『バイオハザード5』ロンドンで過激な宣伝イベントが開催。しかし…… | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『バイオハザード5』ロンドンで過激な宣伝イベントが開催。しかし……

家庭用ゲーム Xbox360


※モザイクかけたら余計に生々しくなってしまった…


Capcom EuropeはResident Evil 5(バイオハザード5)の発売を記念して、ロンドンで過激なイベントを開催しました。そのイベントの内容とは、ロンドン市内に隠された「切断された頭部や胴体、手足を探す」といったものだったそうです。当然のことながらそれらの部位はレプリカですが、情報元の写真を見ても分かるようにやたらとリアルなレプリカとなっています。


最も多くの部位(頭部2個、胴体1個、四肢6本)を探し出したITコンサルタントのSteve Longさんが優勝、見事アフリカ旅行をGET。という所でこのイベントは終了な訳ですが、ちょっとした問題が発生。その問題とは……。

残りの部位が行方不明

Steve Longさんが見つけ出した以外の残りの部位の所在が分からなくなってしまったそうです。この件についてCapcomのスポークスマンは以下のようにコメントしています。
残りの部位は最初に隠した場所から無くなっており、どこにいったのか全く分かりません。各々の部位は非常にリアルに作られており、それらが人々を驚かせてしまうのは非常に申し訳ない。
スポークスマンはもしそれらの部位を発見したらCapcomに返却するか、きちんとした方法で処分して欲しいと伝えています。また血糊として生のニワトリの肝臓が使用されているので注意してくださいとの事です。

あれだけリアルに作られたレプリカですから、知らずに発見した人はさぞかしビックリする事でしょう……。それにしても過激なイベントですね。日本だったら即中止に、というか開催すらできなさそう(汗)。

※集合場所のウェストミンスター橋にて


ちなみに血まみれの頭部や四肢を持って橋の上をうろつくSteve Longさんの不気味さに市民からの通報で警察も出動、あやうくイベント中止になりかけたそうです。そりゃああんなもんもってうろつかれたら怖いですよ!(笑)。
(ソース: Joystiq, Gamezine.co.uk, イメージ: Gamezine.co.uk)

【関連記事】
『Grand Theft Auto』『バイオハザード』フランチャイズが達成したギネス記録!
未実装トロフィーが出現…『バイオハザード5』追加DLCで5つの対戦モードが追加?
「バイオハザード5は人種差別的ではない。」専門家が人類学の観点で分析
『バイオハザード5』炭鉱ステージを紹介した海外テレビ番組の未公開映像

バイオハザード5の関連記事をGame*Sparkで検索!



《RIKUSYO》

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

    盗まれたニンテンドースイッチ本体が流出―米任天堂が明らかに

  2. カプコン、PS4オンラインRPG『deep down』商標を新たに申請

    カプコン、PS4オンラインRPG『deep down』商標を新たに申請

  3. 発売迫る『Horizon Zero Dawn』海外向け新映像4連発!

    発売迫る『Horizon Zero Dawn』海外向け新映像4連発!

  4. 『FINAL FANTASY VII REMAKE』の発売日、対応機種、ゲーム内容は?現時点の情報まとめ

  5. PC/PS4『ゴーストリコン ワイルドランズ』国内オープンベータ実施決定!2月24日より

  6. Bethesdaトッド・ハワード氏がニンテンドースイッチを高評価―「本当にスマート」

  7. PS4最新作『ニーア オートマタ』各種特典が発表―店舗別特典は5種類

  8. 『ウルトラストリートファイターII』一人称視点で必殺技を繰り出す「放て!波Do拳」モード公開、波動拳をその手で打ち出せ!

  9. 自動生成マップの美麗ドット絵ARPG『Songbringer』2017年夏リリース予定

  10. 『三國志13 with パワーアップキット』「プレイ武将診断」公開、あなたへのおすすめ武将は?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

page top