ハードコアゲーマー”をターゲットに多彩なゲームニュースをお届けします。

オンライン対応は?ストーリーは?『Heavy Rain』海外プレビュー最新情報

December 03, 2008(Wed) 05:20 / by Rio Tani

今年のGames Conventionでもそのエモーショナルで写実的なゲームプレイ映像が大々的にお披露目され、個性的な存在感を示しているHeavy Rain。PS3ハードの専用タイトルとしても2009年以降は重要性が高まってきそうな本作は、[url=http://www.atari.com/indigo/]Indigo Prophecy[/url](ファーレンハイト)など過去にも同ジャンルのタイトルを手掛けているフランスのデベロッパー[url=http://www.quanticdream.com/]Quantic Dream[/url]が開発を担当する、サイコロジカルダークスリラー。

上の映画風ポスターをご覧のとおり、“The Origami Killer”(折り紙殺人鬼?)などというちょっと怪しげなサブタイトルも付いている本作ですが、今週、1UPに掲載された開発者インタビューからわかった新たな情報や、最新スクリーンショットをまとめてお送りします。

* * * * *



* Heavy Rainのストーリーは、超自然的な能力を持ったヒーローが世界を救ったり、悪党を倒したりするような子供っぽいテーマは用いられていない。普通の生活をしているごくありふれた人々の物語が、より繊細で複雑、かつ感情を引きつける新しいアプローチで語られる。

* プレイヤーの取った行動でストーリーが変化していくコンセプトはより深く掘り下げられている。ストーリー進行において、それは頻繁に、流動的に、効果的に発生する。

* ゲームはシングルプレイモードのみを用意。しかしオンラインの追加コンテンツ配信やトロフィー機能のサポートは予定している。

* 開発において最も大きな挑戦は、ゲーム中に登場する全てのマップやエリアのディティールをよりリアルで細密に描写すること。あらゆるオブジェクトやエレメンツがインタラクティブな状態で、プレイヤーに様々な可能性を提供できるように取り組んでいる。


* * * * *











オンラインやPlayStation Home対応のモードが用意されていないのは、残念がる声も一部であるようですが、シングルプレイのアドベンチャーとしても、同タイプの作品とは比較にならない程細部まで作り込まれているようなので、本篇のドラマをじっくりと堪能できそうです。

スーパーヒーローやギャングを題材にした物語よりも、現実味のある普通の人々の物語の方が感情的なんだ!というクリエイターの着眼点も納得できるものがあります。

Heavy Rainはリリース時期がまだはっきりと定まっていませんが、2009年中にはなんとかPS3オーナーの元に届いてくれることを願いたいですね。[size=x-small](ソース&イメージ: [url=http://www.1up.com/do/previewPage?pager.offset=0&cId=3171575&p=]1UP[/url])[/size]

【関連記事】
GC 08: 発売は2009年後半!『Heavy Rain』インゲームフッテージ
PS3専用タイトル『Heavy Rain』フォトリアルなスクリーンショット大量リーク
『Heavy Rain』目を見張るほどのハイクオリティスクリーンショット
PS3の本領発揮?!『Heavy Rain』のムービー
『グランツーリスモ5』は2009年クリスマスに海外で発売?スペインの新聞が報道

Heavy Rainの関連記事をGame*Sparkで検索!

(C) 2007 QUANTIC DREAM S.A., All Rights Reserved.

- トップに戻る -


 




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

no image