【PR】人気Web連載ゲイムマンの『レトロゲームが大好きだ』待望の単行本化! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【PR】人気Web連載ゲイムマンの『レトロゲームが大好きだ』待望の単行本化!

Game*Spark お知らせ



本日別の記事でご紹介した『RPG伝説』に続いて、スポンサーのマイクロマガジン社から人気の最新刊をご紹介。

仮面のゲームライターである「ゲイムマン」が、日本全国をさすらいながら名作ゲームの思い出を語る「ITmedia +D Games」の連載企画『[url=http://plusd.itmedia.co.jp/games/features/gameman/]ゲイムマンのレトロゲームが大好きだ[/url]』。2005年から3年以上に渡って人気を集め、現在も絶賛連載中のゲームレビュー旅行記が、マイクロマガジン社より待望の単行本化!

『スペースインベーダー』なら“名古屋撃ち”になぞらえて名古屋城へ。穴を掘るゲームの『ディグダグ』なら日本最深の地下駅へ。『ツインビー』ならとりあえずベルのたくさんあるテーマパークへ……。かなり強引なこじつけで各地に足を運ぶちょっと無理矢理な企画でも、ゲームの話題になるとその本質や歴史を読み解くマジメなレビューに一転。そんな一風変わった記事がゲームマニアの笑いを誘い、ひそかな共感を呼んでいます。

単行本化にあたり、Web連載の原稿を大幅に加筆修正、未公開写真も追加し、過去の記事をゲームの発売順に時系列で再編集、ゲーム歴史と進化をたどりながら、楽しく記事を読むことができるように。絶賛発売中の『レトロゲームが大好きだ 昭和編』と、その続編となる『レトロゲームが大好きだ 平成編』が2月25日に発売予定。

興味のある方は、まず[url=http://www.gameside.jp/retrog/]特設サイト[/url]で詳しい書籍の内容をチェックしてみましょう。今なら購入者に「ゲイムマン攻略マップ」が無料で配布されるキャンペーンも実施中!

* * * * * * *


■シリーズ第1弾【昭和編】

著者 :ゲイムマン
発売日:2008年12月25日(発売中)
価格 :1,200円+税
ISBN :978-4-89637-306-6

B6判
160ページ(カラー8P+モノクロ152P)
並製
価格1,200円+税

・地球侵略を狙い続けて30年「スペースインベーダー」(1978)
・元祖大食いファイター「パックマン」(1980)
・ヒルズに濃い地底「ディグダグ」(1982)
・ペンギン君がのんびり激走「けっきょく南極大冒険」(1983)
・裏技+ファンタジー「ドルアーガの塔」(1984)
・「ペーパーボーイ」で新聞少年が1面トップに載った理由(1984)
・「合い言葉はBee!」へ至る道のり「ツインビー」(1985)
・ぶっ飛んだ設定、ぶっ飛んだ猫「シティコネクション」(1985)
・東京ゲームショウ2008 レトロゲーム・アワード!
・列車を降りたら100画面分の広い島「チャレンジャー」(1985)
・「いっき」はもしかしたら、本当に"神ゲー"かもしれない(1985)
・ビジネスとエンターテインメントの両立「三國志」(1985)
・「スターソルジャー」映画ロケ地巡り(1986)
・「ワルキューレの冒険」は単なる不条理ゲームにあらず(1986)
・ついにバーチャルコンソールで発売!「ザナック」「アレスタ」(1986)
・優しさから感動へ、立川から全国へ「イース」「イースII」(1987)
・「テトリス」はもはや、レトロゲームとは呼べないかもしれない(1988)


■シリーズ第2弾【平成編】

著者 :ゲイムマン
発売日:2009年2月25日 予定
価格 :1,200円+税
ISBN :978-4-89637-310-3

B6判
160ページ(カラー8P+モノクロ152P)
並製
価格1,200円+税


・スターパネルをゲットだぜ!「クインティ」(1989)
・三国志演義のテーゼ「三國志?」(1989)
・2年目に衝撃の展開が!「スーパーモナコGP」(1990)
・長い長い「ストリートファイター?」の話(1991)
・「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」エクスプレス(1991)
・「ぷよぷよ」の思い出(1991)
・出世指南のシリアスゲーム「太閤立志伝」(1992)
・総合芸術としての「超兄貴」(1992)
・強烈キャラが大集合!「ファイターズ・ヒストリー」(1993)
・電脳世界に潜り込め!「パルスマン」(1994)
・ポリゴンに新しさを感じた頃「麻雀ステーション MAZIN」(1994)
・興業やるなら参考に「スーパーレッスルエンジェルス」(1994)
・ムームー星人の悲哀「ジャンピングフラッシュ!」(1995)
・シミュレートしないシミュレーション「スペクトラルフォース」(1997)

Copyright (c)2008 gameside All Rights Reserved.
《Rio Tani》

Game*Spark アクセスランキング

  1. 【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

    【プレイレポ】『ニーア オートマタ』伏線から漂う“違和感”とアクションの“爽快感”を堪能…なぜ「感情を持つことは禁じられている」のか

  2. 【げむすぱ放送部】『Blackwake』火曜夜生放送!-紅茶でも飲みながら気ままに海戦しようぜ!

    【げむすぱ放送部】『Blackwake』火曜夜生放送!-紅茶でも飲みながら気ままに海戦しようぜ!

  3. 任天堂から訴訟された「マリカー」から声明―「大変困惑している」

    任天堂から訴訟された「マリカー」から声明―「大変困惑している」

  4. 【今から遊ぶ不朽のRPG】第12回『Diablo』(1996)

  5. 小島監督が海外インタビューで『DEATH STRANDING』について語る

  6. 【特集】目指せダイア!『レインボーシックス シージ』初心者脱出ガイド

  7. 任天堂「ニンテンドースイッチ」の発売日やスペック、対応ソフトは?―現時点の情報まとめ

  8. 『オーバーウォッチ』24人目の新ヒーローは一体誰?―ディレクターがヒント

  9. 【年末企画】『海外で最も評価された国産ゲーム』TOP20 (2016年)

  10. 【特集】『個性的な人外キャラクター』10選―ケモノもアリ!?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top