ハードコアゲーマーのためのWebメディア

海外レビューハイスコア 『The Last Remnant』(ラスト レムナント)

家庭用ゲーム Xbox360










GamePlayer: 8.0/10

ゲームプレイは新鮮で、病みつきになります。その戦略的な要素は戦闘にいつも、状況の判断と策略が求められ、またそこには、明らかに日本のRPG的でない感じがするのです。巧みで理に適った、面白くてやりがいのあるシステム。これが、ターンベースゲームの将来進むべき方向であることを期待したいです。


GameTrailers: 8.0/10

The Last Remnantは、良し悪しを判定し辛いゲームです。このゲームを楽しめるかどうかは、度々続くグラフィック的な問題を、どれだけ大目に見られるかにそのままかかってくることでしょう。そうした欠点を乗り越えられる人であれば、洗練されたゲームデザインの選択とその独特の戦闘システムの中に、数多くの面白さがあります。



Meristation: 7.5/10

Square Enixは、全世界に向けてこのRPGを立ち上げます。The Last Remnantには、ジャンルにとって新鮮なゲームプレイや、多くの優れたアイディアに面白いストーリー、そしていくつかの素晴らしい瞬間があります。しかしながら、ゲームは当初の期待にすべて応えてはくれず、魅力に欠けた場面もまた多く見られます。RPGとして極端にシンプルなゲームプレイの形や、技術的な問題はその代表的な欠点です。



CheatCodeCentral: 7.4/10

ストーリーは魅力的で、戦闘システムのとても遊べるThe Last Remnantは、素晴らしいRPGになるだけの素質は備えています。その上、大量のエクストラミッションやサイドクエスト、このゲームはどこまでも遊べるだけの要素は、確かに持っているのです。しかしながら、こうしたどんな素晴らしい面も、かなり目立つグラフィック的な問題点を無かったことにするのに十分ではありません。






TeamXbox: 6.8/10

複数パーティによる大規模な戦闘システムは、コアなRPGファンが求めるような戦略性のある新要素をゲームプレイに与えてはくれません。グラフィックは、ちょっとあまりにも技術的な問題が多く、音楽は素晴らしいですが、ムービーシーンの美しさも物足りず、戦闘中のシーンは優れたキャラクターデザインのおかげで成り立っているようです。






GameSpot: 6.5/10

最初にこの大きなグラフィック上の欠陥を目の当たりにしたら、そこでゲームを投げ出したくなるかもしれません。ですが、もしあなたがそれを許せるようになってくれば、こうした多くの問題点にもかかわらず、その巧みに作りこまれた世界に引き込まれてしまう楽しい冒険に出会えることでしょう。これだけ名高いRPGデベロッパーが、不名誉な技術上の失態によって、名作の可能性を秘めたゲームを埋もらせてしまうことは、なんとも残念でなりません。


3DJuegos: 6.5/10

本来見込みのあるThe Last Remnantは、残念なことにその致命的な技術上の不具合と不器用な戦闘システムで台無しにされています。酷いフレームレートと、長いロード時間に耐えられる人であれば、ゲームが持つ面白さを時折見出すことはできるのですが。


GamePro: 6.0/10

興味深くも、リスキーな実験作。Square Enixによる新たな大作RPGは、様々な要素のごった煮で、際立つような輝きを見せてはくれません。その野心的な物語は、プレイヤーを困惑させるような戦闘がひっきりなしに続き、同社がよく知られている大作RPGならではのゲーム体験を、The Last Remnantでもたらしてはくれないのです。




EuroGamer: 6.0/10

このゲームに時間をつぎ込む程、The Last Remnantの戦闘システムは面白いものになってくるだけに、もしこれが、純粋なストラテジー(シミュレーション)RPGだったらと考えてしまいます。そして結局のところ、それを楽しませてくれない多くの問題点が、ますます憎らしく思えてくるのです。




* * * * * * * * *






[size=x-small]ちなみに、北米ではまさかのM指定(日本で18禁にされたFable IIやFallout 3と同じ…)再生前に生年月日が必要です[/size]




元は同じ海外PC生まれのコンピュータRPGながら、90年代の断絶期を経て今や日本ならではのゲームジャンルとして、世界中に熱心なファンを獲得するまでになったおなじみの王道RPGスタイル。通称JRPGの本家本元が、日本とアメリカ、そしてヨーロッパの同日発売というかつてない意気込みで次世代機に挑んだ世界戦略タイトル、[b]The Last Remnant[/b](ラスト レムナント)。先週の発売から、ようやく出てきた海外メディアからのレビューは、その期待の高さに比べるとなかなか厳しいものになっているようです。


日本でも賛否両論のかなり人を選ぶゲームシステムながら、多くのサイトではそこにある面白さを認めつつも、全体の完成度がスクウェア・エニックスのゲームとして期待通りでないことに対する失望が何度も聞かれます。複雑でなかなか理解し難いシステムにもかかわらず、ここ最近の、特に大作級のゲームとしてはかなり不親切で、さらには今時そうそう見ない頻繁なスローダウン等、技術的な問題点がそのまま露になってしまう不安定な出来に、ちょっと戸惑いを隠せない海外のレビュワーからは、なんだか得体の知れない昔の"洋ゲー"に触って困惑する、日本のメディアみたいな拒絶感もチラホラ。







