ハードコアゲーマーのためのWebメディア

もしもゲーム機が化石として発掘されたら…。神秘的な海外彫刻アート

ゲーム文化 カルチャー



アーティストのChristopher Lockes氏は、遠い未来にもしも現代の道具が化石として発掘されたら……。というコンセプトで様々な彫刻品を制作。プレステやファミコンのコントローラ、ゲームボーイなどが、本当に発掘されたかのような状態で精巧にかたどられています。





これらの作品は、Lockes氏のウェブサイトで数十ドル〜100ドル程度で販売中。ゲーム機以外にも、iPodやハードディスクなど、現代的な品々が化石となって再現されています。

いつの日か、このようにゲーム機が化石となって発掘される日はやってくるのでしょうか……。なんだかとっても神秘的ですよね。(ソース&イメージ: Christopher Lockes Heartless Machine, via Kotaku)

【関連記事】
本日の一枚『あんまり携帯したくない、ミュータントゲームボーイアドバンス』
本日の一枚 『プレステコントローラ型のオリーブオイル石鹸』

本日の一枚 『やばいくらいにリアルなガイルのCGアート』
新たなアート? 押しピンで『スーパーマリオブラザーズ3』のゲーム画面を再現!
かわいいゲームキャラクター達を狂気と邪悪の姿で描くHandre De Jager氏の世界
これが流行の最先端? 奇抜な『パックマン』オートクチュール
本日の一枚 『リアルすぎるパックンフラワー』
本日の写実的アート 『リアルすぎるピカチュウ』
本日のもう一枚 『イヤ過ぎるギャングスタ風カービィ』
《Rio Tani》

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. もしも『オーバーウォッチ』のヒーローが犬だったら?―元Naughty Dogアーティストが描くワンダフルなファンアート

    もしも『オーバーウォッチ』のヒーローが犬だったら?―元Naughty Dogアーティストが描くワンダフルなファンアート

  2. 海外ゲーマーのお母さんが『オーバーウォッチ』キャラを当てずっぽうで解説

    海外ゲーマーのお母さんが『オーバーウォッチ』キャラを当てずっぽうで解説

  3. 不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

    不正なしで100万経験値獲得目指した『ポケモンGO』ユーザー、挑戦中にBANされる

  4. もしも『オーバーウォッチ』のヒーローが猫だったら?―ニャンとも可愛い海外ファンアート!

  5. 鬼かわいい『Borderlands』リリスのコスプレショット!

  6. 『LoL』世界規模大会IWCQで日本代表RPGが初戦白星!チームに迫る密着映像も

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 『オーバーウォッチ』女性キャラの休日を描いた海外ファンアート!―トレーサーから…あのキャラまで!?

  9. ストックホルム都市計画で『Cities: Skylines』採用、Mod開発者も参加へ

  10. 『Batman: Arkham Origins』のギネス記録コスプレ映像―ガジェット装備満載!

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top