと期待が大き過ぎたのかもしれません。またしばらくは新作が出そうもないのが残念ですが、次こそはそろそろちょっと驚くような新展開もお願いしたいところです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/wii/animalcrossingcityfolk]Metacritic (Wii)[/url])[/size]


 
【関連記事】
今度は街!ボイスチャット!どうぶつの森『Animal Crossing: City Folk』発表
どうぶつの森のWi-Fiは?MotionPlusの将来…気になる任天堂ラウンドテーブルQ&A
Wiiの新作『どうぶつの森』はE3で発表か、海外誌に予告情報が掲載

どうぶつの森をプレイし続けた病気のお母さん(漫画)
今年も開催!『I am 8-Bit』展、魅惑のローファイゲームアート大集合
これがこの世でもっとも簡単なコスプレ!……コスプレ?

Wiiの生産量は1.5倍増、いまだ品薄の人気に今年もクリスマスは足りないかも!
ハイビジョンには…?「安心して待っててください」次世代機について宮本氏が海外TVに語る
ロングバージョンも登場!海外版任天堂カンファレンス、話題のWii用新作動画ピックアップ

海外レビューハイスコア 『Wii Music』
海外レビューハイスコア 『Wii Fit』
海外レビューハイスコア 『de Blob』(ブロブ:カラフルなきぼう)


- トップに戻る -



(C) 2008 Nintendo Co., Ltd. All rights reserved.




 






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 3部作収録!『Call of Duty: Black Ops Collection』が海外で突如リリース

    3部作収録!『Call of Duty: Black Ops Collection』が海外で突如リリース

  2. 『BF1』スーパープレイ映像―飛行機と戦車は合体可能だ!

    『BF1』スーパープレイ映像―飛行機と戦車は合体可能だ!

  3. 『ストリートファイターV』世界王者NuckleDu選手にヒーローインタビュー!

    『ストリートファイターV』世界王者NuckleDu選手にヒーローインタビュー!

  4. AmazonでXbox One本体の期間限定セールが実施中、『Halo:TMCC』もしくは『BF1』が同梱

  5. 国内PS4版『Fallout 4』が遂にMod対応!最新アップデート配信

  6. 『人喰いの大鷲トリコ』プレイレポ―無償の愛に心震え、涙が止まらない

  7. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  8. Runic Games新作ARPG『Hob』プレイ映像―ファンタジックな浮遊島を駆け抜ける24分

  9. 『人喰いの大鷲トリコ』発売!新TVCMや北欧陶芸家リサ・ラーソンのコラボも

  10. リマスター版『クラッシュ・バンディクー』海外ゲームプレイ―アクアクも鮮やか!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top