[size=x-small]実は英語でもズレてるらしいリップシンクや、やたら飛び交う独特なシステムやスキル名等は英語圏でも戸惑いがある模様…[/size]





ちなみに、海外ではその名も"[url=http://www.mobygames.com/game/gameboy/final-fantasy-legend/screenshots]Final Fantasy Legend[/url]"なんて名前で発売された、ゲームボーイ時代の3作(魔界塔士〜)を除くと、日本で一番おなじみの16-bit時代(ロマンシング〜)は海外で発売されていなかったりする、サガシリーズ(フロンティア〜以降と、リメイクは発売済)。

経験値のない成長システムや話題を呼んだフリーシナリオなど、コンソールで育った日本のRPGファンにとって毎回新鮮で意欲的な要素を取り入れてきた、旧スクウェアでも個性派のスタッフらによる本作ですが、海外からは従来のJRPGより西洋風で現代的になったシステムを喜ぶ声も聞かれるものの、厳しい評価を下したサイトでは、まず技術的な面以外にも基本的な部分の時代遅れや不親切さ(繰り返しが多くて長い戦闘シーンや、どこでもセーブとはいえ手動式で全滅したら全部やり直し等…)を問題視されることも多く、今やこういう部分で、日本のゲームの方が人を選んでしまっている面も少なからずあるようです。




[size=x-small]日本のファンが見ても毎回、ちょっと驚きの調査力と完成度を誇るGTTVの懐古特集[url=http://www.gametrailers.com/search.php?s=Retrospective]Retrospective[/url]の[url=http://www.gametrailers.com/game/4831.html]FF編[/url][/size]




ゲーム機世代の変わり目で迎えた困難なチャレンジも今年は既に2巡目に突入し、ただでさえ間口の広さと奥の深さを兼ね備えた、完成度の高い話題作が目白押しのホリデーシーズン。これからPS3版やWindows版の発売予定もあるとはいえ、残念ながらゲームの注目度自体、日本と比べてあまり高いとは言えず、目の肥えた世界のゲームファン相手には、なかなか厳しいデビューになってしまった世界戦略RPG、ラストレムナント。

表現力を増していくハードウェアの発展に合わせて、従来のRPGという形もさまざまに変化しつつある中、草創期の世界観やターンベースのゲームシステムにこだわり、一際ユニークな発展を遂げてきたJRPGの今後と共に、その代表格であるスクウェア・エニックスの世界に賭ける新しい挑戦は、これからひとつの大きな正念場にもなりそうです。
[size=x-small](ソース: [url=http://www.metacritic.com/games/platforms/xbox360/lastremnant]Metacritic (X360)[/url])[/size]


 
【関連記事】
ゲームも完成へ…『ラスト レムナント』最新トレイラーと気になるバトル解説動画
『スターオーシャン4』『ラストレムナント』の発売時期発表!
スクウェア・エニックスの新作RPG『The Last Remnant』が発表に

今度は次世代アクションゲーム!?スクウェア・エニックスが海外で新スタジオの人材を募集
人気RTS続編『Supreme Commander 2』制作発表!なんとスクエニがパブリッシャーに
海外業界誌がスクウェア・エニックスに聞く!『Crystal Tools』国産エンジンの秘密

天空トリロジー!?『ドラゴンクエスト』DS版で旧シリーズがついに海外デビュー
一生の想い出…今度はあの『クロノ・トリガー』を改造して、愛の告白イベント大作戦!
最も偉大なコンソール用ロールプレイングゲーム TOP15

もう一つの進化ここにあり。ファミコン版『ファイナルファンタジーVII』プレイ動画
マリオから宮崎アニメまで!海外オタクの必殺コスプレギャラリー15連発
『セフィロス』と『レノ』を名乗る15歳の殺人犯が逮捕される

海外レビューハイスコア 『Infinite Undiscovery』 (インフィニット アンディスカバリー)
海外レビューハイスコア 『Tales of Vesperia』 (テイルズ オブ ヴェスペリア)
海外レビューハイスコア 『Lost Odyssey』 (ロストオデッセイ)

海外レビューハイスコア 『Fable II』
海外レビューハイスコア 『Fallout 3』
海外レビューハイスコア 『Mass Effect』



- トップに戻る -




(C) 2008 Square Enix Co., Ltd. All rights reserved.




 






《Miu》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

    各ストアが『No Man's Sky』で異例の返金リクエスト対応か―海外ユーザー報告

  2. 極まるモンハン!『モンスターハンター フロンティアZ』発表―PS4版も11月22日に幕開け

    極まるモンハン!『モンスターハンター フロンティアZ』発表―PS4版も11月22日に幕開け

  3. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

    『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  4. 『バイオハザード7』の一部ディテールが海外レーティング審査機関に記載―ストーリーにも言及

  5. 【攻略特集】『オーバーウォッチ』全21ヒーロー解説まとめ!

  6. ツッコミ不在コメディーADV『Jazzpunk』のPS4版が9月海外配信!―新コンテンツも追加

  7. PS4『ウイイレ2017』VS『ウイイレ2016』グラフィック比較映像―両作の違いとは…

  8. 【E3 2016】PS4『Days Gone』プレビュー―絶望的オープンワールドサバイバル

  9. 『トゥモロー チルドレン』国内向けメイキング映像―京都にスタジオを置いた理由とは

  10. 【GC 2016】DCスーパーヒーロー達の熱い激突再び!『Injustice 2』ハンズオン体験レポ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top